涼しさとスタイリッシュ!5月の初夏のおすすめファッション

  • 2017/5/12

5月といえば初夏。春と夏の間に挟まった季節だからなのか春の服を着たら暑く、夏服を着るにはまだ寒い曖昧な季節です。でも今から紹介するファッションスタイルは5月の初夏に相応しく、それとともに多様に活用して着られるという点。それでは今からそのような初夏のファッションについて紹介します。

初夏の必須アイテムその1.「基本ティーシャツ」

基本ティーシャツの中でもまず、ホワイト、グレー、ブラックの3種は必ず持ってなければなりません。半袖、7部、長い腕全部持った方がいいですが、さすがにそれは無理だと思ってるなら3つの袖の長さを適切に混ぜて構成してもいいです。実はティーシャツは価格帯が高くないから、袖の長さ別に所蔵することをおすすめします。カラーの中にはベージュ、ブラウン、キャメルなど、お肌の色とよく調和しているカラーを一つは持っているのもいいです。もしお肌に似合わないならメイビーカラーを選択するのもいいですよ。

パターンの中では断然スプライトが必須です!縞模様の間隔が狭くて穏やかなものが遥かに多様に活用しやすく、フィットはルーズフィットで、素材は最大限軽いものを選択するのがベストです。

初夏の必修アイテムその2.「シャツ&ブラウス」

すべての季節の必須アイテムだと言っても過言ではないシャツとブラウス!基本ホワイトシャツやブラウスがなければ追加で必ず購入することをお勧めし、追加的にピンズフライトシャツや暗すぎず、薄いカラーのチェックパターンシャツも積極的におすすめします!

いアイテムです!タイトなスキニージーンズに本当によく似合いますし、短いリネンのズボンにマッチしても可愛くて愛しい感じを演出することができます。もしこのようなスタイルが本人の好みではないなら、特別なディテールなくさっぱりしたホワイトブラウスを選択してもいいです。

初夏の必須アイテムその3.「薄い夏のアウター」

5月までは朝,夕方に着用する軽いコートがあるといいです。ジャケットでは断然の亜麻布のジャケットがよく、カーディガンは薄くて若干の透けがある夏用のカーディガンを選択してください!

特に最近は、袖なしとカーディガンがセットで構成された製品が多いんですが、一緒にマッチしてもいいですし、別に他のアイテムとマッチするのもでき、かなり活用度が高いので、カーディガンと袖なしがすべて必要な方々はこのようなセット構成も参考にしてください!

初夏の必須アイテム5.「基本ショートパンツ」

夏までずっと着用できるショートパンツは、カジュアルルックに良いジーンズとどんなトップにも簡単に着用できるベーシックなデザインのショートパンツを淡い色一つ、明るい色の一つで選択してみてください!素材は夏向きを選択するのがいいですが、したたかに薄いタイプはむしろ下着が透けて活用度が下がる場合があります。


ラーをおすすめします。特にベージュやネイビーカラーのショートパンツは活用度が高く、簡便でありながらも洗練されたスタイルを演出することができるアイテムです。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. 「あっ、新作のカタログが届いた」とルンルン気分でポストへ足を向けてみると、やっぱり私の予想通り…なじ…
  2. 北海道の見所
    北海道は札幌雪祭りなどの影響からか冬のイメージが強いですが、実はゴールデンウィークでも見どころ満載な…
  3. スイーツ
    ○ダイエット…でも食べたい! ストレスが溜まったときや疲れたときには甘いもの。でもダイエットもある…
  4. 20代女子に観てもらいたい定番映画第四弾です その4 「グッド・ウィル・ハンティング」 信じ…
  5. 女性で自営業者の方が仕事運をさらにUPしたいと思ったり、家事に携わる女性が縁起のいい家具が欲しいと思…
  6. ムスリム
    今回はムスリム女性についてお話したいと思います。 まず、マレーシアの人口対比の説明から。 マ…
  7. オフィスで働いていると、黒・白・ベージュ・グレーなどのいわゆる無難な色合いの服装になりがち。確かに無…
  8. シリーズ4でワインについて調べましたが、他のお酒についても知っておこうと思い、調べてみました。 今…
  9. モテる女性
    男性は好きになると歳の差をあまり気にせず関係なく結婚したいと思ったりします。 結婚するなら若いほう…
  10. 金運アップ
    古新聞、古雑誌は捨てる 仕事運は木の気を向上させることで上昇します。古新聞、古雑誌は見えないところ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る