ゴールデンウイークは国内旅行!ゆっくり温泉に浸かって癒されよう!

  • 2015/4/24
温泉

毎日、お疲れの皆さん、ゴールデンウィークに海外旅行に行くのもいいけど、日常の疲れを取るためにゆっくりしたいな~な~んて思ってませんか?そんなあなたには温泉旅行がぴったりです!ここでは、疲れも取れて、観光も楽しめる温泉をいくつかご紹介しちゃいます!ゴールデンウィークには、以下にご紹介する温泉に訪れて、ゆっくりのんびり過ごし、日頃のストレスを癒しちゃいましょう!

ゴールデンウィークにはぜひこの温泉に!
まず最初にオススメの温泉は、島根県の安来市にあるさぎの湯荘のさぎの湯温泉です!このさぎの湯荘のさぎのゆ温泉には、大浴場や露天風呂もありますが、何と言ってもカップルに嬉しいのは、貸し切りの露天風呂や貸し切りの内湯があることです。誰に邪魔されることなく、ゆっくりとのんびりと過ごすことができますよ!とてもきれいな施設で、お料理もとっても美味しいんですよ。それに、この温泉の近くには、有名な足立美術館もあるので、温泉を楽しむだけでなく、足立美術館に寄り道して、素敵な庭園や展示されている有名な絵画を観賞するのもオススメです!

次におすすめする温泉は、愛媛県の松山にある道後温泉です!日本で最古の歴史があり、名だたる文豪も訪れたことで有名なこの道後温泉。道後温泉にはいろんなホテルがたくさんあるのですが、ぜひ入ってほしいのが道後温泉本館です。歴史を感じさせるその建物は、とっても雰囲気があって魅力的です。神の湯は休憩所を利用することもでき、架しタオルや浴衣お茶お菓子がついてくるんです。玉の湯は、神の湯とは別の大広間の休憩所を利用することができるうえに、個室も利用できるんだ。カップルでゆっくりしたい方には個室を利用することをオススメします!道後温泉の周辺は、情緒のあるお店があり、人力車を楽しむこともできるんです。この人力車に乗った後は、記念写真も撮ってもらえるんだよ!あと、近くには、坊っちゃん列車に乗れる駅もあるので、温泉を楽しんだ後は、この坊っちゃん列車に乗って松山市内をぐるりと観光するのもいいよね。

道後温泉

最後にご紹介するのは、ハウステンボスのすぐそばにあるホテルオークラJRハウステンボスです!このパーク併設の素敵なホテルには、かけ流しの温泉が完備されています。ハウステンボスでは、ゴールデンウィーク中は花火など様々なイベントが催されているので、温泉も楽しめる上に、パークのすぐそばで、宿泊したら、早朝に園内をゆっくり散策することも出来ちゃうよ!ここは、温泉メインというより、テーマパークを楽しみながら、ついでに温泉も楽しんじゃおう!という子にうってつけのホテルなんだ。

ハウステンボス

まとめ
関東や東北、北海道の温泉もいいけど、ゴールデンウィークには、上記の中国地方や四国、九州の温泉も楽しんでみて下さいね。きっと癒されること間違いなしだよ!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 女子会 お店
    恋も仕事もソツなくこなす東京のオトナ女子が集まる場所には、質の高い料理と美味しいお酒が必要不可欠です…
  2. オリビアって大人のかわいさを持っていますよね!甘い雰囲気なのにクールでかっこいい。 それは彼女のワ…
  3. スマートフォンを操作する人たち
    LINEはすでに、友人やカップルの間では欠かすことのできないメッセージツールになりつつあります。LI…
  4. 朝に目覚めの一杯としてコーヒーを飲む人って多いですよね! そのコーヒーをダイエットできるコーヒーに…
  5. サングラスをかけている犬
    UVは「紫外線」 カットは「絶つ」 “UVカット”とは⇒紫外線を遮断し体に届かないようにするとい…
  6. 一人暮らしを始めたら自分でお金の管理をしなくてはいけませんよね。 でも、「家計簿なんかオバサン臭い…
  7. 弁当
    自分でお弁当を作って、職場や学校に持っていくという弁当女子も多いですね。自分のお気に入りの具材を詰め…
  8. ベビーマッサージ
    ベビーマッサージというものを聞いたことがありますか? 3歳くらいまでの赤ちゃんに行うマッサージで、…
  9. 脱毛
    レイビス仙台で脱毛をしてきました。レイビスの良さは20時まで入店できるので仕事の帰りでも安心して通え…
  10. San Francisco
    日本を離れて海外に住みたい女性が増えているという現実を皆さんはご存知でしょうか?「サンフランシスコの…

カテゴリー

ページ上部へ戻る