五月病にならないためにはどうしたらいいの?

  • 2015/6/29

「五月病」という言葉、聞いたことありますか?
ひとことで表現すると、「ゴールデンウィーク明け頃にやる気がでなくなる病気」。
あなたにも、そんな経験ありませんか。

今回は、五月病の原因と予防についてご紹介します。

■なぜ「五月病」になるの?
入学・入学・新学期など、4月から環境が変わるケースは多くあります。
環境が変わるときって、「心機一転頑張ろう」という気持ちになりますよね。
もし、この“頑張ろう”という気持ちが強すぎたり空回りしたりしてしまったら。
その反動でやる気がでなくなったり、疲れから体調を崩したりしてしまうでしょう。
これが「五月病」です。
ゴールデンウィークで長期連休になると、その症状が出やすくなります。
憂鬱なイラスト
ちなみに、「五月病」の仲間として「サザエさん症候群」という言葉もあります。
これは、日曜の夜になると翌日からの仕事や勉強のことを考えてしまい、憂鬱になることを言います。
ちょうど、「サザエさん」が終わったくらいにやってくることから、「サザエさん症候群」と言われるようになりました。
「五月病」も「サザエさん症候群」も正式な病名ではありませんが、よく使われる言葉になってきています。

■「五月病」にならないためには
「五月病」の原因は、“頑張ろう”という気持ちが強すぎたり空回りしたりすること。
ですから、予防のためには“頑張りすぎないこと”が大切と言えます。
具体的にあげてみると、例えば以下のようなことがあげられます。
リフレッシュしているイラスト

①完璧にこだわりすぎない
新しいことを始めたときや責任が以前より増えたときなどは、完璧主義に走りがちですが、現実はなかなかうまくはいきません。
予想どおりにうまくいかなくても、それはそれで良しとしましょう。
うまくいかなかったときに自分を責めたりしないように。

②気分転換をする
仕事や勉強のことばかり頑張りすぎてしまうと、心も身体も疲れてしまいます。
意識的にリフレッシュするようにしましょう。
ゴールデンウィークは旅行に行ったり、普段会えない友人と会うことができたり、リフレッシュに良い機会ですね。

③生活のリズムをくずさない
ゴールデンウィーク中は、生活のリズムが崩れやすくなります。
そうすると、連休明けにリズムを戻すのが大変。
会社や学校が休みだからといって、生活リズムを崩しすぎないようにしましょう。

④現実を受け入れる
新生活に張り切って臨んだ人にとっては、「こんなはずじゃなかった・・・」と思うこともあるでしょう。
理想を追いかけ続けると、虚無感に襲われて急にやる気が出なくなったりします。
理想どおりにばかりは進まないということを受け入れて、どう向き合っていくかを考えましょう。

以前は、「五月病」は新入生や新人がなるもの、と言われていましたが、最近では誰もがかかる可能性のある症状と言われています。
自分と向き合い、「五月病」にかからないように気を付けてみましょう。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. あべのハルカス
    東京に続く日本の大都市「大阪」。大阪と言えばたこ焼きにお好み焼きとおいしいものがたくさんです♪ そ…
  2. モテる
    あなたは今たくさんの男性からお誘いをうけていますか? 男性からモテると毎日がとても楽しくなりますし…
  3. さて、ぜひ住まいの運をUPさせたい、という女性の方はいらっしゃいませんか?そういう女性の方を対象に、…
  4. 脱毛 足
    今から1年前、念願だった脱毛に通い始めました! 昔から自分のムダ毛が本当にコンプレックスで、約…
  5. オシャレ カフェ
    カフェはどこも同じと思ってませんか?味はもちろん、場所や雰囲気カップの1つで全然変わってくるものです…
  6. ダイエットに成功した女性
    女性の多くが一度はやろうかな・・・と思ったことのあるダイエット。ただ、中途半端な気持ちだとなかなか続…
  7. やはり、彼氏ができたら自分の手料理を食べてもらいたい!という願望を女性は持ちますよね!でも、実際肉じ…
  8. あわただしくすぎていく毎日の中で、落ち着いて、読書をする時間を確保するのは難しいのが現実。たとえば読…
  9. 女性が見る映画というと、ラブストーリーなどが多いと思いますが、時にはアクション映画を見るのも気分がス…
  10. ワキの臭いが気になる女性
    夏になり、気温が高くなってくると、汗をかく機会が増えてきますよね。 特に最近は節電などで、オフィス…

カテゴリー

ページ上部へ戻る