ロンドンのお買い物といえばなんといってもリバティ!

  • 2016/10/19

リバティはロンドンで買い物といったら外せない場所でもあり、各種ブランドがひしめき合っているデパートでもあります。

ですが、リバティはその外見がまず可愛らしいことでも有名です。
リバティは、ハロッズ、ジョン・ルイスに並ぶ高級百貨店であり、外装はテューダーリバイバル様式になっています。
また、建築された当時はイギリスでは量産体制がブームになっており、いわゆる大量生産の粗悪品が横行していました。1875年の創業であり、この時代に反旗を翻しかった芸術家や作家たちはリバティを一つの芸術品として作りあげました。

リバティにデザインを提供したデザイナーたちはアールヌーヴォーの中心的存在であったり、アーツ・アンド・クラフト運動を行う人が多く、中世の手工業を復興させようとリバティに美しさを求めたのかもしれません。

一般的な百貨店やデパートとして訪れると驚くことが多いのもリバティです。
ディスプレイとして創業当時は暖炉が設置されており、くつろぎをかんじられるようにしてあり、現在でも当時の暖炉を見ることができます。

東洋のエキゾチックさに西洋芸術を融合したリバティは、品ぞろえも個性的であり、孤影的なブランドも多く排出しました。

日本でも映画「NANA」のヒットで注目を一気に集めたヴィヴィアンウエストウッドもリバティの中に入っており、立ち上げ当時のロンドンパンクのスタイルを考えると面白いものがあります。

【リバティには歴史が刻まれている】

リバティには、第一次世界大戦で出兵し、帰らぬ人となった従業員たちのレリーフがあります。
これはリバティが人も物も大事にしていることの証明であり、亡くなった従業員たちも含めてリバティが作られてきたことを語っている存在になります。

吹き抜けの光の美しさや、螺旋階段に刻まれた歴史、天井から伸びるランタン照明。古き良き美しきものがリバティにはまだまだあります。
柱一本とっても彫刻が施されており、現在のシンプル、ミニマム主義とは対極の位置かもしれません。

リバティは「リバティ柄」といわれる独自のプリントがあり、創業当時のプリントデザインの布なども販売されています。
英国ブランドの多くが裏地などにこのリバティ柄を使うことが多く、中にはキティちゃんとのコラボもあったりします。
買い物はもちろんですが、遊びに行くだけでもリバティは楽しい存在であり、きっと欲しいものが見つかる場所でもあります。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. フレンチネイル
    春はオシャレをしたくなる季節ですね! 桜の色や新緑の色など、街にも鮮やかな色が溢れかえる季節です。…
  2. 脱毛
    ・銀座カラー千葉店を選んだ理由 脱毛をしたいと思ったきっかけは、自己処理が面倒だったためです。脇の…
  3. 「寝てても痩せる」なんて、ダイエットをしたい人には羨ましい話ですし、「そんなのウソだ」と思ってしまう…
  4. お給料前など、ちょっと節約したいときに活躍してくれるレシピを集めてみました。比較的安い素材でボリュー…
  5. ここのところ連続でトレンドに取り上げられている「ギンガムチェック」。 でも確かに、かわいい!で…
  6. バーベキュー
    さぁ、バーベキューをするのに絶好の季節が近づいてまいりました!今年も仲間と本格的に楽しみたいという方…
  7. 英語を話す
    皆さんは突然の外人さんの訪問で英語が喋られたらと思ったり道で外人さんに話しかけられた時にアタフタして…
  8. 美味しく健康的な食事を作るのに大切なことは新鮮な食材を使うことです。 今回は食材ごとに鮮度の見分け…
  9. パンケーキ
    ○ふわふわ派?しっとり派? 根強い人気のパンケーキ。専門店も多くありますが、お家でも簡単に美味しい…
  10. 子供のかんしゃく
    晴れても雨でも嵐でも 育児は続くよどこまでも 子どものかんしゃくには、尾木ママになるべし<その1>…

カテゴリー

ページ上部へ戻る