その姿に励まされる……女子が活躍するお仕事小説・7選

  • 2015/7/17

同世代の女子が頑張っているのをみると、自分も頑張ろう!と刺激をもらえますね。物語の世界でも、様々な職業の女子がそれぞれの職場で頑張っています。そんな頑張る女子の姿を描いたお仕事小説を7作品紹介します。

 

奥田英朗 「ガール」

働く女子がたくさん登場してくる短編集です。「あ、これ私だ!」という登場人物がきっと見つかるはず!2012年に映画化されたので、知っている人も多いかもしれません。今なお、働く女子のバイブルとして支持されています。

 

碧野圭 「書店ガール」

お互い仕事に対する情熱が熱いゆえに、書店のアラフォー副店長・理子と自由奔放な部下・亜紀は対立してばかりいました。そんなある日、店にとんでもない危機が訪れます。仕事、恋愛、家族…いろいろな場面で奮闘する働く女子たちに心が動かされます。

 

あさのあつこ 「グリーン・グリーン」

翠川真緑(通称、グリーン・グリーン)は、農林高校に赴任してきた新米教師。以前、失恋でショックを受けた真緑は、炊きたてのおにぎりに気持ちが救われたことがありました。そんな彼女が農林高校で奮闘する日々を描いています。

 

柚木麻子 「ねじまき片想い」

富田宝子は、浅草で働くおもちゃプランナー。次から次へと災難に見舞われる片想い中の彼のため、あの手この手でひそかに彼のトラブルを解決していきます。

 

山本幸久 「ある日、アヒルバス」

アヒルバス入社五年のバスガイド・高松秀子は、わがままツアー客に振り回されたり、いきなり新人研修の教育係にされたりと悩み多きお仕事の毎日を送っていました。さらに、アヒルバスを揺るがす大事件も起きてしまいます。

 

宮木あや子 「校閲ガール」

憧れのファッション雑誌の編集者を夢見て、激戦の出版社の入社試験を突破し就職した悦子ですが、配属されたのは校閲部でした。入社して2年目の悦子は、「こんなところ早く抜け出してやる」とばかりに口が悪い演技をするものの、段々自分の本性がナマイキな女子であるような錯覚に陥ってくる毎日を過ごしていました。そして、悦子の原稿や周囲ではたびたび、ちょっとしたトラブルや事件が巻き起こるようになるのです。

 

坂木司 「和菓子のアン」

やりたいことがわからず、進路を決めないまま高校を卒業した梅本杏子は、「このままじゃニートだ!」と一念発起し、デパ地下の和菓子屋で働きはじめました。プロフェッショナルだけど個性的な同僚と、歴史と遊び心に満ちた和菓子に囲まれ、お客さんの謎めいた言動に振り回される、忙しくも心温まる日々を送ることになるのです。

 
ここで紹介したもの以外にも、女子が活躍するお仕事小説はたくさんあります。同業者のお話を読むのもよし、異業種から刺激を受けるもよし。仕事で気持ちが疲れてしまったときに、ぜひ読んでみてください!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1.  ガーニングはやってみたいけど、失敗して枯らしたくないですよね。難しそうに見えるガーデニングですが、…
  2. 国際結婚
    国際恋愛にあこがれたことはありませんか。外国人男性には日本人男性にない魅力があったりします。国際結婚…
  3. 春夏に大活躍のブランド、アイテムは色々ありますが、その中でもシンプルかつ気軽に日々のコーデのベースに…
  4. 「餃子」といえば、レトルト食品のパックを買ってくるもの。あるいは、ラーメンと一緒に注文するもの。中華…
  5. 体型カバー
    ちいさい胸、ぽっこりお腹、くびれのない胴回り、垂れ広がったお尻、太い足…女性の悩みはつきないですよね…
  6. 色彩
    仕事のスキルアップにも、自分磨きにも、多くの現代女性は、すきま時間を工夫して勉強時間を作り出す名人で…
  7. スキはガーリーというよりボーイッシュなイメージがありますね。毎回さし色を作ったり、小物使いに気を配っ…
  8. 北海道の見所
    北海道は札幌雪祭りなどの影響からか冬のイメージが強いですが、実はゴールデンウィークでも見どころ満載な…
  9. 腹痛
    一か月に一度、女性が悩まさる生理痛は女性にとって憂鬱なものです。ですが、どんなに憂鬱でも女性にとって…
  10. 春の夜
    だんだん暖かくなってきて、いろんな物事が動き出す、そんな春の夜に。なんだかウキウキするようなこんな季…

カテゴリー

ページ上部へ戻る