美術館・博物館に行きましょう

  • 2015/9/24
美術品

予定のない休日。どこかに遊びに行こう、と思いたつと、どこを選びますか。映画館、緑がゆたかな場所。劇場、ショッピング。さまざまな選択肢があります。 

ただ、本心をいえば、できるだけ安くて、手軽なところが良いのが正直な答えでしょうか。それなら、近隣の「美術館」に足を運んでみませんか。

一見、「美術館」や「博物館」は、高尚で敷居が高そうと感じるかもしれません。しかし、チケットも企画展で一〇〇〇円前後、常設展示だけなら四〇〇円ほどで入館できます。映画を観るとなると一八〇〇円。芝居やコンサートなら三〇〇〇円は下らないはず。

なので、ガラス・ケース越しや、パテーションで遮られているとはいえ、本物の作品を間近で拝めるのは、ありがたいこと。

歴史に残る大作や、国宝、また、有名作家の展示が、お目当てならば事前に下調べをしてから行くのが賢明でしょう。

けれども、地元の市立博物館や、県立美術館では、年に数度の大型催事だけではなく、その館が所有している作品を紹介する「常設展」が開かれています。一見、地味におもえますが、知る人ぞ、知る名作を拝見できるチャンスなのです。

最近、美術品コレクターたちの高齢化がすすみ、地元の美術館や博物館が買い取ったり、寄贈されることが増えてきました。

身も蓋もない話ですが、高価なアートを所有していると、相続するときに「税金」がかかるのです。それは、美術品の価値があがれば、あがるほど比例して高くなります。というわけで、仕方なく手放す方も多いのだとか。それに、美術品は、手入れや保管が難しいもの。中でも日本画は、色が抜けやすく、とくに手入れが難しいのは有名な話でしょう。だから、所有主が亡くなると、おのずと近隣のミュージアムが引き受けるのです。だから、わざわざ、遠くまで行かなくても、「これは」と目を見張るような作品を観賞できるかもしれませんよ。
 
最後に筆者が、地元のミュージアムで、遭遇したエピソードを紹介しましょう。

その日、観賞し終わって展示室を出ようとしたときのことです。新聞社の腕章をつけた記者が、年配の女性にインタビューしていました。銀狐のコートをひるがえしながら彼女は、こう答えていました。

「わたしは、ショウトーに住んでいるから、なかなか、こういう、地方のあまり名が知られていない作品にはお目にかかれなくて。ほら、大物なら、トーハクにも来るけれど、無名の小品を観るためには、色々乗り継いで来なければいけないのよね。面倒だけど」

「ショウトー」が首都の一等地である、「松涛」のことで、「トーハク」は「東京国立近代美術館」をさしていると、気がついたのは、だいぶ後のことです。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 春の夜
    だんだん暖かくなってきて、いろんな物事が動き出す、そんな春の夜に。なんだかウキウキするようなこんな季…
  2. 瀬戸内海に浮かぶ小さな島「直島」をご存知でしょうか。香川県の北に位置するこの島は、現代アートの島とし…
  3. リフレクソロジー
    仕事や子育てなどで、心身ともにすりへってきたな~と感じている方は多いと思います。 そんな時、旅…
  4. UV対策
    「UVケア」と聞くと、お顔や肌の日焼け止めをイメージされるかもしれませんが、実は頭皮や髪の毛はお肌の…
  5. 20代半ばに入ると、同棲するという選択肢を持つカップルは半数以上になると思います。ですが同棲するにあ…
  6. ファミレス
    老若男女問わず利用する安価でおいしいと評判の「ファミリー・レストラン」通称「ファミレス」は私たちの便…
  7. 外出先で、かわいい子犬や子猫を見かけたり、犬をお散歩している人を見ると、ペットを飼ってみようかな………
  8. ゴールデンウィーク
    ウキウキ・わくわくするのが長期連休ですよね?特に社会人になるとなかなか長期でお休みなんてのは、少ない…
  9. いつの時代も男性にモテモテな清楚系女子。でも女子にありがちなのが清楚なのと暗いのを一緒にしてしまうこ…
  10. 口紅
    デパートのコスメ・ティックカウンターに新色のルージュが並びはじめると、それだけで季節のうつりかわりを…

カテゴリー

ページ上部へ戻る