薄着の時期必見!!体型カバーのスタイリング法

  • 2016/7/4
体型カバー

ちいさい胸、ぽっこりお腹、くびれのない胴回り、垂れ広がったお尻、太い足…女性の悩みはつきないですよね。
頑張ってダイエットやエクササイズで手に入れたいものですが、急激な減量や筋トレはリバウンドやケガの原因にもなります。
でも、隠したい!よく見せたい!そう思うのは女性なら当たり前ですよね。
ここではコンプレックスをカバーして、魅力的な体型の見せるコツをお教えします。

例えば、小さい胸。
これは私の悩みでもあるのですが、
小さい胸を大きく見せるにはいろいろな方法があります。
世の中にはバストアップしながら今すぐ胸を大きく見せる便利なアイテムがいっぱいあるんですよ。

まずはヌーブラ!
小さい胸を大きく見せるパットはいろいろありますが、ブラなかだけ大きく見せても、ブラからはみ出るお肉や谷間がなければどうしても不自然な印象になってしまいます。
ヌーブラであれば、寄せてあげるので谷間はもちろん、盛り上がったお肉もしっかり作ることが可能です。
コツとしてはきちんとサイズに合ったブラ、もしくは1サイズ小さいブラをつけること。
ヌーブラと普通のブラジャーとの隙間を作らないことです。

そして、これでもまだ足りない…という方には、「肩硬骨ベルト」がおすすめです。
これには、ブラからはみ出たお肉をしっかり集めて見せる効果と、背筋をよくする効果があります。
これにより常に胸をはった状態の為、つんと上向きのバストをつくるだけでなく、背中がまっすぐになるので後ろ姿美人の効果も図れます。
これにより魅力的なバストを作ったうえで、つぎにお洋服の選び方です。

胸にコンプレックスがあると、やはり選びがちなのが胸の膨らみをごまかすようなゆとりのあるお洋服を着られる方が多いと思います。
それでは逆に、胸がないのをアピールしているように感じませんか?
お洋服選びのコツは、コンプレックスがあるとこを盛り、その付近をあえてスッキリと見せることです。
胸であれば、谷間がギリギリ見えないぐらいの胸元の空いたもので、バストトップにフリルやビジューなど、装飾でボリュームを出します。そして、体にフィットするラインでウエストの細さを強調します。

これだけで、びっくりするぐらい自然に胸が大きく見せることができますよ。
いや、でもお腹はぽっこり、くびれなんてありまへん…という方。
その方は高い位置にベルトを巻いてみてください。

下っ腹に自信のない方は裾広がりのトップスでカバーします。
これにより、バストに目線を集中させ、ウエストでキュッと引き締め、下っ腹は流してごまかす…という目の錯覚により、メリハリボディを作ることが可能になるのです。
お尻の気になる方はお尻の下のあたりまでゆるやかにカバーできるトップスを選び、あえて足は露出します。
お尻にボリュームを与えることにより、足はスッキリ、細く見せることができますよ。

太ももに自信のない方はお尻ではなく、太ももの一番太い部分までをギリギリカバーできるものをチョイス。
その時、太ももが下に向けて細くなっている部分は必ず露出してくださいね。
足全体が太い方は露出した足は黒のタイツでカバー。

足首が太い方はヒールを履いて、無理やりくびれを作りましょう。
このように、悩みに合わせてカバー+その周りを引き締めてみせることで、どんな悩みもクリアできちゃうんです。
お尻が大きい、足が太いからとゆとりのあるマキシ丈のワンピースばかり着ているアナタ(かつて私がそうだった)
それでは細いところまで、全部一番太いところのサイズに見えてしまいますよ。

この夏はぜひ自信をもって部分露出。
お悩みなしのメリハリボディを見せてくださいね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 女性で自営業者の方が仕事運をさらにUPしたいと思ったり、家事に携わる女性が縁起のいい家具が欲しいと思…
  2. 特にこれから結婚などで新居にお住いを考え中の女性は、「幸せになりたい」と思う方が自然でしょう。ですか…
  3. 春の夜
    だんだん暖かくなってきて、いろんな物事が動き出す、そんな春の夜に。なんだかウキウキするようなこんな季…
  4. UV対策
    「UVケア」と聞くと、お顔や肌の日焼け止めをイメージされるかもしれませんが、実は頭皮や髪の毛はお肌の…
  5. 脱毛
    私は一般的に毛深いほうなので脱毛は欠かせません。今回PMKを選んだのは少し高くても上質なサービスを受…
  6. 職場にお弁当を持ってくる男性も多くなりましたので、女性がお弁当を作っていないだけで見下された経験はあ…
  7. 中禅寺湖
    残念ながら、2016年のゴールデンウィークはカレンダー通りに休むと、最大3連休しかありません。大きく…
  8. 入浴剤
    毎日の入浴を少しでも楽しい時間にするためにお気に入りの入浴剤を使うのは、心躍りますよね!! 今回は…
  9. ワンシーズンかぎりで履きつぶす、遊び心まんさいの流行の靴は素敵です。  けれど、おとなの女性なら、…
  10. 炭酸水
    炭酸水でキレイになれちゃう美容方法知ってますか? やり方は「飲むだけ」。 こんな簡単な方…

カテゴリー

ページ上部へ戻る