プチプラでも最強!ミュウのフィニッシングパウダー

  • 2017/8/22

女性にとって夏に気になるのは何よりも紫外線。そして逃れられないのが化粧崩れではないでしょうか?
カバー力のあるものを選びがちですが、その分肌には負担をかけてしまいます。
どうせなら肌に優しく、なおかつカバー力のあるものを選びたいですよね。
今回はプチぷらなのに、天然由来成分100%でお肌に優しく、カバー力抜群のミュウのフィニッシングパウダーを紹介します。

*ミュウ フィニッシングパウダー
汗、皮脂に強く、お肌に優しいミネラルパウダー。
肌に密着し、後からつけるファンデーションのノリ、仕上がりをUPさせてくれます。
さらに美容成分配合(アルガンオイル、アロエベラ、ユズ果実エキス等)。乾燥からもお肌をしっかり護ってくれます。

アルガンオイル:長時間崩れにくく、汗や皮脂に強い。乾燥から守まってくれる成分。
アロエベラ:ビタミンCも多く含むアロエベラ。
ニキビや吹き出物にも効果があり、余分な皮脂を抑えてくれたり、細菌の繁殖を抑える作用なども含まれている。http://suppleconcier.com/aloevera-823.html

ミネラルパウダーですので、ナチュラルに仕上げてくれます。デリケートな肌にも使えます。そしてシミ、クスミも自然にカバー。自然な陶器のようなつるつる肌に。

全成分:タルク、マイカ、スクワラン、シリカ、炭酸Ca、アロエベラ葉エキス、ヤシ油、アボガド油、加水分解コラーゲン、ブドウ種子油、アルガニアスピノサ核油、カニナバラ果実油、オリーブ果実油、マカデミア種子油、水、PCA-Na、オタネニンジン根エキス、マグワ根皮エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレエキス、ジパルミチンン酸アスコルビル、トコフェロール、月見草油、クランベリー種子油、酸化銀、フィチン酸、アルギニン、(+/-)ミリスチン酸Mg、酸化鉄

内容量:30g 価格:1.500円(税抜き)
http://www.micwelva.com/item/miu/m_fp.html

Cosmeでも高評価のミュウのパウダー。
石鹸で落とせるのも魅力ですよね。粒子が細かいので肌へのフィット感も最高です。
化粧直しに少し使うだけでも、夕方までしっかりカバーしてくれます。
私はもう一年以上このパウダーを使っていますが、価格も高くないですし、量もなかなか多いのでかなり重宝してます!コスパはとっても良いです。
色は3色ありますが、つけたときは少し白いかな?と感じても、しばらくすると不思議と肌の色になじんでくれますよ。

この季節の外出にも
そして本当に水に強いので、海に行くのも最適!
海に入ったら、汗やお水で完全にすっぴん状態に・・なんてことがほとんどかと思います。
ですがこのパウダーなら、普段よりも落ちづらくしてくれます。もちろん海に潜ってしまったら落ちてしまうかとは思いますが(笑)

ブラシでつけてあげる
付属のパフもフワッフワで気持ちいいのですが、おすすめはブラシでつけること。
パフは肌にも優しいですが、量が上手く調整できなかったりしますし、定期的に洗うか、取り替えないととっても肌に良くないのはご存知ですか?
ずっと同じものをつかっていると肌の汚れがどんどん付着し、それをまた肌につけるという悪循環が発生します。
それを防ぐのにもブラシがおすすめ。
蓋にパウダーを軽く出して、ブラシにまんべんなくなじませます。量を調節してつけられますので、つけすぎを防いでくれます。もちろん、ブラシも清潔に保つことが大事ですが、簡単に洗えるので安心です。また細部にまでしっかりとパウダーが付着するので、さらにつるつる肌の完成です。

いかがでしょうか?
BBクリームとこのパウダーだけで、十分カバーできますし、肌もサラサラです!
夏を思い切りエンジョイするためにも、ミュウのフィ二ッシングパウダーで化粧崩れを気にせず、肌をいたわってあげてはどうでしょう?

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. イエローコーデ
    春夏はビビッドカラーにもトライしたい!でもイエローって難しいのでは…と思われがちですよね。 イエロ…
  2. 栃木県壬生町にある「壬生町おもちゃ博物館」は町立のおもちゃの博物館です。名称のとおり、「おもちゃ」を…
  3. 世界的な歌姫、「ビヨンセ」が試して結果を出したと話題になっているという「マスタークレンズダイエット」…
  4. 運命
    みなさんは「運命の人」を信じますか? 私は運命論者でもなく、あまりそういったことに興味がなかっ…
  5. お腹の肉をつまむ女性
    2010年ごろより注目を集めだした「糖質制限ダイエット」。糖質制限ダイエットの方法は、1日の糖質量を…
  6. 朝に目覚めの一杯としてコーヒーを飲む人って多いですよね! そのコーヒーをダイエットできるコーヒーに…
  7. 絵本を読む母と子
    食事への配慮はするけれど、まだ文字も読めない赤ちゃんに“心にも栄養を”と言われても、いまいちピンとこ…
  8. デフォルトとは何か  2000年代に入ってから世界の金融システムが混乱し、様々な経済上の問題が発生…
  9. 神社の手水
    ―彼が、運命の人なのかな ―この人と、人生を分かち合いたい お付き合いする中で彼に運命を感じ…
  10. もう彼と同棲を始めて数年経ち、気がついたら自然に結婚の話しが出ていたという方もいらっしゃるでしょうか…

カテゴリー

ページ上部へ戻る