ママも赤ちゃんもリラックス!メリットだらけのベビーマッサージって?

  • 2016/4/14
ベビーマッサージ

ベビーマッサージというものを聞いたことがありますか?
3歳くらいまでの赤ちゃんに行うマッサージで、ママにも赤ちゃんにもメリットがあります。
最近ではモデルのエビちゃんこと蛯原友里さんの双子の妹、蛯原絵里さんがベビーマッサージ教室を開かれているということでも注目を集めました。
赤ちゃん

何をするの?

マッサージといっても、やり方はいくつもありますが、ここでは一般的によく行われているベビーマッサージをご紹介します。
まず赤ちゃんはオムツ一枚、もしくは全裸の状態で行います。
赤ちゃんの肌にも負担のない天然オイルやベビークリームなどを使って、全身をなでるようにマッサージします。
心臓から遠い足や手から始め、全身をマッサージしていきます。

赤ちゃんにこんなメリットが!

赤ちゃんは、肌に刺激を受けることで皮膚から刺激を感じて体が強くなると言われています。
皮膚はもちろん、抵抗力の強い体になる効果が期待できます。
マッサージすることで血流も上がるため、免疫力のアップも期待できます。
さらに、ママに直接触れてもらうことで赤ちゃんには「幸せホルモン」が分泌されます。
この幸せホルモンが分泌されることで、赤ちゃんは喜びを感じ表情豊かにもなります。
赤ちゃんにとってストレスを軽減させることができるため、精神的にも大きなメリットとなります。

ママにもこんなメリットが!

まず一番に赤ちゃんとのコミニュケーション手段となります。
赤ちゃんの肌に直接触れることで、赤ちゃんの状態を知ることもできますし、成長を感じることもできます。
さらに、赤ちゃんに触れることでママには「愛情ホルモン」が分泌されます。
つまり、ベビーマッサージをすればするほど赤ちゃんに対する母性が増えて愛しい存在になるということです。

マッサージオイル

こんな注意点もあります

メリットがたくさんのベビーマッサージですが、やはり注意しなければいけないこともあります。
まずマッサージにベビーオイルを使うときの注意点ですが、オイルの中には日光に直接当ててはいけないオイルがあります。
そのため使う前にはきちんと確認しておきましょう。
次に、ベビーマッサージを行った赤ちゃんは体内の水分が少なくなっています。
エステやマッサージに行ったあとは喉が渇くと思いますが、それとおなじ状態です。
そのため、ベビーマッサージをした後には授乳や水分補給をしっかりと行いましょう
最後に、ベビーマッサージを行うのは赤ちゃんが機嫌・体調のいいときに行いましょう。
機嫌が悪いとベビーマッサージを嫌いになってしまうこともありますし、体調の悪いときに無理して行うと余計悪化させてしまうかもしれません。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. のとじま水族館は、石川県七尾市能登島の「のとじま臨海公園」にあります。石川県唯一の水族館で、能登半島…
  2. 中禅寺湖
    残念ながら、2016年のゴールデンウィークはカレンダー通りに休むと、最大3連休しかありません。大きく…
  3. 弁当
    自分でお弁当を作って、職場や学校に持っていくという弁当女子も多いですね。自分のお気に入りの具材を詰め…
  4. 結婚式
    20代~30代にとって、結婚式は身近な話題ですね。自分が式を挙げることもあれば、呼ばれることも多くな…
  5. ノースサファリサッポロは北海道札幌市内にあるサファリパークです。「動物との触れ合い」をテーマにしてお…
  6. 震災や災害時の必需品
    4月14日に突如襲ったマグニチュード7.0クラスの地震「熊本地震」これは女性にとって特に地元の方々は…
  7. ハンドバッグ
    バッグって、実は一番その人のセンスが光るアイテムですよね!ウェアがおしゃれなのに、それにマッチしない…
  8. アロマオイル、よく聞くけれどなかなか手を出すことのできない私。 というのも、種類が多すぎてどれを使…
  9. Suica
    もちろん、駅でsuicaの発売機やチャージ用機器が設置してあるところではできますよ。 ~~ 注…
  10. 結婚の
    結婚適齢期を迎え、そろそろ結婚して子供がほしいな~なんて思っても相手がいないとそういうわけにもいきま…

カテゴリー

ページ上部へ戻る