流行りのメイクで今年の夏顔をキレイにつくろう!

  • 2016/8/1

お洋服やヘアスタイルに流行りがあるように、メイクも常に時代に合わせて動いています。
歳を重ねるとなかなか若いときのメイクのままだと浮いてしまうし、メイクってとっても重要!
今回は年齢、顔立ちにあったメイクで流行り顔も作れるコツをご紹介します。

-おさえるべきは”艶感”2016年の夏メイク-
このところ流行りだったマットなメイクも陰り出し、夏本番!艶感のあるメイクをジューシーに仕上げるのが、この夏のメイクのおさえるべきポイントです。
マットな口紅が流行った2014~2015年ですが、2016年はグロスブームが再発。

濃い色のグロスをリップラインより少し大きめにとり、その中を埋めるようにこってりグロスをのばしましょう。
ぽってりジューシーな唇は夏にはぴったりのメイクの1つです。
そして目元はあまり濃くせずに、薄めのアイシャドウを重ねづけしてグラデーションをつくります。

薄く重ねづけすることでふんわりした色気は残したまま、歳を重ねて重くなった目元もスッキリハリのあるメイクに仕上げることができるのが嬉しいですよね。
そして最後にラメやパールをシャドーを塗った上から少し大きめに重ねます。
そうすることで目元に艶がで、夏らしい+現在っぽい顔の完成です。

それにプラスして、グリーンやブルーの涼しいカラーを目尻に長めにひいても可愛いですよ。
そして一番肝心なベースづくり。
せっかく可愛いメイクににしても、汗でお化粧が崩れては残念ですよね。

今はファンデーションだけではなく、BBクリームやCCクリームといった使える優秀アイテムがいっぱいでています。
ファンデーションより重くならず、自然なベースメイクを作れるのがこのアイテムの特徴。

塗るときは顔全体ではなく、顔のラインを中心をメインに塗り、そこからフェイスラインに向けて薄く伸ばしていくのがポイントです。
そのあと気になる部分だけコンシーラーでカバーすれば、ナチュラルなのに隠したいところはしっかり隠せる嬉しい効果が。
また、ベースメイクの前の下地作りとして、必ず保湿はしっかりしましょう。

その際に一番大事なのはズバリなんといっても化粧水!
1回だけでなく、できれば3回くらい顔にパッティング、またはスプレーをして、手のひらでおさえつけて顔が冷たくなっていたらしっかり奥まで保湿されているサインです。
そのあとベタつかないタイプの乳液と日焼け止めでカバーしたあと、ベースメイクにうつりましょう。

しっかり保湿をしないと、ファンデーションやBBクリームの下から乾燥して、肌がよれたり崩れたり…なんてことも。
そのためにも保湿は絶必です。

ベースメイク+流行りメイクであなたにあった今年の夏顔を完成させてください

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 富山県
    3月14日、東京ー金沢まで直行できる北陸新幹線が開通。 これまで新幹線と特急を乗り継いで約4時間か…
  2. 春夏定番服
    春夏に大活躍のブランド、アイテムは色々ありますが、その中でもシンプルかつ気軽に日々のコーデのベースに…
  3. なんだか、自分はいつも同じパターンで失敗しているとか、どうして同じような恋愛しかできないんだろうって…
  4. 春の夜
    だんだん暖かくなってきて、いろんな物事が動き出す、そんな春の夜に。なんだかウキウキするようなこんな季…
  5. 近年、女の子同士で集まる会を女子会と言いますが、それの対象としてごく最近増えてきているワードが『男子…
  6. あじき路地の写真
    『あじき路地』をご存知でしょうか? 京都のメインストリートの一つ、四条通を東へ、鴨川を越え、大…
  7. 群馬県前橋市にある赤城クローネンベルクは、赤城山麓を背景にドイツの街並みを再現した体験型テーマパーク…
  8. 絵本を読む母と子
    食事への配慮はするけれど、まだ文字も読めない赤ちゃんに“心にも栄養を”と言われても、いまいちピンとこ…
  9. アロマオイル
    皆さん日常的にアロマオイルを焚いたりして、ストレス解消に役立ててないですか? じつは、そのアロマオ…
  10.  ガーニングはやってみたいけど、失敗して枯らしたくないですよね。難しそうに見えるガーデニングですが、…

カテゴリー

ページ上部へ戻る