海外旅行保険のポイントを整理しよう

  • 2015/6/24

海外旅行保険とは
昔は一般的ではなかった海外旅行も、今では誰もが行くことが出来るものになりました。ここ20年で海外渡航に必要な費用の平均は15万円も下がり、学生や若い社会人でも休みを利用して海外に行く人が増えています。しかし海外旅行では予想外のトラブルがつきものです。例えば荷物や財布の盗難、感染症の発症、怪我などです。このようなリスクに備えて海外渡航時には海外旅行保険に加入することが一般的になっています。

海外旅行保険とは、海外旅行を目的として自宅を出た時点から(自宅から空港までなど)海外滞在時、そして自宅に帰ってくるまでの全ての過程で被る可能性のあるトラブルに対して補償される保険です。自宅から空港までの事故や滞在先での病気など様々なリスクに備えることができます。海外旅行保険には様々な種類のものがあり、総合的に補償されるものから、旅行中の怪我に対して補償されるもの、病気に対して補償されるもの、盗難に対して補償されるもの、など個別で加入できるものもあります。

必要な手続き
海外旅行時は、自分に必要な補償のある保険に加入することになりますが、通常の海外旅行ならば総合的に補償されるものに加入するのがおすすめです。ある程度総合的に補償される基本契約と、それに必要な補償がある特約をつける、という形で加入するのが一般的になっています。

海外旅行保険は保険会社の窓口もしくは、ホームページ、もしくは旅行時に出発する空港の受付で申し込むことができます。しかし直前に契約するよりも余裕を持って事前に加入するといいでしょう。また保険料については1500円〜3000円程度のものが多く、インターネットから加入すれば安くなるものもあります。
路地裏

気をつけなければならないのは、海外旅行保険は契約者に重大な過失があった場合は補償されないケースがあるということです。例えば契約者の犯罪行為、自殺などです。戦争や内乱などの異常事態での場合も補償されないことがあります。

トラブルが発生したらどうする?
実際に旅行先で何かがあったときは、まず保険会社に連絡をとる必要があります。例えば旅行先で怪我をした場合、保険会社に連絡すれば近隣の病院の紹介や予約、キャシュレスでの治療などの対応をしてもらえます。キャッシュレスとは、契約者はその場で現金を支払う必要がなく保険会社が代行してくれることです。保険会社へは、国際電話によって24時間受付されていますし、海外主要都市に設置されている窓口からも連絡をとることができます。

契約者は海外で何かあった場合、帰国後一定の期間内に保険会社に連絡し、手続きをしなければなりません。手続きをしなければ補償を受けられないこともあるため注意が必要です。帰国後はできるだけ早く連絡をとると良いでしょう。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 美術館
    京都と大阪の境目・大山崎を阪急電車で通ると、天下分け目の戦いで有名な天王山を見ることができます。 …
  2. オフィスで働いていると、黒・白・ベージュ・グレーなどのいわゆる無難な色合いの服装になりがち。確かに無…
  3. のとじま水族館は、石川県七尾市能登島の「のとじま臨海公園」にあります。石川県唯一の水族館で、能登半島…
  4. お給料前など、ちょっと節約したいときに活躍してくれるレシピを集めてみました。比較的安い素材でボリュー…
  5. 東京、横浜には近代の文化遺産、歴史的建造物が数多くありますが、赤レンガの建物はそれほど残っていません…
  6. 日本に一時帰国するたびに、日本の素晴らしさを再認識します。そしていつも感銘を受けるのは、サランラップ…
  7. アロマオイル、よく聞くけれどなかなか手を出すことのできない私。 というのも、種類が多すぎてどれを使…
  8. 北海道旅行
    北海道は人気の旅行先として不動の地位を築いていますが、特にゴールデンウィークの時期、冬が終わりどんど…
  9. マレーシア
    今回はマレーシアで暮らすのにどれぐらいの生活費がかかるのか具体的な例をあげて見ていきたいと思います。…
  10. 暑さに負けず、流行にのって夏のおしゃれを楽しもう!- 楽しい夏がやってきましたね。 服装も、夏に…

カテゴリー

ページ上部へ戻る