体に良い「食い合わせ」もあるのです

  • 2016/1/7
ぜんざい

「スイカとてんぷらを一緒に食べるとおなかをこわす」「うめぼしと、うなぎを同時に摂るのは良くない」こどもの頃に、おそらくこんな話を聞いたことがあるのではないでしょうか。いわゆる「食い合わせ」ですね。スイカもてんぷらも単品でいただくぶんには、決して害があるものではありません。けれども、時間をあけずに両方を胃袋におさめてしまうと、体に悪いという考え方。

「ただの言い伝えでしょ」「迷信じゃないの」そう反論したくなる気持ちもわかります。ところが、食べ物には、本来の栄養素のほかにも、組み合わせ方によって、本来よりも吸収が良くなったり、もしくは、まったくの逆効果になったりするものがありました。つまり、本来なら控えたいはずの「甘いもの」や「あぶらっこいもの」も、付け合せしだいで、ダイエットやお肌の敵にまわさなくてもすむのです。その一例がこちらです。

〈ぜんざいには、〈きなこ〉をかける〉
甘いけれども、ちょっとだけ塩気がきいた、ぜんざいやお汁粉は、まさに別腹。餅や、白玉団子とも相性が良く、病みつきになりそう。ただし、見た目の通り「糖分」も「炭水化物」も、かなり多め。空腹時にかきこむと、一気に血糖値も上がり、結果として、体重が増加するだけでなく、疲労を感じたり、くすみの原因にもなりかねません。ですが、〈きなこ〉をふりかけるのがおすすめです。きなこをはじめ、〈大豆製品〉には、〈ビタミンB1〉が豊富にふくまれています。そのため、糖質を効率よくエネルギーに変えることができるのです。まさか、お汁粉に豆腐を入れるわけにはいきませんが、豆乳なら「ミルクぜんざい」という言葉があるくらいなので、おいしくいただけますよ。

そして、もうひとつ、ビタミンB1をの吸収を促進させる方法を紹介しましょう。

〈豚肉には、〈ネギ〉を〉
このビタミンは、大豆だけでなく、豚肉にも多く入っているのです。もともと、植物性よりも、動物性食品は、栄養の吸収が良いのが特徴。そのままでも充分、栄養は摂れるのですが、ここで、ネギをふりかけると、さらに代謝が上がります。とんかつの上に、青ネギをかけたり、豚肉のしょうがあえにネギを散らすと、彩りもきれいですし、体も喜びます。

ふしぎですが、健康に良い「食い合わせ」は、舌にも心にも嬉しい組み合わせばかり。カロリー計算のため、電卓をたたきながら、眉間に皺を寄せるより、楽しい気分で、おいしいものを頂きながら生きていきたいものですね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. iPadをはじめ、タブレットを持っている人も多くなりましたよね。 私もnexus7を愛用しています…
  2. スイートポテト
    サツマイモは栄養価もありおやつに向いていますよ。 甘くておいしい。おなかにも優しいので子どもにもい…
  3. メイク用品
    この時期はメイク用品にも新たな彩りが加わる季節ですね。 可憐なピンクや夏を先取りしたような鮮やかな…
  4. 夏のお悩み対策
    夏と言えば薄着の季節、女性としては、汗、臭い、日焼け、無駄毛、化粧崩れ…様々な季節特有の悩みがあるこ…
  5. 和食
    いろいろネットやメディアでグルメ情報が飛び交っている中、食べ物に関する関心が人々の間で増えているのも…
  6. 子供のかんしゃく
    晴れても雨でも嵐でも 育児は続くよどこまでも 子どものかんしゃくには、尾木ママになるべし<その1>…
  7. イタリア
    20代の頃とは違って30代からは少し大人の旅行をしてみませんか?大人の旅行と言っても色々とありますが…
  8. 脱毛
    ベルタ仙台店で脱毛をしてきました。お願いしたのは手の甲の脱毛になります。期間は2015年の10月から…
  9. 夕暮れのワットポー
    毎年、人気の海外旅行先に挙げられるタイ。タイへ旅行する人にはリピーターや長期滞在者が多いのが特徴です…
  10. 軽井沢
    今、長野県の軽井沢ではお洒落で美味しいモーニングを出すお店が増えています。ペンションに泊まった翌朝は…

カテゴリー

ページ上部へ戻る