敏感肌の人必見!敏感肌の治療はまずは 自身の身体の中から!!

  • 2015/10/28

自分の肌をケアするために、ボディクリームを塗ったのに逆にお肌が荒れてしまう……健康な肌なら出ない異常も敏感肌の方には出てしまい症状です。
とても辛いですよね。
敏感肌の改善方法はまずは身体の中のお掃除が大切です。
自分の生活態度を見直してみるともしかしたら、今のお肌よりも強くなるかもしれません。

『まごわやさしい』が健康とお肌によい食事!!

私たちの身体は細胞で作られています。なので細胞が正常に働いていないとお肌の調子も悪くなってしまうのです。全身の細胞が正常に作られ、機能を維持させるためには、ビタミンやミネラルなど様々な栄養素をバランスよく摂取することが大事です。

 大豆、あずきなどの豆類のこと。タンパク質、マグネシウムの摂取が出来ます
 ゴマ、ナッツ、クルミ、アーモンドのこと。不飽和脂肪酸、ビタミンEの摂取!!
 わかめ、昆布、海苔など。ヨード、カルシウムの摂取が出来ます。
 野菜、根菜のこと。ベータカロチン、ビタミンCの摂取が出来ます。
 魚のこと。タンパク質、オメガ3脂肪、亜鉛の摂取が出来ます。
 しいたけ、しめじなどのきのこ類のこと。多糖類、食物繊維の摂取が出来ます
 じゃがいも、さつまいもなどのいも類のこと。食物繊維、炭水化物の摂取!!

食べ物の好き嫌いが多かったり、食事のバランスが偏ると、細胞も正常に働かなくなるので身体もお肌も免疫力が低下してアレルギー体質になりやすかったり、肌荒れ、風邪など様々な症状の原因に繋がります。

和食を中心にする

お肌に優しいとされているのはミネラルとビタミンを補えて、活性酸素を発生しにくい和食がおすすめです。白砂糖、揚げ物、油物、肉類、牛乳は控えましょう。
和食の朝食

食事はゆっくりよく噛んで食べる

お肌や身体の健康を保つために必要なのは老廃物の流れをよくすることです。なので食事を食べる時は消化をよくする為にも、よく噛んで食事を食べましょう。そうすることで、食べ物の消化も早くなり、便秘の解消に繋がります。

水分も一日2リットルは必要

人は自身でも気付かないうちに沢山の汗をかくので水分不足になりがちです。水分不足になると血流が悪くなるので老廃物の流れが悪くなり、身体とお肌の健康に悪影響です。

日常的に使う様々なものが肌を傷つける原因に

身体を洗う石鹸やシャンプー、衣類を洗う洗剤、台所洗剤などの殆どは石油系の洗浄剤が主成分のため、それらを使用し続けると肌を傷めてしまい、乾燥肌や敏感肌の引き金になってしまいます。なので、お肌のことを考えれば低刺激のものを選びましょう。

不規則な生活は美肌の大敵

有名ではありますが、人は寝ている間が一番成長ホルモンの分泌が促がされるのでその睡眠時間が不規則だったり、寝不足になってしまうのはやはりお肌に悪影響です。無理なダイエットや、偏った食事、運動不足なども身体やお肌の健康に害を及ぼすので少しずつでも正してゆくことが、敏感肌の改善の鍵になります。
ジョギング

お肌がなんらかの原因で荒れてしまったら皮膚科の受診をおすすめします。
自分で治そうと思って市販のものを塗って逆に悪化してしまうケースも少なくないです。
早めに皮膚科で治療してお肌の悩みを解決しましょう!!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 日本に一時帰国するたびに、日本の素晴らしさを再認識します。そしていつも感銘を受けるのは、サランラップ…
  2. フレンチネイル
    春はオシャレをしたくなる季節ですね! 桜の色や新緑の色など、街にも鮮やかな色が溢れかえる季節です。…
  3. 女性であれば一度はダイエットをしてみた人は少なくないと思います。今は様々なダイエット法がありますよね…
  4. 金運アップ
    古新聞、古雑誌は捨てる 仕事運は木の気を向上させることで上昇します。古新聞、古雑誌は見えないところ…
  5. サラート
    今回はムスリムのお祈り(サラート)と断食(ラマダン)についてお話したいと思います。 ムスリムの…
  6. 腹痛
    一か月に一度、女性が悩まさる生理痛は女性にとって憂鬱なものです。ですが、どんなに憂鬱でも女性にとって…
  7. 中国の中で、最も魅力的な都市のひとつ上海。日本からの直行便も増え、海外旅行としても気軽に行ける都市に…
  8. シリーズ4でワインについて調べましたが、他のお酒についても知っておこうと思い、調べてみました。 今…
  9. 連休は家でゆっくり過ごしたい
    旅行や帰省、行楽地へ出かける人たちで、ゴールデンウィークは各地で混雑しています。人混みが苦手な方や、…
  10. 6月の英語名JUNEとは、ローマ神話の主神ジュピターの妻ジュノーのこと。彼女は結婚の守護神であること…

カテゴリー

ページ上部へ戻る