薄着の時期必見!!体型カバーのスタイリング法

  • 2016/7/4
体型カバー

ちいさい胸、ぽっこりお腹、くびれのない胴回り、垂れ広がったお尻、太い足…女性の悩みはつきないですよね。
頑張ってダイエットやエクササイズで手に入れたいものですが、急激な減量や筋トレはリバウンドやケガの原因にもなります。
でも、隠したい!よく見せたい!そう思うのは女性なら当たり前ですよね。
ここではコンプレックスをカバーして、魅力的な体型の見せるコツをお教えします。

例えば、小さい胸。
これは私の悩みでもあるのですが、
小さい胸を大きく見せるにはいろいろな方法があります。
世の中にはバストアップしながら今すぐ胸を大きく見せる便利なアイテムがいっぱいあるんですよ。

まずはヌーブラ!
小さい胸を大きく見せるパットはいろいろありますが、ブラなかだけ大きく見せても、ブラからはみ出るお肉や谷間がなければどうしても不自然な印象になってしまいます。
ヌーブラであれば、寄せてあげるので谷間はもちろん、盛り上がったお肉もしっかり作ることが可能です。
コツとしてはきちんとサイズに合ったブラ、もしくは1サイズ小さいブラをつけること。
ヌーブラと普通のブラジャーとの隙間を作らないことです。

そして、これでもまだ足りない…という方には、「肩硬骨ベルト」がおすすめです。
これには、ブラからはみ出たお肉をしっかり集めて見せる効果と、背筋をよくする効果があります。
これにより常に胸をはった状態の為、つんと上向きのバストをつくるだけでなく、背中がまっすぐになるので後ろ姿美人の効果も図れます。
これにより魅力的なバストを作ったうえで、つぎにお洋服の選び方です。

胸にコンプレックスがあると、やはり選びがちなのが胸の膨らみをごまかすようなゆとりのあるお洋服を着られる方が多いと思います。
それでは逆に、胸がないのをアピールしているように感じませんか?
お洋服選びのコツは、コンプレックスがあるとこを盛り、その付近をあえてスッキリと見せることです。
胸であれば、谷間がギリギリ見えないぐらいの胸元の空いたもので、バストトップにフリルやビジューなど、装飾でボリュームを出します。そして、体にフィットするラインでウエストの細さを強調します。

これだけで、びっくりするぐらい自然に胸が大きく見せることができますよ。
いや、でもお腹はぽっこり、くびれなんてありまへん…という方。
その方は高い位置にベルトを巻いてみてください。

下っ腹に自信のない方は裾広がりのトップスでカバーします。
これにより、バストに目線を集中させ、ウエストでキュッと引き締め、下っ腹は流してごまかす…という目の錯覚により、メリハリボディを作ることが可能になるのです。
お尻の気になる方はお尻の下のあたりまでゆるやかにカバーできるトップスを選び、あえて足は露出します。
お尻にボリュームを与えることにより、足はスッキリ、細く見せることができますよ。

太ももに自信のない方はお尻ではなく、太ももの一番太い部分までをギリギリカバーできるものをチョイス。
その時、太ももが下に向けて細くなっている部分は必ず露出してくださいね。
足全体が太い方は露出した足は黒のタイツでカバー。

足首が太い方はヒールを履いて、無理やりくびれを作りましょう。
このように、悩みに合わせてカバー+その周りを引き締めてみせることで、どんな悩みもクリアできちゃうんです。
お尻が大きい、足が太いからとゆとりのあるマキシ丈のワンピースばかり着ているアナタ(かつて私がそうだった)
それでは細いところまで、全部一番太いところのサイズに見えてしまいますよ。

この夏はぜひ自信をもって部分露出。
お悩みなしのメリハリボディを見せてくださいね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 神社
    どんな願いもかないます?! 日本の神さまとパワースポット 涙を流してすっきりとしたら、次は笑顔…
  2. 疲労
    最近、仕事や家事の疲れがたまって、休日には、リフレッシュのためにいろんなところにお出かけしたいのに、…
  3. 2015年の春夏の流行のキーワードはエフォートレスだそうです。 英語ではeffortless。 …
  4. 最近、話題の甘味料ですね。 シロップ・スイーツ・たれ・ヨーグルトなど、希少糖入り商品は続々と発売さ…
  5. リフレクソロジー
    仕事や子育てなどで、心身ともにすりへってきたな~と感じている方は多いと思います。 そんな時、旅…
  6. 脱毛
    私は、初回限定のSパーツ脱毛4回2000円のコースを申し込みました。 やはり、仮に他の箇所を正…
  7. 子供のかんしゃく
    晴れても雨でも嵐でも 育児は続くよどこまでも 子どものかんしゃくには、尾木ママになるべし<その1>…
  8. 京都・寺町通にある「プティ・タ・プティ」というお店。 建物は伝統的な京町家、でもウインドウを覗けば…
  9. 東京という町が経済都市であるならば、京都は日本の文化都市。年間5162万人(2013年)外国人観光客…
  10. UV対策
    「UVケア」と聞くと、お顔や肌の日焼け止めをイメージされるかもしれませんが、実は頭皮や髪の毛はお肌の…

カテゴリー

ページ上部へ戻る