一度は見てみてみたい!バッキンガム宮殿

  • 2017/6/1

バッキンガム宮殿を訪れるには季節を絞ることでより楽しめるようになります。バッギンガム宮殿はエリザベス女王が執務をおこなう場所でもあり、普段は内部までの一般効果は行われておらず、宮殿内の庭園などを見て散策を楽しむことがメインになっています。

最近ではエリザベス女王が夏の2か月間をスコットランドで休養する期間は公式広間が一般開放されるようになりました。
キューガーデンズを含め、夏のロンドンは一般公開が増えるのでロンドンに行くなら夏を狙ってみるのもお勧めです。

バッキンガム宮殿名物の近衛兵の交代も、冬は隔日でしか見れないことが多いのですが、夏はほぼ観光客の為にもあり毎日見ることができます。

<宮殿に入りたい場合はチケットの予約を>

内部公開に合わせてロンドンを目指すならば1週間前に予約をしておくことがお勧めになります。
旅行会社などのロンドンツアープランには夏期間のみ、この応急観覧コースなどもあることも。
旅行会社のHPに乗っていることなどもあるので、出発前にチケットが欲しい旨を伝えておくことで内部に入れるチャンスがぐっと近づきます。

<宮殿内部は撮影NG>

一眼レフのデジカメなどは宮殿内に入るときにビニール袋などに入れるように指定されます。最近ではスマートフォンの音けしなどで無断撮影もありま
すが、禁止行為はNGです。

【クイーンズギャラリーでロイヤルコレクションを見学】

クイーンズギャラリーには王国ゆかりのドレスなどもかざられており、歴史を見ることはできます。展示品はこまめなサイクルで変わるのでいつ行っても楽しめるのも嬉しいポイントです。
中には学生時代に教科書で見た絵などもあり、実物を見て驚く人も少なくありません。

また、クイーンズギャラリーやロイヤルミューではお土産も豊富です。可愛いクラウンハットの飾りや王侯貴族の使用したバスグッズの販売、アクセサリーなども豊富なので買い物目的に来る観光客も多いほどです。

夏季公開中は屋台などのカフェも多くあり、英国式カプチーノやサンドウィッチを食べながら夏の庭園を眺めるのもお勧めです。

夏のロンドンは夜9時でも明るいことが多く、バッキンガム宮殿やキューガーデンズ、ハイドパークなどをゆっくりと回ってホテルに着いたのは深夜ということも珍しくはありません。
日が長いことで時間を忘れてしまうこともおおいので、終電などのチェックはしっかりとしておきましょう。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 何だか知らないうちに、あわただしく過ぎ行く毎日。あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、と目の前の仕事、…
  2. 結婚の
    結婚適齢期を迎え、そろそろ結婚して子供がほしいな~なんて思っても相手がいないとそういうわけにもいきま…
  3. 「餃子」といえば、レトルト食品のパックを買ってくるもの。あるいは、ラーメンと一緒に注文するもの。中華…
  4. 様々な人間関係や仕事のことで悩んでいる貴女。毎日お疲れ様です。なかなか癒しを感じる機会もなくなってき…
  5. 柄物コーデ
    春夏は「柄物」が着たくなりますよね!!普段シックに決めている人も花柄やチェック、水玉、幾何学模様…な…
  6. 女子会 お店
    恋も仕事もソツなくこなす東京のオトナ女子が集まる場所には、質の高い料理と美味しいお酒が必要不可欠です…
  7. ファッションには季節のトレンドを取り入れているのに、メイクはいつもと変わらない・・・そんなことはあり…
  8. お腹の肉
    ■生大根ダイエットってなに? 「生大根ダイエット」とは、ズバリ「生の大根を食べるだけ」というダイエ…
  9. 大好きな人との結婚。結婚式の準備に新居の相談、何もかもが楽しい時期ですよね。特に結婚式は自分が主役に…
  10. 職場にお弁当を持ってくる男性も多くなりましたので、女性がお弁当を作っていないだけで見下された経験はあ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る