男性派?女性派? 相性のよい美容師さんのさがし方

  • 2016/11/28

新しい髪形にチェンジするとき、はじめての美容院に行くとき、独特の感情があります。どんなスタイルになるのか、ワクワクする反面、何だかプレッシャーにも似た、軽くて鈍い緊張感をともないます。 二十一世紀になってから、美容技術は、どんどん向上していて、お金と時間をかけると、どんな髪型にもチャレンジできる時代になりました。とは、いえ、ケミカルな薬剤を使えば、肌荒れや、キューテクルが傷むのは、もはや、避けられません。流行のヘア・スタイルをとるのか、それとも、経費毒の害から身を守るべきなのか、迷うところでしょう。そこで、担当のヘア・スタイリストさんの意見も大きいと思います。
少々、髪がいたんでも、洗い流さないトリートメントや、ブローのやりかたを覚えると、一時的にうつくしく見えるのは、充分に可能ですから。

というわけで、まず、新しい美容院に予約を入れるときは、そのお店自体が「最新の薬剤をたくさん使用して、流行の髪型に強い美容院」なのか、もしくは「技術よりも、髪そのものを大切にする店」なのかの、見きわめが必要になります。質問事項をピック・アップしておき、電話をかけるときにきいてみましょう。前者が希望なら「「○○パーマ」にチャレンジしてみたいのですが」などと、ある程度、トレンドをおさえた、具体的な名称を出すのがよいでしょう。後者であれば「かぶれやすい体質で、今、湯シャン(シャンプーを使わず、お湯だけで洗髪する方法)をしているのですが」というように、切り出してみてはいかがでしょうか。反応によって、ある程度、お店の傾向がつかめますよ。

続いて、美容師さんについてですが、技術とセンスのほかにも、人間同士なので、微妙にそりが「合う」「合わない」があります。そして、いちがいに「テクニック」といっても、ベテランならよいわけではないですし。ただ、男性は、脳の構造上「立体」を認識するのが得意です。だから、女性スタイリストに比べて、迷わず、大胆に、はさみを入れる方が多い印象があります。一方、女性美容師は、同性のため、こまかいニュアンスが通じやすいですね。 そして、手先が器用で繊細な仕事に向いています。
 
自分自身の、髪に対するこだわりと、お店のカラー、そして、スタイリストさんの方向性が、うまく一体となると、満足な仕上がりになりますし、毎日のケアも、楽しくなることまちがいなしですから。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 年間平均で、115日が雨といわれる雨降り日本。 なかでも梅雨の時期の憂鬱。気が滅入る日もあるけれど…
  2. 季節が変わると、イメチェンってしたくなりませんか? お部屋の模様替えやネイル、気分新たに、髪型だっ…
  3. 女性で自営業者の方が仕事運をさらにUPしたいと思ったり、家事に携わる女性が縁起のいい家具が欲しいと思…
  4. 唇メイク
    ぷるるんをした唇って触りたくなりませんか? 魅力的な唇にする「唇メイク」は思わずチューしたくなりま…
  5. 大人の人気も高い、世界一大きなネズミ「カピバラ」。そのかわいらしい姿に癒されますね。そんなカピバラに…
  6. 熊本県阿蘇では、雄大な自然に触れられるアミューズメントを満喫できます。新緑の美しい季節、動物達と触れ…
  7. 万年筆。使ったことありますか? なんか仕事デキる社会人って感じしませんか? 何を隠そう、デキ…
  8. せっかく買った服が一度洗ったら縮んでしまって…… お気に入りの服が数回着たら毛玉だらけに…… …
  9. 歯磨き
    自分を上手にマネージメントすることは(心も身体も)円滑な毎日に必須です。 落ち込んだら元気を取…
  10. 家で映画を見るカップル
    雨を題材にした映画は数多あります。 忘れ難い余韻を残す、雨、の映画たち。 アクティブな毎日を…

カテゴリー

ページ上部へ戻る