海外セレブ美容御用達「ウィートグラス」と「アマランサス」

  • 2016/7/27
雑穀

今海外セレブに大人気の美容グルメ「ウィートグラス」と「アマランサス」って知っていますか?初めてきいた名前って人も多いと思います。
なんでも海外の人気セレブであるミランダカーが紹介したことで、人気に火がついたのですが、この2つのグルメは今とっても話題で美容効果が絶大という超実力派です。
効能をまとめてみましたので是非ごらんください。

いつもの自分磨きに+αすることでさらなる美容効果を狙っちゃいましょうね。

■ウィートグラスって実はこれのこと!
聞きなれない名前ですが、ウィートグラスは麦の種子から発芽した若い芽のことで、小麦若葉のことをいいます。小麦若葉は最近ではスムージーや青汁などにも含まれるようになりました。約70%が葉緑素であるクロロフィル構成されています。
デトックス効果がとても高いとされていて、細胞・免疫力の活性化・血液浄化・毒素排出・放射性物質の体内除去にも効果があるとされています。
赤血球を増やし酵素体内に送りやすくすることで脂肪の燃焼を高める効果も期待されています。
さらに、食物繊維が善玉菌を増やしコレステロールのコントロールも出来、体をアルカリ性に戻す作用まであります。
糖尿病にも効果的だとされていて、自然界では最良の薬と言われています。
ウィートグラスたった1杯でサラダボウル15杯分に相当すると言われていて、わずかな量で美肌に効果的と言われているので美容にはいいのはわかっているけど野菜が苦手な人でも毎日少量でいいので続けやすいのが嬉しいですね。味は少し草っぽい感じがするので牛乳などで割ると飲みやすいのでおすすめですよ。
ウィートグラスはなんと自宅でも栽培でき、わずか2週間で収穫可能です。
毎日続けるのであればお家で栽培したほうが安くお得に試すことが出来ます。
アメリカではウィートグラスをショットグラスで飲む習慣があり、スムージーにしたりして楽しむそうです。
自然のプロテインとされていて美容には必須である良質なたんぱく質を豊富に含んでいます。たんぱく質は髪や肌、爪、筋肉などに必要不可欠なので女性は積極的に摂取するようにしましょうね。

■プチプチ食感が癖になる!アマランサスって?
南米原産のハゲイトウの仲間、イネ科の植物とは異なり疑似雑穀に分類されます。
仙人の穀物と呼ばれ、たんぱく質は精白米の約2倍、カルシウムは30倍、脂質は5.6倍、鉄分は50倍ともいわれていて、いま大注目の高栄養価穀物です。必須アミノ酸であるリジン・メチオニンなどの保有量がすごいので貧血に悩んでいる人にはとてもおすすめ。肌荒れ、脱毛対策、食物アレルギーにも効果があります。他にも、亜鉛が豊富なのも女性にとっては嬉しいですよね。

亜鉛が不足すると肌や髪のトラブルがおきやすくなってしまいます。
プチプチとした食感が癖になるかも。NASAではその実力を認められて宇宙食として使われているそうです。

いかがでしたでしょうか?
美容効果絶大なんて聞いたら試さずにはいられませんよね。
毎日の食生活に取り入れてさらに女子力に磨きをかけちゃいましょう。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 東京のど真ん中を南北に流れる一級河川、隅田川にはユニークで美しい橋が数多く架けられています。 …
  2. 金運アップ
    古新聞、古雑誌は捨てる 仕事運は木の気を向上させることで上昇します。古新聞、古雑誌は見えないところ…
  3. 大人の人気も高い、世界一大きなネズミ「カピバラ」。そのかわいらしい姿に癒されますね。そんなカピバラに…
  4. 北海道の見所
    北海道は札幌雪祭りなどの影響からか冬のイメージが強いですが、実はゴールデンウィークでも見どころ満載な…
  5. これからの季節、どんどん肌の露出が増えてくる時期になりましたね!冬の間に育ってしまったムダ毛、ちゃん…
  6. 日焼け対策
    日焼け対策していますか? 日焼け対策は「正しい」日焼け止めの選び方がポイントなんですよ。 あなた…
  7. 乾杯する男女
    ・出会いが少ない、と嘆く前に 「恋人が欲しい」そう思っていても、中々、すぐには出来ないのが現実には…
  8. ゴールデンウィーク
    ウキウキ・わくわくするのが長期連休ですよね?特に社会人になるとなかなか長期でお休みなんてのは、少ない…
  9. オフィスで働いていると、黒・白・ベージュ・グレーなどのいわゆる無難な色合いの服装になりがち。確かに無…
  10. 朝目覚める女性
    明日こそは早起きしよう!と思って眠りについても、いざ翌朝になって目覚ましが鳴ると「あと5分・・・」と…

カテゴリー

ページ上部へ戻る