ゴールデンウイークを快適に過ごすおすすめのコツ

  • 2015/4/24

朝は、まだまだ冷えこむものの、午後になると今度は汗が滲んできて、どうしようかとおもったことはありませんか。けれども、夏にはまだちょっと早い。ゴールデンウィークはそんな時期でもあります。毎朝、何を着ればよいのかとも悩みます。ですが、ファッションに迷うくらいの時期は、実は体もお疲れモードの場合が多いのです。食中毒や熱中症が増えはじめるのも、この頃からです。せっかくの楽しい休暇を不快な症状に邪魔されたくありませんよね。そんな微妙な季節を快適に過ごす二つのコツを紹介しましょう。

①小物づかいに工夫を
まず基本は、なんといっても体温調節です。とはいうものの、一日に何度も着替えるのは、やはり現実的ではないですから、ここは、小道具づかいを工夫してアクセントをつけましょう。すぐに取り外しができる大判のストールや、手袋を持ち歩くのはいかがでしょうか。以前は、冬物のマフラーと春夏にまとうストールは、まったくちがう素材とデザインでした。しかし、ここ数年の流れでは、真冬にオーガンジーをもってきて軽やかさを演出したり、八月の暑いさかりにブーツをコーディネートすることも一般的になりました。だから、軽やかさを感じさせるものを選ぶと、ファッション性をそこなうことなく、自然に体温調整ができます。コットンやシルクの天然素材であれば肌触りがよくておすすめです。冷えるときにはあたたかく、汗ばむときには、むしろ涼しく融通がききます。もちろん近年は、繊維業界の研究が進み、「化繊」といってもあなどれない商品がたくさん出ています。簡単に洗濯ができてその上、すぐに乾燥するのもうれしいところ。

②塩分・水分補給をこまめに
昼間は、急激に気温が上がり、ぼんやりとかげろうが見える日があります。そんなときは、熱中症が心配になってきます。「まだ、夏じゃないし」とおもわれるかもしれません。けれど、つい先日まで使い捨てカイロを貼り付けていたにもかかわらず、いきなり汗をかくのは、体に負担がかかります。というわけで、すこしでも「暑さ」を感じたらこまめに塩分と水分を補給してください。咽喉が渇いた状態がずっと続くと、抵抗力が落ちて風邪をひく原因になりかねません。お気に入りのドリンクを水筒を持ち歩いてもよいですし、喫茶に入ってリラックスするのも、気分がかわってリラックスできまし。また、ドラッグストアに行くと、塩キャンデーや、塩キャラメルのような、手軽に塩分が摂れるものが手に入ります。

おもう存分ゴールデンウィークを満喫するために、体の内側と外側の両方からアプローチして体調を万全にととのえたいものですね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 「日本は世界で一番の借金国」「日本の国民は一人当たり800万円の借金を背負っている」という表現を聞い…
  2. 春は秋に続き、結婚式には人気のシーズンです。春は花も綺麗に咲く季節。せっかくだったら、結婚式を春らし…
  3. 入浴剤
    毎日の入浴を少しでも楽しい時間にするためにお気に入りの入浴剤を使うのは、心躍りますよね!! 今回は…
  4. お腹の肉
    ■生大根ダイエットってなに? 「生大根ダイエット」とは、ズバリ「生の大根を食べるだけ」というダイエ…
  5. 洋服を選ぶ女性
    自分のファッションを振り返ってみて「なんだか変わり映えしないな・・・。」なんて感じたりしていませんか…
  6. 人が多いのが苦手という方にオススメの穴場スポット
    ゴールデンウィークといえば、渋滞や人混みは避けては通れない問題ですね。しかし、例年そこまで混雑しない…
  7. フランスコスメ
    今回はフランス在住主婦が、日本でも購入できるフランスのお勧め基礎化粧品を紹介します。 フランス…
  8. 雑炊
    夜食として、あるいは、鍋のあとに、「雑炊」は手早く作れてその上、ヘルシーなのが嬉しいですね。すぐに小…
  9. 手相
    よくメディアなどでも取り上げられる手相占いですが、皆さんは実際に手相を見てもらったことってありますか…
  10. レストランで「ワインでも飲もうか」という流れになり、ワインリストを手渡されたとして。 美味しくて料…

カテゴリー

ページ上部へ戻る