「常在菌」を味方につけましょう

  • 2016/3/14

外から、帰ってきたら「うがい」「手洗い」を徹底しましょう」

「身のまわりを清潔にたもちましょう」

 わたし達は、まだ物心がつく前から、ミクロのレベルでまで衛生面を指導されてきました。そのかいあって日本人は、世界でも稀なほど、身きれいな人種だと言われています。
 しかし、まるで顕微鏡をのぞくように、躍起になって「菌」を排除するのは、いささかやりすぎだという指摘もあります。
 ドラッグ・ストアには、「消毒グッズ」や「抗菌スプレー」といった、とにかく菌を退治するアイテムがたくさん並んでいます。けれども、それらは、本当にすべて必要なのでしょうか。

 極端な話になりますが、ホームレスには、「糖尿病」になる人はいても「ハゲ」と「水虫」はいないと言われています。それは、なぜでしょうか。答えは、滅多に、体を洗わない彼らの皮膚の表面には、おびただしい数の「常在菌」が付着しているから。中には、悪さをする菌もいますが、とくに害をもたらさない菌や、むしろ、人体を守ってくれる菌も多いのです。そして、良い菌が増えると、なぜか有害な菌は、棲みにくくなったり、死滅しないにしても、人に対して、いたずらをしたくても、できない状況に追い込まれてしまうのです。つまり、これらの常在菌をことごとく殺してしまうと、皮膚本来の持つバリア機能が破られ、「抵抗力」や「免疫力」が低下してしまう結果に。この二十年ほどの間に、こどもや若い世代を中心に「アトピー」や「アレルギー」「ぜんそく」が急増しているのも、極端な清潔志向の裏返しではないでしょうか。
 
 そうはいっても、「不潔」になるのは、社会的にも問題があると思います。真夏の沖縄の海で泳いでいた格好のまま、いきなり南極に行くような、急激な変化は、むしろマイナスでしょう。

 これまでの生活リズムを崩すことなく、手軽に「常在菌」を守る方法はあるのでしょうか。
 そこで、まず、イソジンをふくむ「うがい薬」をやめて「真水」でうがいをしてみてください。意外かもしれませんが、風邪のウィルスは充分、水で流すことができます。むしろ、消毒をしてしまうと、咽喉の粘膜が荒れて、ウイルスが侵入しやすくなってしまいます。
 そして、普段は手洗いには「石鹸」はいりません。同じように流水だけで平気です。

 最後に、少し勇気がいりますが、体を洗うのも「ボディ・シャンプー」をやめてみてはいかがでしょうか。湯船につかりながら、やさしく手で撫でるだけで、気になる汚れはほとんど落ちます。はじめは、週末だけ「ノー・ソープデー」にして、徐々に慣らしていくと、楽に切り替えらますよ。
 目に見えない「菌」を悪者として、成敗するのではなく、同じ地球に生きるもの同志として、ぜひ「共存」したいものですね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. あわただしくすぎていく毎日の中で、落ち着いて、読書をする時間を確保するのは難しいのが現実。たとえば読…
  2. 朝目覚める女性
    明日こそは早起きしよう!と思って眠りについても、いざ翌朝になって目覚ましが鳴ると「あと5分・・・」と…
  3. オーソドックスな白いシャツ。洗いざらしの清潔感あふれる雰囲気は、いつの時代でも、どの年代の方にも似合…
  4. あじき路地の写真
    『あじき路地』をご存知でしょうか? 京都のメインストリートの一つ、四条通を東へ、鴨川を越え、大…
  5. きちんと寝てるのに、睡眠時間を取っているのに、朝が何だかだるい。気を使ってバランス良く食事を食べてい…
  6. 保湿・保水
    20代に比べて、30代になると肌は乾燥しがちになり肌のターンオーバーも遅くなっていきます。20代の頃…
  7. 今爆発的に人気の水素水。 その水素水ををお風呂で楽々吸収しましょう。 水素水の飲酒は腸からの…
  8. 年間平均で、115日が雨といわれる雨降り日本。 なかでも梅雨の時期の憂鬱。気が滅入る日もあるけれど…
  9. 4月から新入学や新社会人になっている人や、環境が変わって忙しい女性が増えていると思います。 美容に…
  10. 手をつなぐ男女
    大好きな人としたはずの結婚。最初は少しでも一緒にいたいと思ったはずの相手のことが、気づけば少しでも家…

カテゴリー

ページ上部へ戻る