自分で作るカレーパウダー

  • 2015/5/8

自分で作るカレーパウダー、必要最低限のスパイスは6つ

カレーライスはみんな大好きな味ですね。肉と野菜を煮て、カレールーを加えるだけなのでとても簡単にできます。でもカレールーのもとになりカレー粉は自分でスパイスを調合して、自分好みの味に作れるのはご存知でしょうか。一般的なカレー粉に必要なスパイスはたったの6種類。もちろん好みでほかのスパイスを加えることもできます。ここでは基本のカレー粉に必要なスパイス6種を紹介します。

1.チリパウダー
カレーの辛みを出すためのスパイスです。赤トウガラシを粉にしたもので入れれば入れるほど辛みが増します。

2.ターメリック
日本語で言うとウコンの仲間です。黄色い色が特徴的で、見た目は生姜のような形態をしています。粉状にしてカレーに加えますが、おもにカレーの黄色い色を出すために使われます。

3.カルダモン
ホールカルダモンもカルダモンパウダーもあります。カレー粉としてブレンドするならカルダモンパウダーのほうが扱いやすいですが、カレーを煮る時にホールカルダモンを入れるだけでも十分香りが立ちます。カレーのエレガントな香りを演出するために欠かせないスパイスです。ホールカルダモンを使用した場合は、食べる前に取り出すことをお勧めします。香りがかなり強烈なので、口に含んで咀嚼すると、なかなか匂いが消えません。

4.ガラムマサラ
インド料理によく使われるミックススパイスです。市販のカレールーにこれを加えるだけでも、いつもと違う、本格的なカレーが楽しめます。家庭に常備しておきたいスパイスのひとつです。これがあるとかなり容易に味が決まるので、最低限のスパイスでカレー粉を調合するなら、ぜひ加えましょう。

5.クミンシード
いかにもカレーという香りをつけるためのスパイスです。パウダーもありますがクミンシードそのものもよく使われます。

6.コリアンダーパウダー
ほんのりとした苦味がカレーの風味を演出し、味のバランスを整えてくれます。

以上が基本の6種のスパイスです。他にはジンジャーパウダー、ガーリックパウダーや、パプリカ、ローリエパウダーなどを加えることもできます。ジンジャーパウダー、ガーリックパウダー、ローリエパウダーはすりおろした生姜やにんにく、乾燥ローリエで、代用できます。パプリカを入れると少しビターな感じに仕上がります。グローブをほんの少し加えてもまた違った風味が生まれます。ただし、入れすぎに注意。市販のカレー粉はすでに完成されたものですが、自分で好みのカレー粉を作るのも楽しいです。それに材料さえそろっていれば、ブレンドするだけなので、とても簡単。一度試してみたら、きっとはまると思いますよ!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 家で映画を見るカップル
    雨を題材にした映画は数多あります。 忘れ難い余韻を残す、雨、の映画たち。 アクティブな毎日を…
  2. 金閣寺
    今年のシルバーウィーク、カップルで旅行を計画している人もいるのではないでしょうか?海外も人気ですが、…
  3. 美味しく健康的な食事を作るのに大切なことは新鮮な食材を使うことです。 今回は食材ごとに鮮度の見分け…
  4. ウェディングドレスを着た女性
    20代、30代になると、結婚の話が出てくる人も多いかと思います。結婚式で重要なのはドレスやロケーショ…
  5. 保湿・保水
    20代に比べて、30代になると肌は乾燥しがちになり肌のターンオーバーも遅くなっていきます。20代の頃…
  6. 夏野菜の美容効果
    夏は強い日差しを浴び、栄養満点、美容効果抜群の野菜がたくさんあります。 毎日の料理に上手に取り入れ…
  7. 頭痛
    普段から、頭痛もちで、痛み止めのお薬が手放せない!という人いませんか? でも、なるべくなら頭痛…
  8. 大流行中のプラセンタ。 みなさんはどのようなものを愛用されていますか? プラセンタと一口に言…
  9. 皆さん、いかがお過ごしでしょうか?寒かった冬があけ、春に突入した今日この頃。「やっと憎き乾燥ともおさ…
  10. 姑と同居ってどうなのかな? 抱えるストレスとか・・・。 育児に関しての口出しとかあるのかな? …

カテゴリー

ページ上部へ戻る