後悔?本当にこの彼との結婚をしていいのか迷ったときの対処法

  • 2015/8/12

もう彼と同棲を始めて数年経ち、気がついたら自然に結婚の話しが出ていたという方もいらっしゃるでしょうか。実は彼と長くお付き合いをしていた為他の男性を知らない…本当にこのまま彼と結婚して後悔しないのか…もしかしたらもっと素敵な男性に出会えるのではないか…彼のことが嫌いになったわけではないけれど、迷っている自分がいるという方のために今回は、本当に今の彼との結婚を決めてよいか迷ってしまった時の対処法をご紹介していきたいと思います。

後悔しないためにも一度彼と距離を置いてみる
この対処法は、彼のことが嫌いなわけではないけれどただ漠然と後悔してしまわないか不安という方向けです。改めてあなたの素晴らしさを実感したいから少しお互い個々の時間を過ごした後婚約をしたいと彼には伝え一度距離を置いてみるとよいかもしれません。少し距離を置いてひとりになってみると、改めて彼の大切さや温かさが身に沁みて理解できることがあるので本当にこのままでは不安と感じたら期間を決めて試してみるのもよいでしょう。

二人で決めて干渉しあわない遊ぶ期間を作ってみる
実は男性の方が結婚と聞いただけで不安を感じてしまうのです。ですから、もうほぼ結婚の意志がお互い固まっているのであれば二人で期間を決め、干渉し合わない「遊ぶ期間」を作ってもよいでしょう。ただあまり期間が長くなると、そのまま婚約解消となりそれこそ後悔してしまいかねませんので長すぎず短すぎずで決めるとよいですね。二人の愛の深さも確かめられる良い機会になるかもしれません。

結婚をした人たちに結婚を決めた理由を聞いてみる
一番手っ取り早いのが、実際に結婚をした人に相談し聞いてみることです。カップルの数だけ結婚を決めた理由やドラマはあるはずですからとても参考になることは間違いないでしょう。もし自分がグッとくる理由を聞けたら参考にして真似てみるのもよいかもしれませんね。

まだ結婚は考えられないと確信したら彼にハッキリと伝える
本当に不安に感じて結婚の話しをいつまでも進められない自分がいたとしたらモヤモヤしたまま流さずハッキリと彼には伝えなければなりません。結婚をしたのなら、彼と生涯を共にしなければなりませんし彼が婿養子になるのではなければ、あなたが彼の家族の中に入ることになります。ですから、結婚してから実はしたいと思っていなくて後悔しているとなれば後々色々な人にありえない程の迷惑をかけ、メンツを潰すことにもなってしまうのです。確信してしまったら、まずハッキリと彼に伝え二人で相談して決めていきましょう。

いかがでしたでしょうか?10年付き合っても結婚せず二人は別々の道を歩むことになったり会ったその日に結婚を決めてしまう二人もいるように結婚とは本当に「縁」だと感じます。ですから、後悔をすると少しでも感じたら一度立ち止まりよく考えてみてもよいでしょう。答えが出たらまた元気に歩き出せばよいのですから。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. ウェディングドレス
    結婚式の主役と言えば、ずばり花嫁さんですよね! 一生に一度の晴れ舞台、憧れていた真っ白なウェディン…
  2. レッドコーデ
    この時期には絶対着たい「レッド」!! でもどう着こなそうか?と迷うカラーでもありますよねー! 今…
  3. 例えば引っ越しなどの時に女性がベッドを選びたいという時には、この際風水の考え方も参考にしてみるのもい…
  4. 富山県
    3月14日、東京ー金沢まで直行できる北陸新幹線が開通。 これまで新幹線と特急を乗り継いで約4時間か…
  5. オフィスで働いていると、黒・白・ベージュ・グレーなどのいわゆる無難な色合いの服装になりがち。確かに無…
  6. 朝に目覚めの一杯としてコーヒーを飲む人って多いですよね! そのコーヒーをダイエットできるコーヒーに…
  7. あべのハルカス
    東京に続く日本の大都市「大阪」。大阪と言えばたこ焼きにお好み焼きとおいしいものがたくさんです♪ そ…
  8. ウェディングドレスを着た女性
    20代、30代になると、結婚の話が出てくる人も多いかと思います。結婚式で重要なのはドレスやロケーショ…
  9. 名古屋のモーニングセット
    旅行先で訪れたいカフェ、今回は名古屋編です。 ちょっと狭い地域でピンポイントにリストアップしてみま…
  10. ハワイ ビーチ
    一年に数回ある連休。ゴールデンウィークに夏季休暇、シルバーウィークに年末年始・・・長期連休を利用して…

カテゴリー

ページ上部へ戻る