洋服別ネックレス・チョーカーの選び方と使い分け!

  • 2016/11/28

ネックレスはしますか?
胸元が大きく開いた服などはどうしても首元が寂しくなりがちです。
私はネックレスを作るのが趣味なのですが、自分の服に合うネックレスは何か悩んだりしたことはありませんか?

そこで今回は洋服の形、色によって使い分けられるネックレスやチョーカーの選び方をお教えします。これを頭に入れておけばネックレスを付ける時迷わず選ぶことができますよ!

■Vネックのトップス
Vネックは首元が広くなり、デコルテがとても綺麗に見せることができます。
ですのでその広さを遮断するようなチョーカーなどはあまりに合いません。
気持ち長めのチェーンに小さいアクセントのネックレストップが付いていると自然にデコルテや首元に目が行き、自然で美しい首元を演出できますよ!

■丸首のトップス
丸首のトップスはデコルテがあまり見えません。ですので首元が見える範囲で個性を出せるチョーカーがオススメです。
少し太めのチョーカーを選べば少し寂しいトップスも一気に様変わりしますよ!
また、丸首のトップスには長いネックレスも合います。細いチェーンを選ぶのではなく、太めでネックレストップも大きなものが付いていると丸首よりもネックレストップに目が行き、個性的なコーディネートに見えます。

■タートルネックやタートルニット
タートルネックは首元が見えないのでアクセサリーを付けても意味がありませんが、ボリュームのあるタートルネックだと首がちらりと見える事があります。隠れオシャレとして細めの短いチェーンに小ぶりの宝石が付いていると、少し見えた時に上品で美しい印象を作ることができます。
また、タートルネックの上から長めのチェーンのネックレスも上品です。チェーンだけではなく、リボンを長めにして大きなネックレストップをつけるだけでポップなファッションになります!

■色にも気を付けて!
トップスの色が無地だったらできるだけ個性的なネックレスは控えましょう。
無地の服を生かせるような細身のチェーンで小さなトップのネックレスがおすすめです。
ポップなトレーナーやブラウスには黒いリボンのチョーカーがおすすめです!
ネックレストップがゴールドで大きな物だとより首元が協調され、個性的な人にみえますよ!
アジアンテイストな服装など、民族系のファッションなら、カチッとしたネックレスではなく、ゆらゆら揺れて個性が出せる長めの布地などを使ったネックレスがおすすめです。
民族系のファッションショップなどに一緒に置いてあることがありますので一緒に見てみるのもオススメです。

ネックレスは自分で気に入ったものを付けるのが一番ですが、その形や長さで印象がかなり変わってきます。せっかくオシャレな服を着ているのにネックレス一つでファッションが残念になってしまうことも・・。上記の事を頭に入れておくだけで、洋服を買った時に同時に一緒に選ぶことが出来てとても楽ですよ!
ぜひ日ごろのファッションを気にして取り入れてみてください。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 化粧水をあれこれ試すも、「なんだかピリピリする・・・」「なかなか潤わない・・・」「皮膚になじみにくい…
  2. フランスコスメ
    今回はフランス在住主婦が、日本でも購入できるフランスのお勧め基礎化粧品を紹介します。 フランス…
  3. お腹の肉をつまむ女性
    2010年ごろより注目を集めだした「糖質制限ダイエット」。糖質制限ダイエットの方法は、1日の糖質量を…
  4. これからの季節、どんどん肌の露出が増えてくる時期になりましたね!冬の間に育ってしまったムダ毛、ちゃん…
  5. オシャレな人が着ている服ってどれもがステキに見えたりしませんか? オシャレな人の服=高価な服。 …
  6. 女性にとって憧れのウェディングドレス。どれを着ようかと選ぶときはまさに楽しくて仕方ないものです。ただ…
  7. UV対策
    「UVケア」と聞くと、お顔や肌の日焼け止めをイメージされるかもしれませんが、実は頭皮や髪の毛はお肌の…
  8. スマートフォンを操作する人たち
    LINEはすでに、友人やカップルの間では欠かすことのできないメッセージツールになりつつあります。LI…
  9. 入浴剤
    太古の時代からゆたかな「水」に恵まれている日本。 清潔好きで知られる日本人にとって、毎日お風呂…
  10. 結婚式
    皆さんもご存知かと思いますが、男性が付き合いたい「理想の彼女」と結婚したくなる「理想の彼女」では全然…

カテゴリー

ページ上部へ戻る