卵をいれるだけで!?スティック型玉子焼き器

  • 2016/5/2
玉子焼き

“玉子焼き”、というとお弁当や朝ごはんの定番ですね。でも、忙しい朝、何度もひっくり返して焼き加減を見ながら作るのは結構大変です。ところが最近、油と卵をいれれば勝手に玉子焼きが出来あがる、“スティック型の卵焼き器”が登場しているようです!

【スティック型玉子焼き器のしくみ】
●油・具材(卵など)を器械に投入
●竹串をさす(こうするとフランクフルトみたいになるので、食べやすい)
●焼きあがると自動でポップアップしてくる

垂直に調理する、「垂直技術調理」によって、熱が均等に伝わることから、スティック型にきれいに出来上がるそうです。

【卵焼き以外でもこんなものが作れる!】
どうやら、ノーマルな玉子焼きだけしか作れない…なんてことはないようです。たとえば、卵と一緒にベーコンやウインナーを入れれば、ベーコンエッグ・ウインナーエッグが手軽に楽しめます。刻んだ野菜と一緒に入れて、野菜オムレツを楽しんでもいいですし、ピザソースとチーズを入れれば、ピザロールになります。また、パンをあらかじめ、卵と牛乳に浸しておけば…そう、フレンチトーストも簡単に出来ちゃいます。さらに、ホットケーキミックスとチョコレートなどでスティック状のケーキも完成☆これ一つあれば、おかずからおやつまで作れちゃうみたいです。

【スティック型卵焼き器のいいところ】
まずはやっぱり、時短効果です!忙しい朝も、他のことをしている間に、ごはんやお弁当のおかずが一品出来あがる…これはありがたい!スティック状なので、切っても均等な大きさになります。だから毎日のお弁当で、卵焼きでどのくらいスペースが埋まるかな…なんてことも考えやすいし、切ったときにコロンとして、お弁当に入れてもかわいく見えそうです。しかも調理方法は、ほとんど具を入れるだけで終わり。だからとても手軽だし、手間がいりませんよね。

また、出来上がると、ポップアップしてくる楽しさもあります。例えば、ホームパーティなどで人がたくさん集まるときにも、これがあれば盛り上がること間違いなし!なんといっても、小さいお子さんに喜んでもらえそう。竹串を指しておけば、“ちょっとつまむ感覚”で食べられるので、わいわい食べる、気取らないパーティにぴったりです。その点でも手軽ですね♪レシピも、アイデア次第で、いろんなものが作れる可能性があります!だから、自分だけのレシピを生み出すチャンスも☆

スティック型卵焼き器はいろんなメーカーから販売されています。値段は、定価で3000円から15000円と結構幅広いようです。また、類似品で、うまく作動しないものもあるようなので、ご購入の際はお気をつけてお選びください。

簡単3ステップで卵焼き
商品は大体このようなボトル型
(出典:http://item.rakuten.co.jp/your-shop/10034920/?s-id=review_PC_il_item_03

エッグマスター
(出典:http://genesis-shop.closed.jp/item/?no=1516

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. AB型
    血液型によって性格が違うこと知っていましたか? 今回は【AB型人間血液型説明書】のご紹介を致します…
  2. ダイエット中はとにかく甘いモノが食べたくなるものです。 とくにチョコレートが好きな方はどうしてもや…
  3. ジェルネイル
    ネイルといえば、最近ではジェルネイルが定番となりつつあります。 ネイルサロンはもちろん、セルフネイ…
  4. 朝起きて、今日も仕事だ~と気分がのらなかったり、友達や恋人、家族の問題であたまを悩ませていたり。社会…
  5. 女性で自営業者の方が仕事運をさらにUPしたいと思ったり、家事に携わる女性が縁起のいい家具が欲しいと思…
  6. サロン専売の本格的な炭酸パックが手軽に始められるのはご存知ですか? ・化粧のノリが悪い ・お…
  7. 結婚
    どんな願いもかないます?! 日本の神さまとパワースポット ―そろそろ結婚を考えたい。 ―今つ…
  8. 年間平均で、115日が雨といわれる雨降り日本。 なかでも梅雨の時期の憂鬱。気が滅入る日もあるけれど…
  9. 香水
    いい香りは自分の気持ちを幸福にさせ周囲の人をも魅了する力があります。 香水の世界を楽しみましょう!…
  10. ウェディングドレス
    結婚式の主役と言えば、ずばり花嫁さんですよね! 一生に一度の晴れ舞台、憧れていた真っ白なウェディン…

カテゴリー

ページ上部へ戻る