おとなの女性のための「シャツ」の着こなし方

  • 2015/9/7

オーソドックスな白いシャツ。洗いざらしの清潔感あふれる雰囲気は、いつの時代でも、どの年代の方にも似合う定番ファッションといえるでしょう。
 ですが、襟のある服は苦手。シンプルなコーディネートになりすぎると、敬遠される方が多いのも、わからなくはありません。
 「Tシャツ」や「カットソー」とくらべると、着心地もあまり良くないですし、プレスしたりお手入れも何かと面倒。だから、ついつい引き出しの奥深くに仕舞われたきりになってしまう気持ちはよくわかります。
 ところが、誰でも一枚は持っている「ありきたり」なアイテムだからこそ、「センス」や「自分らしさ」が追求できるのではないでしょうか。
 今回は、おとなの女性のためのシャツの着こなし方を伝授しましょう。

 ひとくくりに「シャツ」といっても、素材もデザインもさまざま。
 年末高齢のオーケストラ「第九」を見ると、合唱する女性たちは、一概に白いシャツと黒のロング・スカート姿です。けれども、目を凝らすと、丸襟であったり、軽くステッチが入っていたり、光沢がある素材や、袖や胸元が嫌味でない程度に、透き通る生地のシャツの方も。
 どうやら、制服のように「おそろい」ではなく、おのおのが、みずからに似合うものをチョイスしているようですね。
 骨格や肌質によっても、選び方は変わってきますが、まずは「これだ」とおもう一枚を探してください。はじめの一枚は、「好き」なものでかまいません。
 そして、お手持ちのジーンズと合わせてみます。このとき、「襟の大きさ」や、「ボタンをいくつはずす」か、「袖口を折るか」といったことを姿見の前で確認します。
 次に、洗濯をしてアイロンをかけてください。すると、シャツの立体構造がよくわかります。クリーニングから返ってきたときのような「いかにも」という風合いではなく、エスプリがきいたおとなの着こなしには、少しだけクシャクシャ感が残っているくらいが自然です。
 ただ、抜け道として、アイロンをかける時間がない方は、洗濯をするときに、ごく少量の「糊」を加えると、アイロンいらずで手間がかかりません。

 ある程度、自分に似合うシャツの傾向がつかめてくると、「ファスト・ファッションブランド」と、「老舗メーカー」の出しているシャツを一枚ずつ試してみます。
 すると、同じようにみえるデザインでも、生地や縫製がことなるだけで、着心地がちがうことに気がつきますよ。
 すべてを高級品でそろえるのは難しいですが、時間と手間をかかて作られている、服の持っている「格調高さ」を肌で感じることができますから。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 焼きそば
    これからの大型連休、もうご予定はたてましたか?旅行に行かれる方も多いと思います。 今回は旅先で手軽…
  2. San Francisco
    日本を離れて海外に住みたい女性が増えているという現実を皆さんはご存知でしょうか?「サンフランシスコの…
  3. 花火大会
    花火といえば、夏の風物詩ですよね。 でも実は、秋だって花火大会を楽しむことができるんです。 …
  4. 日焼け止めを塗る
    冬が終わり、春から夏にかけてだんだんと気温が高くなってきますね。気温が上がると同時に強くなってくるの…
  5. 脱毛
    カミソリで剃ったり抜いたりしても不満なのでエステ脱毛を考えました。 しかしインターネットを検索して…
  6. UV対策
    「UVケア」と聞くと、お顔や肌の日焼け止めをイメージされるかもしれませんが、実は頭皮や髪の毛はお肌の…
  7. 東京のど真ん中を南北に流れる一級河川、隅田川にはユニークで美しい橋が数多く架けられています。 …
  8. 極上お宿プラン
    彼氏、彼女と長期連休には泊まってどこかに行きたいですよね?年始から数えて初めての長期連休は大概ゴール…
  9. 美容家のIKKOさん、綺麗ですよね~。 なんといっても、美に対するあの情熱と、あの努力!こころから尊…
  10. 20代半ばに入ると、同棲するという選択肢を持つカップルは半数以上になると思います。ですが同棲するにあ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る