自分で作るカレーパウダー

  • 2015/5/8

自分で作るカレーパウダー、必要最低限のスパイスは6つ

カレーライスはみんな大好きな味ですね。肉と野菜を煮て、カレールーを加えるだけなのでとても簡単にできます。でもカレールーのもとになりカレー粉は自分でスパイスを調合して、自分好みの味に作れるのはご存知でしょうか。一般的なカレー粉に必要なスパイスはたったの6種類。もちろん好みでほかのスパイスを加えることもできます。ここでは基本のカレー粉に必要なスパイス6種を紹介します。

1.チリパウダー
カレーの辛みを出すためのスパイスです。赤トウガラシを粉にしたもので入れれば入れるほど辛みが増します。

2.ターメリック
日本語で言うとウコンの仲間です。黄色い色が特徴的で、見た目は生姜のような形態をしています。粉状にしてカレーに加えますが、おもにカレーの黄色い色を出すために使われます。

3.カルダモン
ホールカルダモンもカルダモンパウダーもあります。カレー粉としてブレンドするならカルダモンパウダーのほうが扱いやすいですが、カレーを煮る時にホールカルダモンを入れるだけでも十分香りが立ちます。カレーのエレガントな香りを演出するために欠かせないスパイスです。ホールカルダモンを使用した場合は、食べる前に取り出すことをお勧めします。香りがかなり強烈なので、口に含んで咀嚼すると、なかなか匂いが消えません。

4.ガラムマサラ
インド料理によく使われるミックススパイスです。市販のカレールーにこれを加えるだけでも、いつもと違う、本格的なカレーが楽しめます。家庭に常備しておきたいスパイスのひとつです。これがあるとかなり容易に味が決まるので、最低限のスパイスでカレー粉を調合するなら、ぜひ加えましょう。

5.クミンシード
いかにもカレーという香りをつけるためのスパイスです。パウダーもありますがクミンシードそのものもよく使われます。

6.コリアンダーパウダー
ほんのりとした苦味がカレーの風味を演出し、味のバランスを整えてくれます。

以上が基本の6種のスパイスです。他にはジンジャーパウダー、ガーリックパウダーや、パプリカ、ローリエパウダーなどを加えることもできます。ジンジャーパウダー、ガーリックパウダー、ローリエパウダーはすりおろした生姜やにんにく、乾燥ローリエで、代用できます。パプリカを入れると少しビターな感じに仕上がります。グローブをほんの少し加えてもまた違った風味が生まれます。ただし、入れすぎに注意。市販のカレー粉はすでに完成されたものですが、自分で好みのカレー粉を作るのも楽しいです。それに材料さえそろっていれば、ブレンドするだけなので、とても簡単。一度試してみたら、きっとはまると思いますよ!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 脱毛
    ベルタ仙台店で脱毛をしてきました。お願いしたのは手の甲の脱毛になります。期間は2015年の10月から…
  2. 猫の何気ない仕草や表情の一つ一つに猫の気持ちが詰まっています。それを理解してあげることが猫との関係を…
  3. オススメのアクセサリーブランドは沢山あります!各ブランドのテイストや価格帯、素材なども本当に色々で、…
  4. パソコンで悩む女性
    最近は、SNSや海外サイト・ゲームなどを利用する人が増えていますよね。 問い合わせなどしようとした…
  5. ゆったり電車旅行
    長期休暇には、お得に電車でゆっくり旅なーんてのも一つの思い出になると思います。そこで夢のチケット「青…
  6. 新たな金融政策が必要になった  アベノミクスの政策の一環として、新たな金融政策が行なわれました。こ…
  7. iPadをはじめ、タブレットを持っている人も多くなりましたよね。 私もnexus7を愛用しています…
  8. 老後に必要なのは1500万〜3000万円  みなさんは、現在お金を貯蓄しているでしょうか。若いうち…
  9. カナダには、トロントやバンクーバー、モントリオールなど、日本人にも人気の観光スポットがたくさんありま…
  10. 和食
    いろいろネットやメディアでグルメ情報が飛び交っている中、食べ物に関する関心が人々の間で増えているのも…

カテゴリー

ページ上部へ戻る