“御朱印集め”でパワーを集めよう!

  • 2015/6/29
御朱印帳

“御朱印”という言葉、聞いたことありますか?
パワースポット巡りが流行ったのとあわせて、“御朱印集め”も注目をあびるようになりました。
今回は、“御朱印”と“御朱印集め”についてご紹介したいと思います。

■御朱印ってなに?
御朱印とは、ひとことでいうと神社やお寺に参拝した記念としていただく印です。
その昔、お遍路さんが神社・お寺をまわった際に参拝の証としていただいていたものだといわれています。
その寺社の名前や、創設した方のお言葉が墨で書かれており、寺社名の押し印が押されているものが一般的です。

■なぜ御朱印集めが注目されているの?
お寺のイラスト
パワースポットとしての神社・お寺巡りをする人が増えるにつれて、参拝の際の記念として御朱印を集める人が増えてきたためです。
御朱印としていただくお言葉は、古くから言い伝えられていることわざのようにためになる言葉、おめでたい言葉が多いです。
また、神社、お寺の方が1枚ずつ、心をこめて丁寧に書いてくださいます。

もともと、お遍路さんたちの霊場巡礼は決められている札所をすべて巡ると願いがかなうといわれていました。
そこから、御朱印を集めると願いがかなうと言われています。

■御朱印集め、どうやってはじめたらいい?
御朱印帳
御朱印集めをはじめるにあたって、特に難しいことは何もありません。
①御朱印帳を入手する
②寺社に参拝する
③そこで御朱印をいただく
これだけです!

①の御朱印帳ですが、御朱印をいただける寺社ではだいたい、そこのオリジナルの御朱印帳が販売されています。
また、イベント等にあわせて発売される限定のものもあります。
写真は、伊勢神宮の第62回式年遷宮(平成25年)記念限定バージョンです。
表紙の柄だけでも寺社によって大きく異なりますので、ぜひ寺社で買われるとよいと思います。
そのほかに、文房具店・仏具店でも販売しています。
楽天やAmazonでも買えますよ。

②については、特に普段と変わることはありません。
ただし、③の御朱印をいただく際、1枚ずつ書いてもらうため待ち時間が発生します。
寺社によっては待ちによる混雑を防ぐため、参拝前に御朱印を申し込むようになっているところもあります。
その場合には、御朱印を受付窓口に預けてから、参拝に向かいましょう。

■御朱印集めを楽しむ寺社めぐりコース
御朱印集めをはじめてみようとおもったアナタ。
せっかくなら、1日でいくつか集められると楽しさを実感しやすいかと思います。
デビュー戦にお勧めの寺社めぐりコースをご紹介します。

①京都
日本でも有数の、寺社が多いエリアです。
御朱印集めに参考になりそうなものがいくつかあります。
●京都十六社朱印めぐり
古都の町中に点在する十六の古社を訪ねる旅。
さまざまな御利益を手にできるかも?
年始めにはイベントも開催されているようです。
・京都熊野神社
・新熊野神社
・粟田神社
・市比賣神社
・今宮神社
・東天王岡崎神社
・春日神社
・御霊神社
・吉祥院天満宮
・御香宮
・豊国神社
・長岡天満宮
・藤森神社
・六孫王神社
・わら天神社
・熊野若王子神社

●京都五社めぐり
平安神宮を中心として京都を守る四神(しじん)を巡ります。
神社同士の距離が少し離れているので、ご注意。
・中央    平安神宮
・青龍(東) 八坂神社
・朱雀(南) 城南宮
・白虎(西) 松尾大社
・玄武(北) 上賀茂神社

②鎌倉
●北鎌倉中心に楽しむ鎌倉五山巡り
室町幕府の三代将軍足利義満が定めた五山制度による五つの臨済宗寺院を巡ります。
・第一位 建長寺
・第二位 円覚寺
・第三位 寿福寺
・第四位 浄智寺
・第五位 浄妙寺

関連記事

ライター体験レポート

  1. 40000
    ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. enchibote
    肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. ベージュパンプス
    ヴィクトリアは大人の女性に最も参考になるONスタイルを提案していると思います。シルエットやアイテム、…
  2. Eggplant, zucchini and cheese casserole
    お給料前など、ちょっと節約したいときに活躍してくれるレシピを集めてみました。比較的安い素材でボリュー…
  3. 雑炊
    夜食として、あるいは、鍋のあとに、「雑炊」は手早く作れてその上、ヘルシーなのが嬉しいですね。すぐに小…
  4. 雑穀
    今海外セレブに大人気の美容グルメ「ウィートグラス」と「アマランサス」って知っていますか?初めてきいた…
  5. The bride who has a bouquet
    春は秋に続き、結婚式には人気のシーズンです。春は花も綺麗に咲く季節。せっかくだったら、結婚式を春らし…

カテゴリー

ページ上部へ戻る