自分のためにも切り替えスイッチをしっかり!!

  • 2016/2/22

人は公私共に何らかのストレスを抱えていますね。考えても、頑張っても、どうにもならない時もあります。諦めるのも一つの方法ですが、諦める事が許されない環境の場合もあります。そんな時は、半分ノイローゼ状態になるでしょう。でも、人の心には「切り替えスイッチ」があるようです。と、云うのも、私自身が経験しています。ある瞬間に「カチッ」と頭の中で音がしました。今でも、不思議でなりませんが、それから心がというより、頭がスッキリした記憶が鮮明に残っています。

勿論、その音は自分しか聞こえないのですが、今考えると「心の防御」が働いたのではないかと思うのです。その悩んでいた原因すらも忘れてしまいましたが、人は追い詰められると、スイッチが切り替わるのだと実感した出来事でした。普段から100%の力を出し切って仕事をしている人、その半分の人もいるでしょう。全力投球が悪いと言っているわけではありません。仕事に支障がない程度に力を抜くことも必要なことです。それは、仕事だけでなく、私生活にも言えることです。頑張り過ぎはよくありません。適度に頑張ることは必要ですが、過度の頑張りはストレスにも体にも負担が掛かります。この「切り替えスイッチ」は、もしかしたら、私だけのものかもしれません。他の人は、また違う切り替え方を独自に持っているかもしれません。

先程も書きましたが、考えても、努力しても、また努力しようにも出来なくて、問題の解決が図れない時には、自然の流れに任せてしまいましょう。それは、起こるべくして起きた事です。言うなれば、自分自身が自分に与えた試練です。それをどう乗り切っていくのかは、自分が一番よく知っています。しかし、解決策が見つからない時は、自然に身を委ねるのも大切な事です。その成り行きを見守ることこそが、その人にとって学ぶべき事だったのかもしれません。そして、それはいつまでも解決しない問題ではないのだと思うのです。

その時は、大変な思いをしたかもしれません。その分、あなたの中に何かが残っているはずです。それは、人によっても違うでしょう。問題の事柄によっても違いますね。また、そのような経験をしないで済む人もいるでしょう。出来れば、毎日を淡々と暮らせる方が言い訳ですから。誰も「買ってまで苦労」などしたくありません。でも、全てはバランスです。良い時もあれば、悪い時もある。どこかで、帳尻を合わせるように出来ているのです。これは、私たちが平等に受ける権利と義務なのです。そして、自分が自分自身に与えた課題です。

私たちは、自分の人生設計を立てて、この地球という星を選んで生まれてきます。どこで誰と出会い、どんなタイミングで楽しいことが起こるのか。また、辛い思いをすることになるのかを全て「自分で決めて」生まれてきています。ですから、どのような、アクシデントが起きようとも、それから目を反らせてはいけません。それを乗り越える知恵と勇気が、あなたを成長させます。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. テレビアニメを見る
    014年の夏に全米デビューした『ドラえもん』。ディズニーXD子供向けチャンネルで放送されている英語版…
  2. スイーツ
    ○ダイエット…でも食べたい! ストレスが溜まったときや疲れたときには甘いもの。でもダイエットもある…
  3. 女性なら誰でも、ストッキングを履く機会があると思います。ちょっとオシャレをしようと思った時、ワンポイ…
  4. エピレ脱毛体験
    エピレ仙台店で両ひざの脱毛をしてきました。 期間は2014年の2月~4月。お試しプラン980円のコ…
  5. 神社
    どんな願いもかないます?! 日本の神さまとパワースポット 大切な人との別れ、仕事でのつまづき、…
  6. ゴールデンウィークと言えばレジャーや旅行など、普段はできないことをやろう!という人が多いでしょう。し…
  7. 例えば引っ越しなどの時に女性がベッドを選びたいという時には、この際風水の考え方も参考にしてみるのもい…
  8. 今ではスタンダードになった炭酸美容。まだ、スキンケアでもシャンプーでも値段が高くて試せないと言う話を…
  9. マスカラを塗っている女性
    綺麗になりたい、可愛くなりたい、おしゃれになりたい。メイクはそんな女子の願いを叶えてくれる魔法です!…
  10. 草食系男子に肉食系女子……昨今は控えめで弱々しい男子と男まさりの女子という構図が話題になり定着しつつ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る