健康素材の最終型!?「プラチナフォトン」ってご存知ですか?

  • 2015/10/28

みんさんは、「プラチナフォトン」って聞いたことありますか?学術的には、“あらゆる波長の光を吸収した超微粒子半導体パウダーが放つ、遠赤外線効果と光触媒効果を兼ね備えた光(フォトン=光子)”のことです。なんだか難しいですね。もう少し簡単にいいますと、血流の固まり防ぐ「抗血栓力」と「殺菌力」が証明された“健康素材”で、ヨーロッパやアジアなど世界28ヵ国で特許を取得していています。

おもに繊維に練り込んで使用しますが、プロスポーツ選手のウェアをはじめ、すでに一般的な男性・女性用のインナーや寝具など体にふれるもののほとんどに採用されています。海外のドクターから、「あらゆる健康商品の最終形がプラチナフォトン商品」といわれるほどです。血行促進と抗菌効果だけでなく・消臭・浄水効果もあるので、ひと頃流行った岩盤浴などの遠赤外線の“スゴイ版”といえるかもしれません。女性にとっては次のようなうれしい効果が期待できるようです。

・細胞の若返りを促し、お肌の色艶を改善したり傷などの快復を促す。
・血液中の乳酸塩を減少させ疲れを軽減する。
・痛みをやわらげ、体調を整える働きをする。

●お手軽インナーから本格的な寝具まで、商品はいろいろ
具体的な商品は、インナーやひじやひざのサポーターなど、プラチナフォトンで検索するとネットショップにいろいろと出てきますよ。だいたい3〜4千円程度ですからお試しには手頃かもしれません。なかでもイチオシ商品は、下の写真の「マルチベアトップ」という腹巻きです。胸から腰にかけてつけたり、首回りに巻いたりなどフレキシブルに使用できます。

数年前にすで各種有名女性雑誌でも紹介されていて、モデルさんの中にも愛用者がいるとのこと。昨年は大手百貨店の「女性のためのアイデアグッズ」催事でも好評で、その後、定番商品として扱われるようになりました。ネットショップ上の似たような商品は4千円程度ですが、こちらは1万円以上。プラチナフォトンの含有量が多いため高額になります。

プラチナフォトン商品

さらに本格的になると、掛け敷き布団・まくら・ブランケットといった寝具類や、エステティックサロンやスポーツジム用の全身カプセルタイプもあります。一般的な疲労や原因がはっきりしないけれど体調が悪い場合など、かなり効果があるようです。これは、多くの体調不良や病気の根本的な原因が、体のどこかの血行不良にあるからなんだそうです。

プラチナフォトン寝具・全身カプセル

身につけるモノではありませんが、ロール状の不織布タイプもあります。これはキッチンペーパーのような商品で、擦り傷や切り傷を治療した上から当てておくと傷の治りが早まるそうです。また、プラチナフォトンには抗菌作用があることから、お寿司屋さんなどでも愛用されています。魚介類のネタをラップに巻き、その上からプラフォトンの不織布で巻いておくと食材の日持ちが良くなります。

健康素材の最終型ともいわれるプラチナフォトン商品。一度試してみては?

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. ノースサファリサッポロは北海道札幌市内にあるサファリパークです。「動物との触れ合い」をテーマにしてお…
  2. 日焼け止めを塗る
    冬が終わり、春から夏にかけてだんだんと気温が高くなってきますね。気温が上がると同時に強くなってくるの…
  3. トースト
    ○少しのアレンジで大変身! 朝食やブランチなどで食べることが多いトースト。玉子とベーコンを焼いてサ…
  4. 連休は家でゆっくり過ごしたい
    旅行や帰省、行楽地へ出かける人たちで、ゴールデンウィークは各地で混雑しています。人混みが苦手な方や、…
  5. 洗濯物
    あなたは家事が得意ですか? 5分以内に自宅訪問があっても困らない素敵な方は、この記事を読む必要はあ…
  6. フランスコスメ
    今回はフランス在住主婦が、日本でも購入できるフランスのお勧め基礎化粧品を紹介します。 フランス…
  7. 夕暮れのワットポー
    毎年、人気の海外旅行先に挙げられるタイ。タイへ旅行する人にはリピーターや長期滞在者が多いのが特徴です…
  8. サイクリング
    ちょっと体を動かしただけで汗ばむ季節になりました。こんな季節だから、外に出て何か新しくスポーツを始め…
  9. お腹の肉をつまむ女性
    2010年ごろより注目を集めだした「糖質制限ダイエット」。糖質制限ダイエットの方法は、1日の糖質量を…
  10. 地球へのダメージを代償に、科学技術の進歩とその恩恵を受けた20世紀。 自然は闘う相手でもありました…

カテゴリー

ページ上部へ戻る