「ヘナ」でデトックス効果と若白髪染め

  • 2016/3/10

分け目をかえるたびに、たまに、光り方がちがう毛が混じっていることが。個人差がありますが、早い方だと、中学生や高校生でも、白髪が混じっている方も見受けられます。
 もちろん、「おばあさん」になれば、銀髪も品があって素敵ですよね。しかし、子育て真っ最中のときや、働く女性なら、やはり、あまりに白い毛が目立つヘア・スタイルは厳しいのではないのでしょうか。
 けれども、まだ「白髪染め」は抵抗があるし、発ガン性も気になる…という方は、ぜひ「ヘナ」をためしてみませんか。

 ヘナとは、ヘンナとも呼ばれる植物性の染料です。中東やインドでは、古くから、毛染めだけではなく、ボディ・ペイントとしても広く用いられていました。
 ヘナの粉は、エジプトやアラビアからも輸入されていますが、日本人の髪質には「インド原産」のものが合うようです。
 ヘナは、オレンジの色素を持っていて、白髪の部分に塗りこむと、橙色に発色します。
 ただ、ケミカルな薬剤が不透明な「油絵の具」だとすると、ヘナは透き通った「水彩絵の具」でしかありません。つまり、髪にヘナを塗っても、オレンジのセロハンをのせた程度にしか、色は入りません。そして、ヘナが染めるのは、たんぱく質だけです。なので、「爪」や「髪」「肌」以外には、色が入らないので、たとえ、洗面所に飛び散っても拭き取るだけで元通り。
 
 気になる使い方ですが、粉末のヘナを濃く入れたあたたかい紅茶で溶かします。ダマができやすので、先に紅茶を入れた中に、粉を加えるとよいでしょう。
 暑い季節なら「耳たぶ」ほどの硬さ。寒い時期であれば「マヨネーズ状」が目安にしてください。
 この液を、地肌から毛先まで湿布しましょう。地肌にも塗っておくと、まだ毛根の中に隠れている、伸びる前の白髪にもアプローチできます。なお、多少ムラになっても大丈夫ですよ。全体に、ヘナが行き渡ると、手ぬぐいや、タオルを巻きつけて、三時間から五時間ほどおきます。
 その後、洗い流して完了です。白髪染めとしてだけではなく、トリートメント効果も期待できます。癖毛が落ち着いたり、漆を塗ったような艶が出るのも嬉しいところ。

 そして、ヘナをしている最中は、目の疲れがやわらいだり、眠たくなる方も多いのです。だから、リラックス目的のために、へナにトライしたり、デトックス効果を期待して、定期的に行う女性も増えています。
 なお、足の裏にヘナを塗ると「水虫」が完治したり、むくみの予防にもなるそうですよ。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 外出先で、かわいい子犬や子猫を見かけたり、犬をお散歩している人を見ると、ペットを飼ってみようかな………
  2. 脱毛
    グレース銀座脱毛店に通っていました。 フェイシャルの脱毛ができるということと、「コラーゲンパック」…
  3. お給料前など、ちょっと節約したいときに活躍してくれるレシピを集めてみました。比較的安い素材でボリュー…
  4. 入浴剤
    毎日の入浴を少しでも楽しい時間にするためにお気に入りの入浴剤を使うのは、心躍りますよね!! 今回は…
  5. 外から、帰ってきたら「うがい」「手洗い」を徹底しましょう」 「身のまわりを清潔にたもちましょう…
  6. 体型カバー
    ちいさい胸、ぽっこりお腹、くびれのない胴回り、垂れ広がったお尻、太い足…女性の悩みはつきないですよね…
  7. 群馬県前橋市にある赤城クローネンベルクは、赤城山麓を背景にドイツの街並みを再現した体験型テーマパーク…
  8. サラート
    今回はムスリムのお祈り(サラート)と断食(ラマダン)についてお話したいと思います。 ムスリムの…
  9. 春は秋に続き、結婚式には人気のシーズンです。春は花も綺麗に咲く季節。せっかくだったら、結婚式を春らし…
  10. ダイエットに成功した女性
    女性の多くが一度はやろうかな・・・と思ったことのあるダイエット。ただ、中途半端な気持ちだとなかなか続…

カテゴリー

ページ上部へ戻る