簡単でおいしいフランス家庭のサラダレシピ

  • 2016/7/15
サラダニソワーズ

これからの季節にピッタリ、ツナ缶を利用した簡単でおいしいフランスのサラダレシピ

だんだん温かくなってきましたね。みなさん今日は何食べようか?いつも悩みませんか?
そんな皆様に朗報!簡単でおいしいフランス家庭でよく食べるサラダ(前菜)を紹介します。
まずはこちら

●サラダニソワーズ
フランスのニース地方の定番サラダです。
2人分
サラダ お好みのレタス5~6枚 ベビーリーフなどもお勧め トマト1個 ツナ缶1個
ゆでたまご2個 ブラックオリーブ数個 アンチョビ数枚 ゆでたインゲン(お好みで)

綺麗に盛り付けして出来上がり。最後にビネガードレッシングをかけて。
フランスでは市販のドレッシングもありますが、ほとんどの家庭でドレッシングもつくります。空き瓶にサラダオイル、シードルビネガー、マスタード、塩、こしょうを入れて
振るだけ。これでおいしいビネガードレッシングの出来上がりです。
普通のお酢やワインビネガーレモン汁をつかってもOKです。

●クスクスのサラダ
クスクスとは?マグレブ地域(北アフリカなど)の重要な食べ物で、デュラム小麦粉からつくられた1mm程度の粒状のパスタ。日本だと大型スーパーや輸入食品がおいてあるお店で見つけることができます。

材料:2人分
クスクス200g 玉ねぎ1/4 トマト1/2 キュウリ半分 ツナ缶(またはスモークサーモンなどでもOK)パセリ(お好みでミントやパクチーをいれても)塩 胡椒 クミンパウダー レモン汁 オリーブオイル

クスクスは同量の沸騰したお湯を注いで蒸らすこと10分。この時オリーブオイルと塩を少し入れます。蒸らしてから時間がたちすぎると固くなるので10分経ったら、ほぐすようにかき混ぜます。すべての野菜を小さめのみじん切りにして、あら熱が取れたらクスクスに混ぜます。最後に塩、こしょう、クミンパウダーで味を調え、レモン汁少々、オリーブオイル、パセリをいれて出来上がり。よく冷やして食べるのがお勧めです。

●ライスサラダ
皆さんライスサラダって聞いたこと、食べたことありますか?
最初はえっ??ご飯のサラダ?と思ったんですけど、食べてみると意外とおいしい!
残った冷ごはんでささっと簡単サラダが作れます。
2人分
ご飯の残り お茶碗一杯 トマト1個 玉ねぎ半分 ツナ1缶 パセリのみじん切り
アボガドを入れても

残った冷ごはんはさっとお水で洗う。みじん切りにしたトマト、玉ねぎ、パセリとツナを混ぜるだけ。塩、こしょう、オリーブオイル、レモン汁で味を調える。

最後にフランスの定番の定番サラダ(ツナ缶なし)

●トマトとモッツアレラのサラダ 
2人分
トマト2個 モッツアレラ1個
うす切りにしたトマトとモッツアレラを重ねる。塩、こしょう、オリーブオイル、ビネガーを少々かけてバジルをのせる。(乾燥バジルでもOK)

フランスではこちらすべて前菜になりますがランチならワンプレートで頂けます。
簡単でおいしいレシピ。みなさん是非、試してみてくださいね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 草食系男子に肉食系女子……昨今は控えめで弱々しい男子と男まさりの女子という構図が話題になり定着しつつ…
  2. おススメお土産
    皆さんは、旅行に行った時に、どんな思い出を残しますか?デジカメやビデオで思い出を残したりしますがおみ…
  3. 雨の季節・・。 雨が降ると、気分までジメジメしてしまうのよね。 そんな時、雨でも元気にお出掛…
  4. 持ち家?賃貸?
    30代、40代の住まいは持ち家が多いのか、借り住まいが多いのか、そして持ち家がある場合は、なかなか人…
  5. 頭痛
    普段から、頭痛もちで、痛み止めのお薬が手放せない!という人いませんか? でも、なるべくなら頭痛…
  6. 新たな金融政策が必要になった  アベノミクスの政策の一環として、新たな金融政策が行なわれました。こ…
  7. 中禅寺湖
    残念ながら、2016年のゴールデンウィークはカレンダー通りに休むと、最大3連休しかありません。大きく…
  8. オシャレな人が着ている服ってどれもがステキに見えたりしませんか? オシャレな人の服=高価な服。 …
  9. (著作権:foto*co、画像元:http://freephotos.jugem.jp/?eid=4…
  10. 保湿・保水
    20代に比べて、30代になると肌は乾燥しがちになり肌のターンオーバーも遅くなっていきます。20代の頃…

カテゴリー

ページ上部へ戻る