初心者さんのタメの脱毛のススメ

  • 2016/8/8

夏も本番、より一層露出の多い時期となりましたね。男性は女性の薄着に色々な思いを抱いている反面、女性をみてこう思ったことはありませんか?「あ、毛が生えている」と。 
そうです。露出の多い季節の女性最大の悩み、それは「ムダ毛処理」です。

処理頻度は人によって様々ですが、毛の濃い方であれば毎日、そして水着になる前日の闘い。男性が想像する以上に、女性はムダ毛に気を使っています。そして出勤時やデート時、友人との約束時にムダ毛のそり忘れを見つけた時の何とも言えないもどかしさと悲しさ…経験ある方も多いのではないでしょうか。

普段からムダ毛との闘いを繰り広げている女性は、ムダ毛処理の際にカミソリや毛抜き、脱毛クリームを使うことも多いでしょう。しかし、方法によっては肌を傷付け痕が残ることや乾燥の原因につながります。そこで思い浮かぶのは¨脱毛¨。しかし、正直なところ「サロンがいっぱいあってどれがいいのかよくわからない」「肌への負担はどうなの」等疑問も多いはず。そんな悩みを、筆者の体験と医学的な目線も入れてお答えします。

まず私の肌質と以前の脱毛ケアについて紹介します。肌質は乾燥肌。毛は濃くないもののすぐに生えてくるため、毎日カミソリを使用していました。カミソリを使用したところは乾燥で保湿クリームを塗りたくる毎日。また、埋もれ毛もあっため毛抜きを使い、結果肌が傷つくという負のスパイラルに陥っていました。脱毛に関しては「肌が弱いし心配…」と謙遜していた頃もあります。このような経験をしている女性は多いのではないでしょうか?

そんな私は今、脱毛に通っています。なぜ脱毛を始めたのか、それは下記のメリットがあるからでした。

☆自己処理と脱毛サロン」肌への負担は総合的にみてサロンの方が少ない

「脱毛は皮膚に負担をかけるからやらない」という方もいるのではないでしょうか。確かに、脱毛種類に関わらす皮膚に刺激を与えますし、人によっては赤みがでる方もいます。
そこでカミソリと脱毛を比べてみましょう。毎日もしくはそれに近い頻度でカミソリを使うことは、使う度に皮膚に刺激を与え肌のバリアである角質層をそぎ取ります。角質層がとれるということは、皮膚のバリア機能が落ちるということ。夏の紫外線の影響もあり、乾燥も更に進みます。
それに対し脱毛は、1回で毛根に刺激を与えます。脱毛に通い始めの時は自己処理の頻度は多いですが、月1回程度のサロン通いで毛がだんだんと毛量が少なくなることで自己処理の頻度が減り、結果的に肌のバリア機能である角質層を守ることとなり、乾燥や肌への負担を防ぎます。(各社脱毛器により仕組みや脱毛頻度は違います)もちろん、毛の濃さや量により結果や脱毛回数に個人差はあります。しかし、現在進行形で脱毛をしている私はカミソリの使用頻度が劇的に少なくなりましたし、その結果皮膚の乾燥やカミソリの切り傷もなくなりました。乾燥の季節ですし脱毛の負担から守るために毎日の保湿は欠かしませんが、毎日の保湿はムダ毛処理に関わらず大切ですね。

☆いざ脱毛へ!でも不安が…

そんな私ですが不安な点もありました。不安があってもいいのです。だからこそ、脱毛サロンのスタッフととことん相談し、一番親身に相談にのり対応してくれるサロンを選ぶことが大切です。そうすることで、より一層楽しい脱毛ライフを送ることができるでしょう。
脱毛は料金もかかります。しかし私は、毎日のケアと今後のケア、そして肌への負担を考えて脱毛にチャレンジしてよかったです。
まだまだ夏も続きます。今後のために、素敵な脱毛ライフを検討してみてもいいのではないでしょうか。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. バーベキュー
    さぁ、バーベキューをするのに絶好の季節が近づいてまいりました!今年も仲間と本格的に楽しみたいという方…
  2. 部屋の模様替えなどをする時、インテリアのバランスなどを気にする女性の方もいらっしゃるでしょう。しかし…
  3. 冷凍技術の進化のおかげで最近の冷凍食品のクオリティはますます上がっています。 これを上手く活用しな…
  4. コーヒー
    子供の頃、三時のおやつと聞けばおなかが空いていなくてもつい嬉しくなっちゃいましたよね。大人になって、…
  5. 猫の何気ない仕草や表情の一つ一つに猫の気持ちが詰まっています。それを理解してあげることが猫との関係を…
  6. サプリメント
    手軽に必要な栄養素を取り入れることができるサプリメント。興味はあるけど、何を飲んだら良いのかわからな…
  7. 嫌われる女性
    皆さんは今気になっている男性はいらっしゃいますか? そして、その男性とそろそろデートする、もし…
  8. 保湿・保水
    20代に比べて、30代になると肌は乾燥しがちになり肌のターンオーバーも遅くなっていきます。20代の頃…
  9. 20代では真剣に考えないのが、生命保険や医療保険だと思います。 確かに入院するような病気もしないで…
  10. 女子会 お店
    恋も仕事もソツなくこなす東京のオトナ女子が集まる場所には、質の高い料理と美味しいお酒が必要不可欠です…

カテゴリー

ページ上部へ戻る