よくわからない日本経済 円安は本当にお得?

  • 2015/6/11

円高に苦しんできた日本経済が、最近の円安でちょっと元気になってきたようですが、ふつうに暮らしていると、景気回復の実感はあまりありませんよね。

本当に円安ってお得なんでしょうか?

【円安とは?】

そもそも円安は、円が安くなることです。
1ドル80円程度の価値があった円が、2013年の日銀の政策によってどんどん安くなって、2014年末には1ドル120円程度まで安くなりました。

あれ? 80円だったものが120円になったのだから高くなったんじゃないの?
と、思う方もいるかもしれません。
それはその通りです。でも、高くなったのは円ではなく、ドルのほうです。

80円だった1ドルが、120円出さないと買えなくなったわけですから、ドルが値上がりしたのです。
ドルが値上がりしたということは、ドルと比べて円は値下がりしています。
ドル高=円安です。
ドル高=円高になることはないのです。

 

【円安で得する人たち】

円が安くなると、ドルでモノを売っている人たちは売上が増えなくても、それだけで利益が増えます。ドル以外の通貨に対して円が安くなった場合も同じです。

ドル(他の海外の通貨でも)でモノを売っている人たちとは、輸出企業のことです。
輸出企業とは、海外売上高比率が高い企業のことです。
(実際には輸出せず、海外でつくって海外で売るというのが最近の流れです)

例えば、ソニーやトヨタ自動車は海外売上高比率が70%以上、キヤノンやブリヂストンは海外売上高比率が80%以上です。
つまり、これらの企業の日本国内での売上は全体の1/4程度に過ぎないということです。
輸出企業には大企業が多いため、円安になると景気がよくなると言われます。

 

【円安で困るのは……】

では、海外からモノを買っている人たちはどうなのでしょうか。

海外からモノを買って、日本国内で売る場合、円安になると仕入れ価格が上がります。
1ドル=80円の時に100ドルのモノを買うと、8,000円しますが、
1ドル=120円の時に100ドルのモノを買うと、12,000円します。

円安になるだけで、輸入品は値上がりするのです。

「じゃあ、輸入品を買わなければいいや」
と、思ってしまいがちですが、それは非常に難しいことです。

日本は石油、ガスといったエネルギー源から、鉄鉱石、銅といった鉱物資源、小麦や大豆などの食料まで、多くを輸入に頼っています。
牛乳や卵は国産ですが、牛の餌や鶏の餌の多くは輸入されたものであるため、円安になれば、牛乳も卵も値上がりします。

円が安くなればなるほど、モノの値段は上がっていきます
もし1ドル200円になったら、1ドル100円のときの倍の金額を出さないと、同じモノが買えないということになってしまいます。(実際にはそこまで単純ではありませんが)

生活する立場としては、円安はけっこう厄介なものです。
円高で景気が悪くなるのも困りますが、行き過ぎれば円安でも景気が悪くなります。

ほどほどのところでやめておいてほしいですよね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. プールサイドで日焼けする女性
    夏は、海に山に、テーマパークや海外にと、いろんなイベントが目白押しですよね。 強い日差しの中、長時…
  2. 足の美しい女性
    私たち日本人が外国人の女性を見て「足長くていいなぁ」「スタイルよくて羨ましい」という会話をするのは、…
  3. 大流行中のプラセンタ。 みなさんはどのようなものを愛用されていますか? プラセンタと一口に言…
  4. スイーツ
    ○見たら胸きゅん間違いなし! よそのお家にお邪魔する時に手土産を何にしようかと毎回悩みませんか?そ…
  5. 洋服を選ぶ女性
    自分のファッションを振り返ってみて「なんだか変わり映えしないな・・・。」なんて感じたりしていませんか…
  6. 富士急ハイランドは、山梨県富士吉田にある遊園地です。絶叫系アトラクションが多いですが、子ども向けのア…
  7. 脱毛体験
    私が銀座カラーで脱毛を申し込もうと思った理由は、初回限定コースにひじ下&ひざ下コースがあったからです…
  8. 結婚
    もう長くお付き合いをしていてそろそろハッキリと結果を出したい。 彼がその気でなくてダラダラと同…
  9. アロマオイル、よく聞くけれどなかなか手を出すことのできない私。 というのも、種類が多すぎてどれを使…
  10. 春夏定番服
    春夏に大活躍のブランド、アイテムは色々ありますが、その中でもシンプルかつ気軽に日々のコーデのベースに…

カテゴリー

ページ上部へ戻る