マレーシア移住生活 「ムスリム女性とヒジャブ」

  • 2016/7/19
ムスリム

今回はムスリム女性についてお話したいと思います。

まず、マレーシアの人口対比の説明から。
マレーシアには他民族国家です。大きく分けると3つの民族が共に暮らしています。(少数民族もいます)一番多い民族はマレー系で 約67%。彼らのほとんどがムスリムです。
次に多いのは、中国系 約25%,次に多いのはにインド系(約7%)になります。
(参考:外務省http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/malaysia/data.html

ムスリムの女性のほとんどは布をかぶっていますよね?それはHijab(ヒジャブ)といいます。ヒジャブはアラビア語で「覆うもの」という意味です。
ムスリムの女性は家族や旦那以外の男性に髪の毛を見せてはいけないのです。

それはイスラム教の経典「コーラン」にもはっきり書かれてあります。(参照:コーランSurah An nur verse 31)
クルアーンの第24章30節には「また、女子の信者にはこう言え。目を伏せて隠し所を守り、露出している部分のほかは、わが身の飾りとなるところをあらわしてはならない」とある。他に33章でも女子の服装に言及している。

それでは、ムスリムの女性はいつからヒジャブを着用する義務を持つのでしょうか。
実は、いつからだと決まってないですのです。大体12歳くらいから着用する人が多いです。しかし、もっと小さな時から着ている人もいます。それは家族や育った文化に影響されてることが多いので、母親の信仰心が深ければ早めに着用させることになるでしょう。

ムスリムの女性髪を隠すことで、おしゃれが出来ないと思うと大きな間違いです。
彼女たちはヒジャブで自分の個性を表現します。かつてヒジャブの基本色は黒とされていて、その長さも胸や腰まで隠すとベストだといわれていますが、最近の若者のファッションを見るとそれが変わりつつあるということが分かります。
デザインも豊富で巻き方も100種類以上あるのです。

ムスリムの女性のファッションについて気になる方は以下のURLを参考にして頂くといいと思います。(http://www.zawara.com/)

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 太ももを計る
    女性ならだれでも、モデルさんのような素敵な体型になりたい!痩せ形でいたい!という願望はありますよね!…
  2. 背の高いあなたにオススメのファッション
    近頃の女子は平均身長が伸びて、スタイルもよくなったと言われますが、まだまだ167cmオーバーの女性は…
  3. 季節が変わると、イメチェンってしたくなりませんか? お部屋の模様替えやネイル、気分新たに、髪型だっ…
  4. UV対策
    「UVケア」と聞くと、お顔や肌の日焼け止めをイメージされるかもしれませんが、実は頭皮や髪の毛はお肌の…
  5. 東京スカイツリーのお膝元、下町エリアには数多くのパワースポットがあります。そのなかから5つのスポット…
  6. 秋田市上杉にある「秋田県立北欧の杜公園」は北欧を思わせる広く美しい自然の広がる公園です。緑いっぱいの…
  7. ジェルネイルってサロンでしてもらうと値段も高いし定期的に通う必要が出てきますよね。 だったらお手頃…
  8. 熊本県阿蘇では、雄大な自然に触れられるアミューズメントを満喫できます。新緑の美しい季節、動物達と触れ…
  9. 夕暮れのワットポー
    毎年、人気の海外旅行先に挙げられるタイ。タイへ旅行する人にはリピーターや長期滞在者が多いのが特徴です…
  10. 出雲大社
    東京の千代田区にある平将門首塚のタタリって、都市伝説として聞いたことありますよね。明治時代は大蔵省敷…

カテゴリー

ページ上部へ戻る