乾燥の激しい旅行にも重宝する 美容保湿アイテム

  • 2017/3/6

日本国内で生活していると、お肌や髪の毛などの問題は乾燥はもちろんの事、湿気までも大敵なシーンが多々ありますが、ヨーロッパの場合は湿気がほとんどなく、そのお陰で洗濯物は2 時間程で完全に乾いてしまったり、夏カラッとして快適!などの良い点も多くあります。しかし、その乾燥度合いは想像以上で、日本にいればあまり水分を取らないという人も滞在中常にやたらと喉が渇く、肌も髪もパサパサ、これは水のせい?という事も多々あり、やはり女性にとっては大敵な、侮れないものなのです。そんな乾燥大国、ヨーロッパでお肌や髪に潤いを与えてくれるおすすめの美容アイテムをご紹介します。

「香りにうっとり!全身に使えるオイル・NUXE プロディジーオイル」
フランス原産のこのオイルはノーマルと金粉入りの2種類があり、近年日本でも売られているのですが、現地のファーマシーショップでは日本の約半分の金額で購入する事ができます。使ってみると分かるのですが、大変香りがよく、髪にも顔にもボディにも使えるといった優れもので、全身によく馴染む使い心地とその香りのゴージャスさでリピート買いする人も多くいます。お風呂上りに濡れた肌と髪に馴染ませて使うのがとても効果的です。


http://www.nuxe.co.jp/fs/nuxe/075-4572325U

「スイス発祥、日本でも大人気のWELEDAオイル」
近年こちらも日本で大変な人気を持つWELEDAは各種オイルの他、シャワージェルや石鹸、歯磨き粉に至るまでスキンケア全般の商品が展開されており、bioコスメとして身体にも優しい事、香りや使い心地など様々な観点から日本のみならず現地でも大変人気があります。スイスだけではなくヨーロッパ全土に広がる「dm」や「Rossmann」などのドラッグストアに置かれ、こちらも日本の約半分から1/3程の金額で売られています。各種オイルですが、こっくりとしたテクスチャーで濃厚な良い香りを持ち、その成分で使用場所や効能が変わり、セルフマッサージの際使用しても、ただの乾燥防止ににはとどまらず、日や気分によって今日はこれ!と楽しめます。セルライト除去には白樺、バストアップにはざくろ、筋肉疲労にはアルニカ…とそれぞれあるので虜になってしまったら最後、全て集めたくなります。

「WELEDAもうひとつの優れもの!白樺のピーリングボディウォッシュ」
オイルが特に有名なWELEDAですが、他にも大変な優れものがあります。それは白樺(whitebirch)のピーリングボディウォッシュ。シャワータイムに掌に適量取り、全身をくるくるとマッサージして洗い流す、という使用法のものですが、柑橘系のなんとも言えない爽やかな香りが病みつきになるだけでなく、ピーリング効果でお肌がツルツルに、ものすごく滑らかになります。こちらはピーリングなので毎日使用する物ではないのですが、旅行滞在中時々使うと、ひどい乾燥の時でもお肌がしっとり気持ち良くなります。こちらも先に挙げたドラッグストアで簡単に手に入れる事ができます。


https://goo.gl/T42GwC

「フランス原産・bioスキンケア Melvitaのローズウォーターとアルガンオイル」
こちらも近年日本で売り出されているMelvita(メルヴィータ)」、純度の高いアルガンオイルは香りもなく、髪やお肌をしっかりと乾燥から守ってくれます。NUXEやWELEDAのオイルの様な濃厚な香りが苦手な方にはとてもおすすめのものです。洗顔した後、濡れている顔にそのままオイルを適量馴染ませる事で、ひどい乾燥から守られます。ローズウォーターはラベンダーウォーターと共にスプレー式で使いやすい形で売られていますが、こちらもオイルの前に顔やボディに吹きかけたりする事で水分の補給が良い香りと共に賄えます。

「そしてやっぱりNIVEAの青缶」
スキンケアをきちんとしていても硬水とひどい乾燥からお肌がガサガサしてしまう事も多々あるヨーロッパ滞在、サラッとした乳液では保湿が賄えず…といった事態にも容易になり得ます。そんな時には言わずと知れたNIVEAの青缶、こっくりとしたテクスチャーのこのクリームをオイルケアした後閉じ込める様に掌全体に伸ばして体温で温めてから塗り込めば、やっと安心して眠りにつけます。このNIVEAの青缶に蜂蜜を適量混ぜこむ、という方法もおすすめです。こちらもドラッグストアで一番サイズの小さいものだと100円以下から売られており、そのお値段の割にとても高い効果が得られます。

水、気候、食生活、そして乾燥度合い全てが日本とは異なるヨーロッパでは全季節を通してケアの方法も必要なものも変わり、ダイレクトに見た目にも身体の内部にも影響します。体内に水分を取り込む事も絶対的な必須事項ですがそれと共にケアの方法を変えることも必須となります。現地女性にも大人気の5品、ヨーロッパ滞在では是非お試しください。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 手ぬぐい
    一枚持つと、普通のハンカチでは物足りなくなる「手ぬぐい」。 使うほどに手触りも吸水量もよくなるし、…
  2. ウォーキング
    これからの季節、気になるのはお腹のお肉!夏に海やプールを楽しむためにも無駄なお肉を落としておきたいも…
  3. 背の高いあなたにオススメのファッション
    近頃の女子は平均身長が伸びて、スタイルもよくなったと言われますが、まだまだ167cmオーバーの女性は…
  4. 子供の頃、家族で潮干狩りに行って、めちゃくちゃ楽しかった!という記憶がある方も多いはず。 お子さん…
  5. 冷凍技術の進化のおかげで最近の冷凍食品のクオリティはますます上がっています。 これを上手く活用しな…
  6. チョコレートケーキ
    みなさん甘いものはお好きですか?おなか一杯食べてもデザートは別腹という方も多いのではないでしょうか?…
  7. ダイエットフード
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…
  8. お腹の肉をつまむ女性
    2010年ごろより注目を集めだした「糖質制限ダイエット」。糖質制限ダイエットの方法は、1日の糖質量を…
  9. シンク
    毎日、私たちの健康の源となる食事が作られる場所は一番衛生的でなければいけません。 ですが食材を…
  10. 特定の地域が抱える緊張  最近ニュースで「地政学リスク」という言葉を目にすることが増えました。特に…

カテゴリー

ページ上部へ戻る