避けたい結婚生活のマンネリ化…防ぐ方法は?

  • 2015/8/27
結婚の

長い長い結婚生活。やはり夫との関係で心配なのはマンネリ化ですよね。もちろん、付き合い始めの時と比べて、少なからず恋心に変化ができてしまうのはしょうがないかもしれません。ですが、仲の良い夫婦として長く付き合っていきたいというのは、全てのご夫婦に当てはまることだと思います。そこで今回は、マンネリ化を避けるための方法をいくつかご紹介します!

まずはマンネリ化を防ぐキーワードとは何でしょう。それは、「見た目」「時間の共有」「思いやり」です。このキーワード、どういうことなのか、1つずつ見ていきましょう!

まず最初のキーワード「見た目」ですが、これはその通りです。やはり見た目は人間誰にとっても重要な判断材料の1つです。いくらずっと一緒にいるからと言って、もう見た目に良い変化を与えなくていいというわけではありません。例えば、やはり年と共に体の老化は避けられないものですが、それでもなるべく綺麗でいようと努力するとか、たまには髪に変化をもたらす、メイクを変えるなど、ちょっとした変化だけでもマンネリ化は防げるものなのです。長く付き合っていても、例えば旦那さんが髪型を変えたとき、「あ、変えたんだ!」と少なからず思ったりはしませんか?旦那さん側からしても同じことです。見た目の変化、努力は意外にもとても重要な要素の1つなのです。
 
次に挙げられた「時間の共有」ですが、これは適度に一緒にいる時間を設ける、ということです。全く一緒に時間を過ごしていなければ、もちろんお互いに気持ちは離れてしまいますよね。例えば1か月に1~2回はディナーに行くとか、映画を一緒に観に行くとか、たまにで良いので、2人のデートともいえる時間を作ることはマンネリ化を防ぐ上でとても大切なのです。他にも適度なボディータッチなども効果的だと言われています。

最後のキーワード「思いやり」ですが、これはもう言わなくても大切な要素であることはお分かりですよね!ことわざにも「親しき中にも礼儀あり」という言葉がありますし、お互いのことを尊重し、大切だという気持ちは忘れてはいけません。もしも不満などが出てきたとしたら、しっかり一緒にその幾度解決していくことが大切です。それこそずっと不満に思ったままにしてしまっては、気持ちにずれが出てきてしまいます。相手の意見も聞き入れ、それと共に自分の意見も相手に伝える、この意見交換が大切です。もちろん、その時も勢いに任せて怒鳴ったりしてしまうのではなく、相手のことも考えて冷静に話し合いましょう。

いかがでしたでしょうか。どのキーワードにも、相手への敬意、大切な人であるという認識が掛かっています。「なんでこうなるの!?」などと、一緒にいる時間が長ければ長いほど思うことも出てくるとは思いますが、そこは相手のことも考えてあげるのが重要ですよ!ぜひいつまでも仲の良い夫婦を目指してくださいね!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. アンダーヘアを確認する女性
    こんにちは、ライターのディランです。 だんだん暖かくなって薄着の季節がやってくると気になるのがムダ…
  2. 脱毛
    剃っても剃っても生えてくる無駄毛を我慢していましたが友達が脱毛サロンで処理したらとても楽になったとい…
  3. バーベキュー
    さぁ、バーベキューをするのに絶好の季節が近づいてまいりました!今年も仲間と本格的に楽しみたいという方…
  4. コンドミニアム
    ‘マレーシア’というと皆さんは何が浮かびますか? 私にとってマレーシアは、正直‘未開な国’とい…
  5. オーガニック コスメ
    近年、お肌のためにオーガニックコスメを選ぶ人が増えています。 名前は知っていてもオーガニックを正し…
  6. 脱毛
    グレース銀座脱毛店に通っていました。 フェイシャルの脱毛ができるということと、「コラーゲンパック」…
  7. 新たな金融政策が必要になった  アベノミクスの政策の一環として、新たな金融政策が行なわれました。こ…
  8. 中国の中で、最も魅力的な都市のひとつ上海。日本からの直行便も増え、海外旅行としても気軽に行ける都市に…
  9. モテる女性
    男性は好きになると歳の差をあまり気にせず関係なく結婚したいと思ったりします。 結婚するなら若いほう…
  10. 洋服を選ぶ女性
    自分のファッションを振り返ってみて「なんだか変わり映えしないな・・・。」なんて感じたりしていませんか…

カテゴリー

ページ上部へ戻る