マレーシア移住生活 「ムスリム女性とヒジャブ」

  • 2016/7/19
ムスリム

今回はムスリム女性についてお話したいと思います。

まず、マレーシアの人口対比の説明から。
マレーシアには他民族国家です。大きく分けると3つの民族が共に暮らしています。(少数民族もいます)一番多い民族はマレー系で 約67%。彼らのほとんどがムスリムです。
次に多いのは、中国系 約25%,次に多いのはにインド系(約7%)になります。
(参考:外務省http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/malaysia/data.html

ムスリムの女性のほとんどは布をかぶっていますよね?それはHijab(ヒジャブ)といいます。ヒジャブはアラビア語で「覆うもの」という意味です。
ムスリムの女性は家族や旦那以外の男性に髪の毛を見せてはいけないのです。

それはイスラム教の経典「コーラン」にもはっきり書かれてあります。(参照:コーランSurah An nur verse 31)
クルアーンの第24章30節には「また、女子の信者にはこう言え。目を伏せて隠し所を守り、露出している部分のほかは、わが身の飾りとなるところをあらわしてはならない」とある。他に33章でも女子の服装に言及している。

それでは、ムスリムの女性はいつからヒジャブを着用する義務を持つのでしょうか。
実は、いつからだと決まってないですのです。大体12歳くらいから着用する人が多いです。しかし、もっと小さな時から着ている人もいます。それは家族や育った文化に影響されてることが多いので、母親の信仰心が深ければ早めに着用させることになるでしょう。

ムスリムの女性髪を隠すことで、おしゃれが出来ないと思うと大きな間違いです。
彼女たちはヒジャブで自分の個性を表現します。かつてヒジャブの基本色は黒とされていて、その長さも胸や腰まで隠すとベストだといわれていますが、最近の若者のファッションを見るとそれが変わりつつあるということが分かります。
デザインも豊富で巻き方も100種類以上あるのです。

ムスリムの女性のファッションについて気になる方は以下のURLを参考にして頂くといいと思います。(http://www.zawara.com/)

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 養老保険とは?  生命保険のひとつに養老保険というものがあります。生命保険とは契約期間中に被保険者…
  2. お給料前など、ちょっと節約したいときに活躍してくれるレシピを集めてみました。比較的安い素材でボリュー…
  3. 宍道湖の夕日
    北海道、沖縄、箱根、大阪..メジャーな場所への旅行は、既に何度も経験されているあなたにオススメのスポ…
  4. ワンランク上のバーベキュー
    寒い冬が終わればアウトドアシーズンの到来です。春先の4月末から夏場の8月末にかけてはやっぱりバーベキ…
  5. 最近、肌の回復が遅い、高価なものを使っているのになかなか肌が 元気になってくれない・・・なんて思っ…
  6. あわただしくすぎていく毎日の中で、落ち着いて、読書をする時間を確保するのは難しいのが現実。たとえば読…
  7. 美術館
    京都と大阪の境目・大山崎を阪急電車で通ると、天下分け目の戦いで有名な天王山を見ることができます。 …
  8. 日本に一時帰国するたびに、日本の素晴らしさを再認識します。そしていつも感銘を受けるのは、サランラップ…
  9. スマートフォンを操作する人たち
    LINEはすでに、友人やカップルの間では欠かすことのできないメッセージツールになりつつあります。LI…
  10. 和食
    いろいろネットやメディアでグルメ情報が飛び交っている中、食べ物に関する関心が人々の間で増えているのも…

カテゴリー

ページ上部へ戻る