一度は見てみてみたい!バッキンガム宮殿

  • 2017/6/1

バッキンガム宮殿を訪れるには季節を絞ることでより楽しめるようになります。バッギンガム宮殿はエリザベス女王が執務をおこなう場所でもあり、普段は内部までの一般効果は行われておらず、宮殿内の庭園などを見て散策を楽しむことがメインになっています。

最近ではエリザベス女王が夏の2か月間をスコットランドで休養する期間は公式広間が一般開放されるようになりました。
キューガーデンズを含め、夏のロンドンは一般公開が増えるのでロンドンに行くなら夏を狙ってみるのもお勧めです。

バッキンガム宮殿名物の近衛兵の交代も、冬は隔日でしか見れないことが多いのですが、夏はほぼ観光客の為にもあり毎日見ることができます。

<宮殿に入りたい場合はチケットの予約を>

内部公開に合わせてロンドンを目指すならば1週間前に予約をしておくことがお勧めになります。
旅行会社などのロンドンツアープランには夏期間のみ、この応急観覧コースなどもあることも。
旅行会社のHPに乗っていることなどもあるので、出発前にチケットが欲しい旨を伝えておくことで内部に入れるチャンスがぐっと近づきます。

<宮殿内部は撮影NG>

一眼レフのデジカメなどは宮殿内に入るときにビニール袋などに入れるように指定されます。最近ではスマートフォンの音けしなどで無断撮影もありま
すが、禁止行為はNGです。

【クイーンズギャラリーでロイヤルコレクションを見学】

クイーンズギャラリーには王国ゆかりのドレスなどもかざられており、歴史を見ることはできます。展示品はこまめなサイクルで変わるのでいつ行っても楽しめるのも嬉しいポイントです。
中には学生時代に教科書で見た絵などもあり、実物を見て驚く人も少なくありません。

また、クイーンズギャラリーやロイヤルミューではお土産も豊富です。可愛いクラウンハットの飾りや王侯貴族の使用したバスグッズの販売、アクセサリーなども豊富なので買い物目的に来る観光客も多いほどです。

夏季公開中は屋台などのカフェも多くあり、英国式カプチーノやサンドウィッチを食べながら夏の庭園を眺めるのもお勧めです。

夏のロンドンは夜9時でも明るいことが多く、バッキンガム宮殿やキューガーデンズ、ハイドパークなどをゆっくりと回ってホテルに着いたのは深夜ということも珍しくはありません。
日が長いことで時間を忘れてしまうこともおおいので、終電などのチェックはしっかりとしておきましょう。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 焼きそば
    これからの大型連休、もうご予定はたてましたか?旅行に行かれる方も多いと思います。 今回は旅先で手軽…
  2. 玉子焼き
    “玉子焼き”、というとお弁当や朝ごはんの定番ですね。でも、忙しい朝、何度もひっくり返して焼き加減を見…
  3. 2015年の流行です。 トレンドのキーワードを5つピックアップしてみました。 【その1 昆虫…
  4. お付き合いも長くなると、彼が近くにいることに慣れてしまってなかなか危機感を感じることが出来ず、相手を…
  5. 「日本は世界で一番の借金国」「日本の国民は一人当たり800万円の借金を背負っている」という表現を聞い…
  6. 女性であれば一度はダイエットをしてみた人は少なくないと思います。今は様々なダイエット法がありますよね…
  7. 富山市ファミリーパークは、富山県富山市にある動物園です。呉羽丘陵の里山を生かした園になっており、飼育…
  8. 女子会の旅行
    2015年は6年ぶりのシルバーウィークのある年です!これを逃すと9月の大型連休は2026年までないそ…
  9. 保湿・保水
    20代に比べて、30代になると肌は乾燥しがちになり肌のターンオーバーも遅くなっていきます。20代の頃…
  10. やはり、彼氏ができたら自分の手料理を食べてもらいたい!という願望を女性は持ちますよね!でも、実際肉じ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る