彼にイライラした時は彼を変えるより自分の考え変えてみる!

  • 2015/6/18

お付き合いが長くなったり、相手のことを知り尽くしたと思ったりどうしても許せない部分があったりするとどうしてもイライラしてしまいますよね。

しかも、イライラしている時は相手の悪いところばかりが目につき周りも見えず冷静ではいられません。
そこで今回は、彼にイライラしてしまった時の対処法をまとめてみたので気になる部分があれば是非参考にしてみてくださいね。

付き合っていても他人、それぞれの考え方があると冷静になる

とにかくイライラしてしまうと、相手の悪い部分ばかりが目につき余計にイライラしてしまいますよね。
そこで一度深呼吸して、相手を無理して変えようとしないと頭で考えるようにします。

もしかしたら実は意外と許容出来ることかもしれません。
好きな相手にはつい完璧を求めたくなるものですがそれでは相手も自分も息が詰まってしまいますし、自分も相手から求められすぎてイライラされるのも居心地悪いですよね。

どうしてイライラしてしまうのか根本の原因をよく考えてみる

例えば、彼が最近デートに遅刻ばっかりしてくるとイライラしているとします。
なぜ自分はイライラしているのでしょう。
単純に彼が遅刻をしてくるからでしょうか。それとも謝らないからでしょうか。
せっかくの大切なデートなのに遅刻して来られて寂しいからでしょうか。

本当の原因は本人にしかわかりません。
自分は彼にどうしてほしくてイライラしていたのかを考えてみると頭の中がクリアになって、無駄にイライラしてしまうことを減らすことができ相手にも明確に直してほしいことを伝えやすくなるはずです。

溜め込んで大きなストレスになる前に彼に伝えてみる

イライラすることが多くなると、何もかもが目についてしまい上記でもお伝えし通り最終的に何でイライラしているのかわからなくなってしまうことがありますよね。
その思いを伝えずに溜め込んでしまうと、とても大きなストレスとなり爆発した時には取り返しの付かないことになっていたということも少なくはありません。
それを避けるためにもイライラが小さなうちに彼にハッキリと伝えてしまうのも関係が上手くいくポイントのひとつと言えるでしょう。

小さなことは流す能力を養う

お付き合いも長くなり相手に慣れすぎてしまうと、視野が狭くなりがちです。
友人であれば気にならない小さなことも彼にはイライラしてしまったりしますよね。
ですがそこは、彼にとってこれからも良い彼女でいるために小さなことであれば流す能力を身につけてしまいましょう。
自分の考え方ひとつで、イライラする時間を少なくすることは可能ですよね。
イライラ時間を減らし、自分が楽しいと思う時間を増やしたほうがよっぽど有意義な人生になります。

人生の勉強だと思って大きな心で接する

彼が年上であろうと年下であろうと心がまだ少年のような男性は多くいます。
彼女にワガママだって言いますし甘えたりもするでしょう。
そして、時には理不尽な言葉であなたを傷つけてしまうこともあるかもしれません。
彼も人間ですから当然のことと言えますよね。
イライラしてしまうこともあるかもしれませんが、とにかく勉強になり自分の経験になりますから、イライラしてどうしようもない時こそ人生の勉強だと思い大きな心で接してみてください。
思いもよらない新しい自分が見えてくるきっかけとなるかもしれません。

いかがでしたでしょうか。

上記のことがすんなりできてしまえば苦労しませんよね。
ただイライラしている時間が長ければ長いほど、楽しい時間を逃していることになりとてももったいないのは間違いありません。
だったら鼻息荒く自分ですぐにはできない他人(彼)を変えようとするより自分の考えや行動を変えてしまった方がストレスも少なく楽に生きることができまた自分の成長にもなるのではないでしょうか。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 野菜と果物
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…
  2. 子供の頃、家族で潮干狩りに行って、めちゃくちゃ楽しかった!という記憶がある方も多いはず。 お子さん…
  3. 特にこれから結婚などで新居にお住いを考え中の女性は、「幸せになりたい」と思う方が自然でしょう。ですか…
  4. 連休は家でゆっくり過ごしたい
    旅行や帰省、行楽地へ出かける人たちで、ゴールデンウィークは各地で混雑しています。人混みが苦手な方や、…
  5. 手ぬぐい
    一枚持つと、普通のハンカチでは物足りなくなる「手ぬぐい」。 使うほどに手触りも吸水量もよくなるし、…
  6. 「日本は世界で一番の借金国」「日本の国民は一人当たり800万円の借金を背負っている」という表現を聞い…
  7. アレクサはすっきりスマートで、ジャケットやレトロ感のあるワンピースが好きなようで、よく着ていますよね…
  8. トースト
    ○少しのアレンジで大変身! 朝食やブランチなどで食べることが多いトースト。玉子とベーコンを焼いてサ…
  9. 20代女子に観てもらいたい映画第三弾です その3 「プラダを着た悪魔」 2006年…
  10. 群馬県前橋市にある赤城クローネンベルクは、赤城山麓を背景にドイツの街並みを再現した体験型テーマパーク…

カテゴリー

ページ上部へ戻る