ゴールデンウィークに行きたい、人気のアジアンビーチ

  • 2015/4/22

ゴールデンウィークは1年で最も旅行費用が高くなる時期のひとつです。そんな時、お手頃価格で気軽に行けるアジアは大人気スポット。日本から比較的近く、時差も少ないし、食事も日本人の口に合います。アジアンリゾートなら、日本語が通じる観光地も多く、安心です。それになんといっても美しいビーチ! そんな魅力たっぷりのアジアンビーチ、勝手にランキングしてみました。

Bluew wave

1.バリ島(インドネシア)
やっぱり根強い人気のバリ島。日本から飛行機で7時間、リピーターも多いアジアンリゾートです。ホテルやスパなどのレベルの高さとコストパフォーマンスが人気の理由。しかも4月から10月はバリ島の乾季にあたりますので、ゴールデンウィークの旅行にぴったり。ビーチに飽きたら、スパやショッピングも楽しめます。アジアンチックな素敵なインテリアが見つかるかも?バリ舞踊などの文化を楽しむのもアリです。

Phi-Phi island, Krabi Province, Thailand.

2.プーケット(タイ)
日本からプーケットまでの直行便ならたったの6時間半から7時間。世界中の旅行者に人気のリゾートで、タイを訪れる日本人の6割はリピータなのだとか。もちろんショッピングやタイ式マッサージも人気の理由の一つです。それになんといっても、安くておいしいタイ料理! ほほえみの国タイを一度訪れれば、また行きたくなることまちがいなしです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3.セブ島(フィリピン)
大小7000を超える島からなるフィリピンの中央に位置するセブ島は、穏やかな海が美しい人気のリゾートです。とにかく、近い!日本から直行便でたったの4時間で、そこはもうトロピカルアイランド! コバルトブルーの海に面した白い砂浜で、ゆっくりくつろいだ後は、マッサージやショッピングに出かけるのはどうでしょう。また、トレッキングやゴルフなども楽しめます。

シンガポールセントーサ島リゾート

4.セントーサ島(シンガポール)
ビーチでゆっくりするだけじゃなくて、アクティブに遊びたい、と言う人にはシンガポールのセントーサ島。2010年にはユニバーサル・スタジオ・シンガポールがオープン。数々のアトラクションの他、スパやカジノも充実しているエンターテイメント王国です。子ども連れでも退屈しないですね。

Langkawi waterfall, Malaysia

5.ランカウイ島(マレーシア)
息をのむようなエメラルド色の海と太古の森が楽しめる、ランカウイ島は数あるマレーシアのリゾートでも人気ナンバー1。日本からの直行便はなく、クアラルンプールかシンガポール経由となりますが、それでも行く価値ありです。

以上、ゴールデンウィークにおススメのアジアンビーチでした。最も混み合う時期ですから、早めに予約、準備しましょう。ビーチリゾートでゆっくりくつろいでリフレッシュしましょう!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. さて、ぜひ住まいの運をUPさせたい、という女性の方はいらっしゃいませんか?そういう女性の方を対象に、…
  2. 富山県
    3月14日、東京ー金沢まで直行できる北陸新幹線が開通。 これまで新幹線と特急を乗り継いで約4時間か…
  3. 太ももを計る
    女性ならだれでも、モデルさんのような素敵な体型になりたい!痩せ形でいたい!という願望はありますよね!…
  4. (著作者:Yoshikazu TAKADA) 冬から春に変わりつつある季節の変わり目には、衣替えと…
  5. シンク
    毎日、私たちの健康の源となる食事が作られる場所は一番衛生的でなければいけません。 ですが食材を…
  6. パワースポット
    女性から見た男性が描く、「恋愛運」をアップさせるパワースポットであなたの恋愛運も飛躍的に上がる!かも…
  7. 連休は家でゆっくり過ごしたい
    旅行や帰省、行楽地へ出かける人たちで、ゴールデンウィークは各地で混雑しています。人混みが苦手な方や、…
  8. 子供のかんしゃく
    晴れても雨でも嵐でも 育児は続くよどこまでも 子どものかんしゃくには、尾木ママになるべし<その1>…
  9. ウェディングドレスを着た女性
    20代、30代になると、結婚の話が出てくる人も多いかと思います。結婚式で重要なのはドレスやロケーショ…
  10. 子供の頃、家族で潮干狩りに行って、めちゃくちゃ楽しかった!という記憶がある方も多いはず。 お子さん…

カテゴリー

ページ上部へ戻る