アイスクリームは夏バテ知らずの実力派だった!?

  • 2015/6/3

夏になるとバテて食事が出来ないという人が増えてしまいます。何も食べたくはありませんが、何でもいいからおなかに入れないと仕事が出来ないほど弱り切ってしまいますよね。そこでオススメなのがアイスクリームです。タンパク質・脂質・炭水化物の3大栄養素の他に、ミネラルとしてカルシウム・鉄分・ナトリウム・カリウム、またビタミンではA、B1、B2、ナイアシンなどが含まれています。

お菓子のようなポジションのアイスクリームですが、なかなかの栄養食だということがわかりますね。原材料だけを考えても、牛乳や卵、砂糖は使っているので、どうしても食べられない時の栄養補給に食べるのは良いと思います。ただし、アイスクリームだけをずっと食べているとカロリーや糖分が過剰になるので、1日1個程度でやめておいた方が良いですね。ちなみに売っているものが全部アイスクリームなのではありません。

アイスミルク、ラクトアイス、氷菓(シャーベット)と他の種類もあって、同じアイスコーナーで販売しています。原材料や取れる成分も違ってきますので、必要に応じて使い分けを考えてみましょう。栄養を効率よく補給したいならアイスクリームですし、ダイエットの時にちょっと食べたいなら氷菓(シャーベット)の方がオススメですよ。パッケージには、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓(シャーベット)と分類が明記されていますので確認してから購入してください。色々なフレーバーのアイスクリームが販売されていますので、チョコレート味、ストロベリー味などはカロリーが高くなるだけで栄養価には影響しません。必要のないカロリーでしかありませんので、バニラ味のようなプレーンなものを選んだ方が、最低限のカロリーと栄養が摂れると思って良いですね。

冷え性の方はお腹が冷えることで状態が悪化する場合もあります。常温に少しおいてわずかに溶けてから食べるとか、生姜のパウダーやチューブを少量いれて食べると緩和されるとも言われていますので、工夫しながら食べましょう。同じアイスクリームでもカロリーを減らしたいなら、乳脂肪分が何パーセント入っているのかで使い分け出来ます。乳脂肪分が多ければ少しカロリーアップしますし、乳脂肪分が少なければカロリーダウンできます。夏バテで本当に何も食べられなくても、冷たくて甘いアイスクリームなら大丈夫だという人は多いので、一度試してみてください。食べすぎに注意しないと他の病気になる可能性があることは理解しておいた方が良いですね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. ベビーマッサージ
    ベビーマッサージというものを聞いたことがありますか? 3歳くらいまでの赤ちゃんに行うマッサージで、…
  2. 東山動植物園は愛知県名古屋市にあります。市営の動植物公園で「名古屋市東山公園 動植物園」が正式名称で…
  3. スキはガーリーというよりボーイッシュなイメージがありますね。毎回さし色を作ったり、小物使いに気を配っ…
  4. LCCとはローコストキャリアーのこと、コストをギリギリまで落として格安なフライトを提供する航空会社の…
  5. 日焼け対策
    日焼け対策していますか? 日焼け対策は「正しい」日焼け止めの選び方がポイントなんですよ。 あなた…
  6. 夕暮れのワットポー
    毎年、人気の海外旅行先に挙げられるタイ。タイへ旅行する人にはリピーターや長期滞在者が多いのが特徴です…
  7. のとじま水族館は、石川県七尾市能登島の「のとじま臨海公園」にあります。石川県唯一の水族館で、能登半島…
  8. 日本に一時帰国するたびに、日本の素晴らしさを再認識します。そしていつも感銘を受けるのは、サランラップ…
  9. サラート
    今回はムスリムのお祈り(サラート)と断食(ラマダン)についてお話したいと思います。 ムスリムの…
  10. きちんと寝てるのに、睡眠時間を取っているのに、朝が何だかだるい。気を使ってバランス良く食事を食べてい…

カテゴリー

ページ上部へ戻る