イギリスで充実の美術館めぐり

  • 2016/10/26

イギリスには大英博物館を始め美術館がたくさんあります。美術館というと絵画などが中心だと思いがちですが、いわゆる「博物館」的な美術館も多く「museum」としてひとつの単語になってしまいがちですが、歴史や近代アートなども含めて「museum」として考えるといいかもません。

イギリスの美術館、博物館はその多くに飲食施設が併設されています。軽いカフェからしっかりとした食事まで様々なものが入っているので、1週間前後滞在するならその1日をミュージアムめぐりに費やしても有用なロンドンの旅ができるといえます。

ミュージアムでアーティストたちが演奏やその場での即興で造形や絵画、似顔絵なども書いてくれたりすることも多く、ちょっとしたアミューズメントパークと化している部分もあります。

大英博物館は幾度かの改装や改築が施され、カフェテラス空間そのものが芸術作品となっています。
多くの観光客の待ち合わせ場所にもなるほどメジャーなスポットでもありますが、一度は押さえておきたい部分でもあります。

【夏の夜はハイドパークへ!】

良いリスは夏の夜が長く、9時過ぎでもまだ明るいことも珍しくありません。ハイドパークを少し出て「ロイヤル・アルバート・ホール」はホール自体がホットケーキのような形でとてもかわいらしい存在です。

ここではBBC(イギリス国営放送)が夏場はクラシックの音楽祭を開催しています。当日券は当日並んだ人しか購入できないスタイルですが、このホールでのクラシックは一見の価値ありです。
日本ではホールでのクラシックコンサートは指定席に座ってきちんとしたドレスコードで、というイメージがありますが、ロイヤル・アルバート・ホールのプロム音楽祭は一味違います。

アリーナ席では立ったり座ったり、思い思いにクラシックを楽しみ、音楽を楽しむ姿を見ることができます。
当日券は購入できない場合もありますが、開演1時間前でもチケットが入手できることもあるので一度並んでみる価値は大いにあります。

クラシックはあまり得意じゃない人でも楽しめる演目や、ハイドパークやミュージアムでの雑貨観覧なども含めて夏のイギリスの夜は楽しさがぎっしり詰まっています。
ミュージアムショップも充実しているので、1日をミュージアムめぐりに費やしても充実した一日になると思います。

日本では体験できないクラシックと、人の流れ、空気の流れをぜひ楽しんでください。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. ○とろける食感はまさに夢心地! 皆さんアイスは好きですか? 今では1年中食べますが、やっぱり陽気…
  2. 雑炊
    夜食として、あるいは、鍋のあとに、「雑炊」は手早く作れてその上、ヘルシーなのが嬉しいですね。すぐに小…
  3. ノースサファリサッポロは北海道札幌市内にあるサファリパークです。「動物との触れ合い」をテーマにしてお…
  4. 背の高いあなたにオススメのファッション
    近頃の女子は平均身長が伸びて、スタイルもよくなったと言われますが、まだまだ167cmオーバーの女性は…
  5. 英語学習
    ここ何年かでグローバル化が進んできた日本、英語が活躍してきているのが手に取るようにわかります。さらに…
  6. 最近、話題の甘味料ですね。 シロップ・スイーツ・たれ・ヨーグルトなど、希少糖入り商品は続々と発売さ…
  7. マスカラを塗っている女性
    綺麗になりたい、可愛くなりたい、おしゃれになりたい。メイクはそんな女子の願いを叶えてくれる魔法です!…
  8. Suica
    もちろん、駅でsuicaの発売機やチャージ用機器が設置してあるところではできますよ。 ~~ 注…
  9. 年間平均で、115日が雨といわれる雨降り日本。 なかでも梅雨の時期の憂鬱。気が滅入る日もあるけれど…
  10. 日々のストレスなどで自律神経を壊す人が増えています。特に女性心身のバランスをくずしやすいもの・・・今…

カテゴリー

ページ上部へ戻る