夏は「紫外線対策」冬は「保湿」 実はどちらも一年中必要!

  • 2015/4/28
日差し・若い女性

「紫外線対策」と「保湿」が密接に関係していることをご存じですか?春夏は紫外線にばかり気を取られがちですが、美肌キープのためには保湿も欠かせません。シミ・そばかす、乾燥肌をしっかり防ぎ、みずみずしい肌を目指しましょう!

夏の紫外線量は冬の3倍以上!
気象庁が公開している、最大紫外線量を示した「日最大UVインデックス(推定値)の年間推移グラフ」から見ると、7月、8月の紫外線量は12月から1月の3倍以上にも達しています(2016年の値)。「真夏はきちんと紫外線対策しているわ」と油断することなかれ。同データでは、5月の紫外線量も、7月、8月と同じく「強い」に分類され、「日中はできるだけ日陰を利用しよう」「長袖シャツ、日焼け止め、帽子を利用しよう」と推奨されています。油断することなく、春からしっかり対策をすることが肝心ですね。また、比較的少ないとはいえ、秋冬も確実に紫外線は降り注いでいます。季節を問わず紫外線対策を行い、シミ・そばかすの原因をきちんとブロックしましょう。

気象庁HP
http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_uvindex_month54.html

効果的な日焼け止めの使い方は?
・しっかりメイクの日は日焼け止めを塗らない
・長時間外にいる時だけ日焼け止めを使用している
・ノーメイクの時には家を出る前に日焼け止めを塗る

もっとも紫外線が強まる春から夏は紫外線対策をしている方が多いでしょう。でも、上記のような使い方では万全とはいえません。おすすめは、メイクの下地を兼ねた日焼け止め。意識しなくても、毎日の紫外線対策を習慣づけることができます。また、ノーメイクの時には日焼け止めをこまめにぬり直すことも大切です。紫外線ブロックに加えて美白効果もあるものを選べば、春夏の太陽に負けない、万全の紫外線対策に。

春から夏は保湿の勘違いに注意!
秋冬と比べると汗や皮脂の分泌が活発な春夏は、肌が潤っているような感覚に陥りがち。でも実は、エアコンによる空気の乾燥、あぶら取り紙の使いすぎ、紫外線やほこりなどの刺激といった、「インナードライ」を引き起こす要因がたくさんあるのです。肌の表面は潤っているように見えても、内側はカラカラに乾燥してしるのがインナードライの特徴。保湿美容液でしっかりケアして、内側から潤いがあふれるような肌を目指しましょう。

潤いのない肌には紫外線が入り込む!?
肌が本来持っている「バリア機能」。水分の蒸発や、紫外線を含む外からの刺激を防ぐ働きがあります。バリア機能は肌の潤いを保っているセラミドなどの角質細胞間脂質によるため、肌が乾燥した状態になるとバリア機能が弱り、外からの刺激を受けやすくなります。こうなると紫外線も肌の奥まで入り込んでしまい、シミ・そばかすができる原因に。紫外線の影響を有効に防ぐためにも、保湿は大切だというわけですね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. のとじま水族館は、石川県七尾市能登島の「のとじま臨海公園」にあります。石川県唯一の水族館で、能登半島…
  2. 一人暮らしや主婦の方が意外と悩むのが、料理の基本。 特に一人暮らしの方などは、今までは家族が料理し…
  3. いつの時代も男性にモテモテな清楚系女子。でも女子にありがちなのが清楚なのと暗いのを一緒にしてしまうこ…
  4. 塗るボトックスアルジルリンの6~10倍の効果があるといわれている、 美容先進国のスイスで生まれた「…
  5. 洋服選び
    女性が「初夏に着たい!」といえば、柄のものが先ず浮かびますよねー!! 今回はデザインやテキスタイル…
  6. 東京という町が経済都市であるならば、京都は日本の文化都市。年間5162万人(2013年)外国人観光客…
  7. 春は秋に続き、結婚式には人気のシーズンです。春は花も綺麗に咲く季節。せっかくだったら、結婚式を春らし…
  8. 朝起きて、今日も仕事だ~と気分がのらなかったり、友達や恋人、家族の問題であたまを悩ませていたり。社会…
  9. San Francisco
    日本を離れて海外に住みたい女性が増えているという現実を皆さんはご存知でしょうか?「サンフランシスコの…
  10. 職場にお弁当を持ってくる男性も多くなりましたので、女性がお弁当を作っていないだけで見下された経験はあ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る