春夏はキーカラーを作って楽しもう!ホワイトコーデ5選

  • 2016/4/7

春夏はやっぱり「白!」が着たいですよね!ふんわりフレアのワンピースにすっきりパンツ、ガーリーなバッグ…等々、素敵で欲しいアイテムがたくさんのホワイトカラー。
夏だから!と普段は白を着ない人も買いたくなっちゃいますよね。
今回は持っていて絶対損しない白の定番アイテムをご紹介します♪爽やかにスタイリングを楽しみましょう!

・LACOSTE (ラコステ)の白ポロ

ラコステのポロは定番ですよね!
私も相当なラコステファンでして!!毎シーズン買っちゃいます!生産数が少ない商品は取り寄せて頂いたり…♪
ラコステの商品は海外規格のものと日本規格のサイズのものがあるので、スタッフの方にお聞きしたり実際にショップで試着して決めるといいですよ~!
白ポロは絶対持っておきたい1点です!
スニーカーもおすすめで、私の大好きなラコステの白のスニーカーは履きつぶしては買いかえて現在3足目に突入!同じものをずっと履いています♪

・radà (ラダ)のクリアビジューパールロングネックレス

ラダはロングネックレスもかわいいです!定番のパールネックレスのホック部分に大ぶりクリアビジューのモチーフ。
小ぶりの丸いビジューに加え、昨年からのトレンドとして細長いシャープな形のビジューも使われています!
ピアスなども可愛いので是非GETしてください♪

・JEANPAULKNOTT (ジャンポールノット)の白シャツワンピ

ジャンのシャツワンピは定番です!シルエットがふんわりキレイで、シンプル&ナチュラルテイスト、シーズンレスでも活躍するものが多いです。
ジャンは平面で見るよりも実際に着て立体で見てみましょう!すると、その良さが分かります!
素材の使い方や着方が独特で、シルクの表裏をわざと逆転させて使用したり、ジャケットのボタン部分をクルッとねじって留めたり…シンプルですがオリジナリティの溢れる彼のデザインには注目です!

・STEPHAN SCHNEIDER (ステファン シュナイダー)のSSコート

グレーホワイトの春コート裏地、ライナーの柄がカワイイ!ステファン シュナイダーらしい柄ですね~!しかも袖のリブがネイビーでクール!
カッコいいデザインや女性らしいシルエットが素敵なブランドです。
私はSSのワンピを持っていますが、カッコいい&可愛いが並存していてお気に入りアイテムの一つです!皆さんも是非色々着てみてくださいね!

・VANS (バンズ)のクラシックライン定番スリッポン

バンズは皆履いている人気スニーカーの一つ。ラフなスタイリングには必須!定番スリッポンはリゾートにも活躍しますよ♪
夏は白を持っていたい!!履きやすさにも定評があり、お値段もお手頃なのでSSに1足買うなら白を買ってみてくださいね~!

皆さん、この春夏は白をキーカラーにスタイリングを楽しんでみませんか?
爽やかでクールにこのシーズン限りのコーデをして気分UP!!白は顔うつりも良いので、コントラストをつけてキーカラーを上手く活かすことができるといいですよね♪

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 最近、話題の甘味料ですね。 シロップ・スイーツ・たれ・ヨーグルトなど、希少糖入り商品は続々と発売さ…
  2. 「あっ、新作のカタログが届いた」とルンルン気分でポストへ足を向けてみると、やっぱり私の予想通り…なじ…
  3. 和食
    いろいろネットやメディアでグルメ情報が飛び交っている中、食べ物に関する関心が人々の間で増えているのも…
  4. オシャレな人が着ている服ってどれもがステキに見えたりしませんか? オシャレな人の服=高価な服。 …
  5. コンドミニアム
    ‘マレーシア’というと皆さんは何が浮かびますか? 私にとってマレーシアは、正直‘未開な国’とい…
  6. お茶でコミニュケーション
    ☆価値観のお話☆ 人と自分を比べて大きく違うことのひとつに、価値観というものがありますね。 どう…
  7. ハンドバッグ
    バッグって、実は一番その人のセンスが光るアイテムですよね!ウェアがおしゃれなのに、それにマッチしない…
  8. 世界的な歌姫、「ビヨンセ」が試して結果を出したと話題になっているという「マスタークレンズダイエット」…
  9. 結婚式
    皆さんもご存知かと思いますが、男性が付き合いたい「理想の彼女」と結婚したくなる「理想の彼女」では全然…
  10. 猫の何気ない仕草や表情の一つ一つに猫の気持ちが詰まっています。それを理解してあげることが猫との関係を…

カテゴリー

ページ上部へ戻る