最近目がしょぼしょぼする人必見!疲れ目解消法をご紹介!

  • 2016/3/17

普段から、仕事でもパソコンの画面を見ることが多かったり、本を読んだり、スマートフォンやタブレットを多用することにより、目を酷使して、疲れ目になっていませんか?

そんな人たちのために、自分で簡単にできる疲れ目解消法をいくつかご紹介しちゃいます!

どれも、ご自宅で簡単にできるものばかりなので、普段から疲れ目でお悩みの人は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね!

自分で簡単にできる疲れ目解消法!

目を使いすぎると、目が疲れてしょぼしょぼしますよね。

そんな時に効果絶大なご自宅でできる疲れ目解消法を以下にご紹介します!

目がしょぼしょぼするのは、目を酷使したことにより、血行が悪くなってしまったことが原因です!

そんな時は、寝る前に水で濡らしたタオルを電子レンジに入れて1分間ほど温めます。

そして、その温めたタオルを目の上に乗せて目の周りを温め血行を改善させます。

こうすると、一日の目の疲れがとれて、朝、すっきりと目覚められますよ!

目が炎症をおこして充血している場合は、温めるのではなく、冷やすことで、疲れ目による充血が改善されますよ。

冷やすのは、アイスノンをタオルでくるんで目の上においてゆっくり冷やしてもいいですし、冷たい水で固く絞ったタオルを目の上に乗せて冷やしてもいいですよ!

あと、目の疲れに効果的なツボをマッサージするのもいいんです!

目の疲れに効くのは、首の後ろ側、髪の生え際の左右のくぼんだ部分の風池というツボをゆっくりと、気持ちよくなるまでマッサージすると目がとっても楽になります。

あと、親指と人差し指の間の合谷というツボをマッサージするのも目の疲れに効果抜群です!

目が疲れていると、最初は押さえるとかなり痛みを感じるかもしれませんが、マッサージを続けていると痛みがなくなり、目の疲れも軽減されますよ!

このマッサージは、オフィスでも自宅でもちょっとした時間に簡単にできるので、今、ちょっと目を使いすぎたかな~と思った時にはぜひやってみて下さいね。(^^)

あと、目が疲れやすい人は、ビタミンB1、ビタミンB2が不足している可能性があります!

なので、これらのビタミンが配合されたサプリメントを普段から飲むようにすることをオススメします!

わたしも、疲れ目の時はこれらのサプリメントを飲むようにしていますが、効果抜群ですよ!

あと、当たり前と思われるかもしれませんが、目が疲れた時には、疲れ目に効果のある目薬をさすのも効果的です!

ですから、オフィスワークなどで目を酷使される方は、引出しに目薬を入れておき、目が疲れたな~と思う時にさっとさすようにしましょうね。

<まとめ>

現代社会では、パソコンやスマートフォン、タブレットを使わない・・・というわけにはいかないので、目が疲れたな~という時には、
上記の対策法が効果的なので、ぜひ、試してみて下さいね!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 草食系男子に肉食系女子……昨今は控えめで弱々しい男子と男まさりの女子という構図が話題になり定着しつつ…
  2. 脱毛
    グレース銀座脱毛店に通っていました。 フェイシャルの脱毛ができるということと、「コラーゲンパック」…
  3. 鶴岡市立加茂水族館は山形県鶴岡市にある市営の水族館です。クラゲの展示に力を入れており、新たに「クラゲ…
  4. 老舗旅館の女将さんや、インタビューをうけるタカラジェンヌを見ていて気がついたことがあります。  そ…
  5. シフォンケーキとコーヒー
    オンザデッキ バーラウンジ(福岡) 福岡県福岡市博多区博多駅南1-9-18 1F http://…
  6. 入浴剤
    毎日の入浴を少しでも楽しい時間にするためにお気に入りの入浴剤を使うのは、心躍りますよね!! 今回は…
  7. 養老保険とは?  生命保険のひとつに養老保険というものがあります。生命保険とは契約期間中に被保険者…
  8. ビーチを歩くカップル
    今回はカップル限定と言うことで、俗に言う非リアの私は夢と妄想を抱きながらオススメをして行きたいと思い…
  9. メイク用品
    この時期はメイク用品にも新たな彩りが加わる季節ですね。 可憐なピンクや夏を先取りしたような鮮やかな…
  10. プチ断食で健康的な女性
    「三食しっかり食べないと病気になる」という、意見もあれば、むしろ「食べないことが健康の秘訣」と提案す…

カテゴリー

ページ上部へ戻る