便秘解消に下剤を使わない安全な成分~ビタミンC~

  • 2016/2/15

便秘で悩んでいる女性は、即効性から便秘薬を選びがちです。
食生活や運動も含めて根本的な改善が出来ないと、ずっと便秘薬を使わなくてはいけない状態になります。
そして便秘薬に頼るのは気持ちの問題だけではなく、排泄する力がなくなっていくので便秘薬がないと出せないという事もありますね。
人間の体は「慣れる」傾向が強いので、同じ便秘薬では効果がなくなります。
スッキリ出来ないと、「もっと強力な便秘薬が必要」と思って、薬を変えるのですが、それにすら体が慣れてしまって下剤中毒の様になってしまいます。

 
便秘のそもそもの原因は次の様になっています。

・運動をしない事から腸のぜん動力が低下する
・女性は腹筋の力が弱く押し出す力も弱い
・過度な油抜きダイエットで腸内の便の滑りが悪い
・食物繊維が圧倒的に足りない
・便秘で苦しいと食べないから余計に出ない
・水分が足りない
・病気として大腸に問題がある
・腸内細菌が足りなくなっている

以上の原因に思い当たることがあれば、そちらを先に治す事で便秘解消はしやすくなります。
下剤に頼ることもなくなるでしょうし、キリキリとお腹が痛む感覚もなくお通じが出るとストレスも感じませんね。
ただ、根本的な原因を解決するには時間がかかるので、今すぐお腹の張りを何とかしたいと言う時は、下剤ではなく別のものを使用します。

 
実は、美容効果の高いビタミンC1回に3,000mg以上を摂取するとお腹がゆるくなる傾向が出ます。
個人差はありますので、量の微調整は必要ですが、下剤より遙かに安全ですよ。
ビタミンCは水溶性ビタミンの一種で、水に馴染みやすい性質を持っています。
体の中で余ったビタミンCは尿と一緒に排出されてしまうので、過剰摂取による健康被害はないと言われています。
唯一、過剰に摂取して体に出る影響が、お腹がゆるくなる状態なのです。
そこで便秘が苦しくてどうにもならないときの必殺技として、ビタミンCを多めに飲むことをオススメします。
注意点が1つだけありますので、これをしっかり覚えて必殺技を使うかどうか考えて下さい。
生理の時はビタミン点滴をしたり、ビタミンのサプリメントを飲むと月経量が増えやすくなってて、体質によっては貧血になる恐れがあります。
生理の時には便秘解消が出来る人も多いですが、PMSから便秘に苦しむ人もいて生理の時に一番お腹が張るという話も聞きます。
そのタイミングで大量のビタミンCを飲むのは避けて下さい。
便秘は解消できても月経過多や貧血で寝込むことにもなりかねませんし、会社や学校まで休むことになるので気をつけて使って下さい。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. スキはガーリーというよりボーイッシュなイメージがありますね。毎回さし色を作ったり、小物使いに気を配っ…
  2. 雨の季節・・。 雨が降ると、気分までジメジメしてしまうのよね。 そんな時、雨でも元気にお出掛…
  3. ダイエットフード
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…
  4. 勉強する
    職業訓練は就職を約束するものではないのだけどね。 習得した技能を生かすことのできる就職先を、見つけ…
  5. 美容家のIKKOさん、綺麗ですよね~。 なんといっても、美に対するあの情熱と、あの努力!こころから尊…
  6. 入浴剤
    太古の時代からゆたかな「水」に恵まれている日本。 清潔好きで知られる日本人にとって、毎日お風呂…
  7. 東山動植物園は愛知県名古屋市にあります。市営の動植物公園で「名古屋市東山公園 動植物園」が正式名称で…
  8. サイクリング
    ちょっと体を動かしただけで汗ばむ季節になりました。こんな季節だから、外に出て何か新しくスポーツを始め…
  9. B型のダイエット食品
    血液型によって、食べる食材や運動の仕方を変えるとダイエット効果があるのを知っていますか? 今回は、…
  10. Suica
    もちろん、駅でsuicaの発売機やチャージ用機器が設置してあるところではできますよ。 ~~ 注…

カテゴリー

ページ上部へ戻る