泣くのが1番!泣いて失恋ストレスを軽減!!

  • 2017/3/15

あなたは失恋をした時にどういった方法で自分を癒しますか?いろいろなやり方がありますが、1番いいのはやっぱり泣くことです。
泣くことは効率的に失恋のストレスを発散することが出来ますが、涙なら何でもいいわけではありません。今回は効率的に泣く方法をお教えしますね。

1. どうして泣くのが失恋にいいの?
感情的に流す涙には、「プロラクチン」や「コルチゾール」といったストレス物質が含まれていて、このストレス物質の排出によりストレスが軽減されるといわれています。
それに涙には「エンドルフィン」といわれる、脳内をマヒさせる物質もあるので失恋の痛手を健康的に癒してくれるんですよ。
ちなみにこれらの物質は感情的な涙にのみ含まれているので、演技などの機械的な涙だとダメなんです。

2. 泣くのを我慢するのはストレスに悪い
特に失恋などの強いストレスは、きちんと泣くことで軽減させることがとっても大切。では泣くのを我慢するとどうなるんでしょうか?
まず上記で説明したような恩恵を受けることが出来なくなります。それに泣くのを我慢するということは、感情を押し込めることになるのでさらなるストレスをため込むことになります。
それに泣くのを我慢することを続けると、癖となり泣くこと自体が難しくなってしまうんです。こういった事態を避けるためには、失恋のような悲しいことがあったときはしっかりと泣くという条件反射を身に着けておく必要があります。

3. 失恋の時に泣く便利な方法
ではどうやったら感情的に泣くことが出来るんでしょうか?以下におすすめの方法を書いておきます。

・ 失恋を題材にした感動映画を鑑賞する
自分の状況と似た感動映画を観ることは、効率的に泣くうえでとってもおすすめの方法です。特に失恋ものは女性目線で書かれているものが多く、探すのも男性向けに比べてラクです。
レンタルして観るもよし!実際に映画館に行くのもよし!自分に合った方法で失恋を癒しましょう。

・ 失恋ストーリーの本を読んでみる
映画では俳優さんの顔がちらついて集中できない!そんな人には視覚的に邪魔が入らない読書をすることをおすすめします。
本は映画に比べてより細かく登場人物の内情を表現していることが多く、視覚的情報もないため集中しやすいといえますね。

・ 失恋ブログに参加してみる
失恋をした女性の中には失恋をしたことを報告する人がいて、そういった人のブログに参加するのも効率的に泣く方法と言えます。
当然ながら同じ失恋をした者同士なら分かり合えることも多く、安心して感情のまま泣くことが可能です。やり方もコメントをしたりする程度でも交流が可能なので、気軽と言えますね。ぜひ失恋ブログで検索してみてください。

失恋は大きなストレスに見舞われる出来事です。でもそのストレスを持ち越すのは危険。頑張りすぎるのもよくありませんが、しっかりと泣くことでストレスを軽減して明日からもあなたらしくいきましょう。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. LCCとはローコストキャリアーのこと、コストをギリギリまで落として格安なフライトを提供する航空会社の…
  2. パワースポット
    女性から見た男性が描く、「恋愛運」をアップさせるパワースポットであなたの恋愛運も飛躍的に上がる!かも…
  3. 日焼け対策
    日焼け対策していますか? 日焼け対策は「正しい」日焼け止めの選び方がポイントなんですよ。 あなた…
  4. ダイエットや健康に気を付けてエクササイズをするのはオススメですが、毎日1時間も2時間もかけてすること…
  5. 連休は青春18きっぷでゆったり鉄道旅なんていかがでしょう?青春18きっぷは学生の貧乏旅行の味方、とい…
  6. 2015年の春夏の流行のキーワードはエフォートレスだそうです。 英語ではeffortless。 …
  7. 洋服を選ぶ女性
    自分のファッションを振り返ってみて「なんだか変わり映えしないな・・・。」なんて感じたりしていませんか…
  8. 結婚
    もう長くお付き合いをしていてそろそろハッキリと結果を出したい。 彼がその気でなくてダラダラと同…
  9. なりたい職業
    皆さんは、小さな頃どんな職業になりたいと言っていましたか? 身近にはあまりいないような、ドラマや漫…
  10. 背の高いあなたにオススメのファッション
    近頃の女子は平均身長が伸びて、スタイルもよくなったと言われますが、まだまだ167cmオーバーの女性は…

カテゴリー

ページ上部へ戻る