「ヘナ」でデトックス効果と若白髪染め

  • 2016/3/10

分け目をかえるたびに、たまに、光り方がちがう毛が混じっていることが。個人差がありますが、早い方だと、中学生や高校生でも、白髪が混じっている方も見受けられます。
 もちろん、「おばあさん」になれば、銀髪も品があって素敵ですよね。しかし、子育て真っ最中のときや、働く女性なら、やはり、あまりに白い毛が目立つヘア・スタイルは厳しいのではないのでしょうか。
 けれども、まだ「白髪染め」は抵抗があるし、発ガン性も気になる…という方は、ぜひ「ヘナ」をためしてみませんか。

 ヘナとは、ヘンナとも呼ばれる植物性の染料です。中東やインドでは、古くから、毛染めだけではなく、ボディ・ペイントとしても広く用いられていました。
 ヘナの粉は、エジプトやアラビアからも輸入されていますが、日本人の髪質には「インド原産」のものが合うようです。
 ヘナは、オレンジの色素を持っていて、白髪の部分に塗りこむと、橙色に発色します。
 ただ、ケミカルな薬剤が不透明な「油絵の具」だとすると、ヘナは透き通った「水彩絵の具」でしかありません。つまり、髪にヘナを塗っても、オレンジのセロハンをのせた程度にしか、色は入りません。そして、ヘナが染めるのは、たんぱく質だけです。なので、「爪」や「髪」「肌」以外には、色が入らないので、たとえ、洗面所に飛び散っても拭き取るだけで元通り。
 
 気になる使い方ですが、粉末のヘナを濃く入れたあたたかい紅茶で溶かします。ダマができやすので、先に紅茶を入れた中に、粉を加えるとよいでしょう。
 暑い季節なら「耳たぶ」ほどの硬さ。寒い時期であれば「マヨネーズ状」が目安にしてください。
 この液を、地肌から毛先まで湿布しましょう。地肌にも塗っておくと、まだ毛根の中に隠れている、伸びる前の白髪にもアプローチできます。なお、多少ムラになっても大丈夫ですよ。全体に、ヘナが行き渡ると、手ぬぐいや、タオルを巻きつけて、三時間から五時間ほどおきます。
 その後、洗い流して完了です。白髪染めとしてだけではなく、トリートメント効果も期待できます。癖毛が落ち着いたり、漆を塗ったような艶が出るのも嬉しいところ。

 そして、ヘナをしている最中は、目の疲れがやわらいだり、眠たくなる方も多いのです。だから、リラックス目的のために、へナにトライしたり、デトックス効果を期待して、定期的に行う女性も増えています。
 なお、足の裏にヘナを塗ると「水虫」が完治したり、むくみの予防にもなるそうですよ。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 老後に必要なのは1500万〜3000万円  みなさんは、現在お金を貯蓄しているでしょうか。若いうち…
  2. スイーツ
    ○見たら胸きゅん間違いなし! よそのお家にお邪魔する時に手土産を何にしようかと毎回悩みませんか?そ…
  3. 夏野菜の美容効果
    夏は強い日差しを浴び、栄養満点、美容効果抜群の野菜がたくさんあります。 毎日の料理に上手に取り入れ…
  4. 炭酸水
    炭酸水でキレイになれちゃう美容方法知ってますか? やり方は「飲むだけ」。 こんな簡単な方…
  5. 昔は一歩外で出れば誘惑だらけだと言っていましたが今やネット通販も当たり前のように私達の生活に浸透して…
  6. ドクダミは森林公園などに遊びに行った時などに、道端に生えていたりしますし、自宅の庭にも自生していたり…
  7. 北海道旅行
    北海道は人気の旅行先として不動の地位を築いていますが、特にゴールデンウィークの時期、冬が終わりどんど…
  8. 神社
    どんな願いもかないます?! 日本の神さまとパワースポット 涙を流してすっきりとしたら、次は笑顔…
  9. サイクリング
    ちょっと体を動かしただけで汗ばむ季節になりました。こんな季節だから、外に出て何か新しくスポーツを始め…
  10. 色彩
    仕事のスキルアップにも、自分磨きにも、多くの現代女性は、すきま時間を工夫して勉強時間を作り出す名人で…

カテゴリー

ページ上部へ戻る