「怒ったら嫌われる?」彼へ怒れない女子向け!彼に上手に怒る方法

  • 2015/6/23

彼に怒りたいのに怒れないという気持ちを抱えていませんか。「怒ったら嫌われる」「怒ったら彼との関係を壊してしまう」「感情をコントロールできない娘だと思われたくない」などなど、彼に怒ることのできない理由はいろいろありますよね。今回はそれらの理由をふまえて、彼に上手に怒る方法を考えてみましょう。

【1.嫌われたくない】
嫌われたくなくて怒れない。つまり、あなたは彼に我慢しているということです。「自分が正しいのに彼が私の意見を軽んじている」という感情が、彼への怒りの正体です。つまり、あなたは彼に嫌われたくないと思いつつも、彼の方が間違っていると思い続けています。怒ると嫌われると考えているようですが、それは本当でしょうか?もちろん、彼女がヒステリックにまくしたてて非を責めまくるのなら、彼もいい気はしないでしょう。でも、「これはやめてほしい」という彼女の冷静な訴えを聞いて怒り出すとしたら彼のキャパシティーがあまりにも少なすぎますよね。怒っても嫌われません。「怒り方」を間違うと嫌われるのです。

【2.彼との関係を壊しそう】
彼に怒りを感じているとき、あなたは「自分が正しくて彼が間違っている」という考えを持っていると先にふれました。ですが、人間関係でどちらかが100%悪くてどちらかが100%正しいなんてことはめったにありません。あなたが正しいと思っていること、本当にそうなのか、彼に確かめて見ませんか。例えば、「約束の時間に遅刻するなら遅刻しそうとわかった段階でメールなり連絡がほしい」とあなたが考えていて、彼はそれをしないのであなたは怒っていて、でもそれを彼に言うと関係が崩れると思っているとします。彼に確認してみましょう。彼は、たまたま連絡するのを忘れただけかもしれませんし、遅刻した時は駆けつけることに気持ちを集中させるべきで連絡する暇があればその分動くという考え方の持ち主かもしれません。ともかく、彼に確認してみましょう。どちらかが正しくてどちらかが間違っているという問題にしないことです。その上で「遅刻するときは連絡してほしい」という要求を冷静に伝えればよいだけです。

【3.感情をコントロールできないと思われたくない。】

では、怒ることは感情がコントロールできない状態なのでしょうか。確かに、自分の感情に任せて怒りを爆発させる人もいるでしょう。感情をコントロールできないと思われたくなくて怒ることができない人は、おそらくよくない見本を見てしまって怒りというものを勘違いしていると思われます。自分をコントロールしながら怒りを伝えることは可能です。むしろ怒るときはそうした方がお互いのためになります。彼に怒りたいことがあって、感情を爆発させそうで怖いのなら。まずは以下の3点を紙にでも書きだしてみましょう。

・怒りの原因
・どういう気持ちになったか
・どうしてほしいか

自信がなければ最初はメールで彼に伝えます。「この前、皆の前で私のことブスって言ったでしょ。皆は笑ってたけど、私は悲しかった。あの日はいつもよりいっぱいおしゃれしてメイクも頑張ったんだよ。せめて皆の前でブスって言わないで。」あなたのこの投げかけでどういう対応をするのかは彼の方の問題です。

【さいごに】
彼へ怒れない人のために、彼に上手に怒る方法をご紹介しました。怒りはネガティブなものではありません。ネガティブだと思っているあなたがいるだけです。上手に彼に怒りを伝えることができるようになると、彼との関係がもっと深まりますよ。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 運動後の一休みする女性
    気が付けば春も半ば、夏休みまで秒読み段階・・・。薄着になるにつれ、ボディラインが気になる時期です。 …
  2. 野菜と果物
    一口に「ダイエット」と言っても、その方法は星の数ほどあります。中にはリスクが高かったり、後で後悔する…
  3. 日焼け止めを塗る
    冬が終わり、春から夏にかけてだんだんと気温が高くなってきますね。気温が上がると同時に強くなってくるの…
  4. 睡眠
    皆さんは夜眠りにつく前にどんなことをしていますか? 今やスマートフォンでいつでも情報を得たりゲ…
  5. 連休は青春18きっぷでゆったり鉄道旅なんていかがでしょう?青春18きっぷは学生の貧乏旅行の味方、とい…
  6. イエローコーデ
    春夏はビビッドカラーにもトライしたい!でもイエローって難しいのでは…と思われがちですよね。 イエロ…
  7. 「日本は世界で一番の借金国」「日本の国民は一人当たり800万円の借金を背負っている」という表現を聞い…
  8. アロマオイル、よく聞くけれどなかなか手を出すことのできない私。 というのも、種類が多すぎてどれを使…
  9. 脱毛体験
    私が銀座カラーで脱毛を申し込もうと思った理由は、初回限定コースにひじ下&ひざ下コースがあったからです…
  10. お金をかけずにゴールデンウィークを楽しむ
    せっかくのゴールデンウィーク、楽しみたいけどお金はかけたくない…という方もいるのではないでしょうか?…

カテゴリー

ページ上部へ戻る