自分のためにも切り替えスイッチをしっかり!!

  • 2016/2/22

人は公私共に何らかのストレスを抱えていますね。考えても、頑張っても、どうにもならない時もあります。諦めるのも一つの方法ですが、諦める事が許されない環境の場合もあります。そんな時は、半分ノイローゼ状態になるでしょう。でも、人の心には「切り替えスイッチ」があるようです。と、云うのも、私自身が経験しています。ある瞬間に「カチッ」と頭の中で音がしました。今でも、不思議でなりませんが、それから心がというより、頭がスッキリした記憶が鮮明に残っています。

勿論、その音は自分しか聞こえないのですが、今考えると「心の防御」が働いたのではないかと思うのです。その悩んでいた原因すらも忘れてしまいましたが、人は追い詰められると、スイッチが切り替わるのだと実感した出来事でした。普段から100%の力を出し切って仕事をしている人、その半分の人もいるでしょう。全力投球が悪いと言っているわけではありません。仕事に支障がない程度に力を抜くことも必要なことです。それは、仕事だけでなく、私生活にも言えることです。頑張り過ぎはよくありません。適度に頑張ることは必要ですが、過度の頑張りはストレスにも体にも負担が掛かります。この「切り替えスイッチ」は、もしかしたら、私だけのものかもしれません。他の人は、また違う切り替え方を独自に持っているかもしれません。

先程も書きましたが、考えても、努力しても、また努力しようにも出来なくて、問題の解決が図れない時には、自然の流れに任せてしまいましょう。それは、起こるべくして起きた事です。言うなれば、自分自身が自分に与えた試練です。それをどう乗り切っていくのかは、自分が一番よく知っています。しかし、解決策が見つからない時は、自然に身を委ねるのも大切な事です。その成り行きを見守ることこそが、その人にとって学ぶべき事だったのかもしれません。そして、それはいつまでも解決しない問題ではないのだと思うのです。

その時は、大変な思いをしたかもしれません。その分、あなたの中に何かが残っているはずです。それは、人によっても違うでしょう。問題の事柄によっても違いますね。また、そのような経験をしないで済む人もいるでしょう。出来れば、毎日を淡々と暮らせる方が言い訳ですから。誰も「買ってまで苦労」などしたくありません。でも、全てはバランスです。良い時もあれば、悪い時もある。どこかで、帳尻を合わせるように出来ているのです。これは、私たちが平等に受ける権利と義務なのです。そして、自分が自分自身に与えた課題です。

私たちは、自分の人生設計を立てて、この地球という星を選んで生まれてきます。どこで誰と出会い、どんなタイミングで楽しいことが起こるのか。また、辛い思いをすることになるのかを全て「自分で決めて」生まれてきています。ですから、どのような、アクシデントが起きようとも、それから目を反らせてはいけません。それを乗り越える知恵と勇気が、あなたを成長させます。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 外出先で、かわいい子犬や子猫を見かけたり、犬をお散歩している人を見ると、ペットを飼ってみようかな………
  2. 様々な人間関係や仕事のことで悩んでいる貴女。毎日お疲れ様です。なかなか癒しを感じる機会もなくなってき…
  3. 美容家のIKKOさん、綺麗ですよね~。 なんといっても、美に対するあの情熱と、あの努力!こころから尊…
  4. 神社
    どんな願いもかないます?! 日本の神さまとパワースポット 涙を流してすっきりとしたら、次は笑顔…
  5. 軽井沢
    今、長野県の軽井沢ではお洒落で美味しいモーニングを出すお店が増えています。ペンションに泊まった翌朝は…
  6. 脱毛
    レイビス仙台で脱毛をしてきました。レイビスの良さは20時まで入店できるので仕事の帰りでも安心して通え…
  7. ハンドバッグ
    バッグって、実は一番その人のセンスが光るアイテムですよね!ウェアがおしゃれなのに、それにマッチしない…
  8. 英語学習
    ここ何年かでグローバル化が進んできた日本、英語が活躍してきているのが手に取るようにわかります。さらに…
  9. 脱毛
    私は、ジェイエステの顔脱毛を申し込みました。 ジェイエステが他の大手脱毛サロンと異なるところは、フ…
  10. 連休は家でゆっくり過ごしたい
    旅行や帰省、行楽地へ出かける人たちで、ゴールデンウィークは各地で混雑しています。人混みが苦手な方や、…

カテゴリー

ページ上部へ戻る