時差ぼけの直し方

  • 2017/2/8

海外に行った際に一番困るお土産が「時差ボケ」になります。これは滞在日数が長いほど顕著になってしまうものですが、時差ボケを早目に直すにはいくつかの方法があります。

<飛行機に乗る前の準備>
意外なことですが時差ボケ自体を緩和する方法として、渡航前にサングラスを着用しておくことがあります。これは光を防ぐことで体内を活発にさせないことになります。
また、搭乗中はアルコールなどを控えることも大事になります。
細かな対策はたくさんありますが、最も取り入れやすいのはサングラスと飲酒しないになるので、出国の際にはサングラスを持っていくことがお勧めになります。

<帰国する際にしたいこと>
帰国してからは眠いと感じても短時間の睡眠が大事になります。2~3時間寝る程度にしておくことで体のバランスがなおりやすくなるといわれており、到着1日目は夜にしっかりと睡眠をとることがだいじになります。
この際、太陽光をたくさん浴びることもおススメであり帰国してからは少し外を歩いたりして軽い日光浴をするのもいいでしょう。

<38度前後のお湯につかる>
帰国後2~3日は忙しくとも湯船につかるようにし、体温調節をしておくことが大事になります。特に寒い季節にヨーロッパなどに行った際には気圧なども大きく変わってくるので筋肉が固まりやすくなってしまいます。
また、血管の主宿なども大きくなってくるので緩和策としてぬるめのお湯に20分ほどつかることで、体全体の血管を正常な太さにすることができるようになります。
忙しい期間にはなりますが、入浴を取り入れて時差ぼけと疲れを一緒に緩和させていくことが可能になります。できるだけ筋肉をほぐすことが大事です。

<アルコールは控える>
帰国後1週間前後はアルコールの過度の摂取は控えるほうがいいでしょう。血管が収縮している状態でのアルコールは分解されにくく、時差ボケを悪化させてしまいます。これは機内でのアルコールを控えるにも繋がりますが、帰国後は少しアルコールを控えるほうがいいといえます。
また、寝る前などに白湯などをマグカップいっぱい飲むことで老廃物を排出させやすくなります。これは時差ボケで引き起こされる血行不良なども大きく緩和することにもつながります。
睡眠導入などの効果もあるで、体内のリセットもかねて白湯を飲むんで置くこともおススメです。

<帰国後は積極的に太陽光を浴びる>
帰国後は空港内を含めて積極的に太陽光を浴びることで時差ボケが緩和しやすくなります。これは、体内時計はもちろんですが、目が日光を完治することで昼と夜の教会のずれを修正しようと脳が働くからです。時差ボケがなおりにくいと感じる人は散歩なども一緒に取り入れることで軽い疲労なども得ることができ、睡眠態勢を作りやすくなります。

<早寝早起きを>
ヨーロッパなどの旅行の際には1日短くなることもあり、時差ボケをしやすい旅行区域ともいえます。
早寝早起きをすることで、1日も時間をのばすことで時間の調節が効くようになるので1週間はできるだけ早寝早起きを心掛けるようにしましょう。

時差ボケには薬などがありません。自分で何とかすることになるのでちょっとしたことを取り入れるだけでも大きな変化になってきます。
特に、イギリスを含むヨーロッパなどの渡航の場合は帰国の際に1日短くなってしまうのでこの修正などの為に事前のサングラス、帰国後のリセットのしかたを考えておくだけでも時差ボケの治りが早くなります。

眠れないからといって睡眠薬などは使用せずにできるだけ肉体を疲労させていくことなどで対応していくことがおすすめです。
渡航中も機内では睡眠薬などは控えたほうが時差ボケになりにくくなります。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 夏野菜の美容効果
    夏は強い日差しを浴び、栄養満点、美容効果抜群の野菜がたくさんあります。 毎日の料理に上手に取り入れ…
  2. 背の高いあなたにオススメのファッション
    近頃の女子は平均身長が伸びて、スタイルもよくなったと言われますが、まだまだ167cmオーバーの女性は…
  3. 近年、女の子同士で集まる会を女子会と言いますが、それの対象としてごく最近増えてきているワードが『男子…
  4. 女性であれば一度はダイエットをしてみた人は少なくないと思います。今は様々なダイエット法がありますよね…
  5. 様々な人間関係や仕事のことで悩んでいる貴女。毎日お疲れ様です。なかなか癒しを感じる機会もなくなってき…
  6. 疲労
    最近、仕事や家事の疲れがたまって、休日には、リフレッシュのためにいろんなところにお出かけしたいのに、…
  7. 最近、話題の甘味料ですね。 シロップ・スイーツ・たれ・ヨーグルトなど、希少糖入り商品は続々と発売さ…
  8. ヴィクトリアは大人の女性に最も参考になるONスタイルを提案していると思います。シルエットやアイテム、…
  9. ワンシーズンかぎりで履きつぶす、遊び心まんさいの流行の靴は素敵です。  けれど、おとなの女性なら、…
  10. 野菜と果物
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…

カテゴリー

ページ上部へ戻る