いつまでも綺麗で素敵な女性でいたい!秘密は女性ホルモンにあった

  • 2016/3/3
大豆

いつまでも綺麗で若々しくいたいと思う女性は多いのではないでしょうか?そんな女性の願いを叶えるために必要なのが「女性ホルモン」です。女性ホルモンには生理不順や生理痛を改善したり、子孫を残したりするための機能が備わっているほかに、女性らしさを保つ効果もあります。つまり女性ホルモンをアップさせることで美肌や髪も艶やかになり、女性らしさを手に入れることができるのです!そんな女性ホルモンをアップさせる一番の方法は食材から摂ること。そこで、今回はそんな女性ホルモンをアップさせてバランスを整えてくれる食材をご紹介します。

■大豆製品
大豆イソフラボンの化粧品は有名ですね。大豆に含まれるイソフラボンにはエストロゲンという女性ホルモンの一つと似た性質を持っています。また他にも大豆に含まれるビタミンB群は脂肪の代謝を高める効果がありますので、ダイエットにもピッタリの食材です!痩せやすい体を作ってくれる上に女性らしくなれる一石二鳥の食材です。

■卵
卵は良質なコレステロールを含む食材と言われています。このコレステロールは女性ホルモンを作る材料になりますので、一日一個食べるのが理想です。また、私たちに必要な栄養素もたくさん含まれているので、体調が悪いときには卵粥などがおすすめです。ただ、かといって食べ過ぎはよくありませんので一日一個を目安にしてくださいね。

■さんまやイワシなどの青魚
青魚には魚に含まれるたんぱく質だけでなく、血液をサラサラにしてくれる効果もあります。また、DHAやEPAなどの体にとって重要な機能を持つ成分が豊富ですので、女性ホルモンのバランスを整えてくれます。

■カボチャ
カボチャにはビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEはホルモンの分泌をコントロールしてくれる他に、抗酸化作用があると言われています。ビタミンEを摂ることで、老化の原因となる活性酸素が増えるのを抑えてくれますので積極的に食べるようにしましょう!カボチャに限らず、ビタミンEが豊富な野菜は積極的に食べるようにしてください。

■キャベツ
キャベツを食べるとバストアップするというのを聞いたことがある人もいるかもしれません。キャベツには女性ホルモンを活性化させる成分が含まれていますので、バストアップに繋がると言われていたようです。特にキャベツは生で食べるのが一番効果的と言われていますので、積極的にキャベツのサラダなどを食べるようにするのがおすすめです。

■ナッツ類
今や、ナッツはきれいな女性の必需品とも言われています。ダイエットや美肌にも効果があると言われているナッツにも女性ホルモンのバランスを整える働きがありますので、ぜひおやつにはナッツを取り入れてみてください。

女性らしさを保つためには女性ホルモンは欠かせない存在です。ただ、何事にも大切なのは普段の食事バランスです。私たちの体を作る食事の栄養バランスをしっかりと考えて、体に良いものを食べて下さいね。

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. シリーズ4でワインについて調べましたが、他のお酒についても知っておこうと思い、調べてみました。 今…
  2. 脱毛
    ベルタ仙台店で脱毛をしてきました。お願いしたのは手の甲の脱毛になります。期間は2015年の10月から…
  3. 日々のストレスなどで自律神経を壊す人が増えています。特に女性心身のバランスをくずしやすいもの・・・今…
  4. 焼きそば
    これからの大型連休、もうご予定はたてましたか?旅行に行かれる方も多いと思います。 今回は旅先で手軽…
  5. 突然ですが、外見のお手入れはどこまで力を入れていますか?10代、20代前半には気にしていなかった見た…
  6. アメリカ・サンフランシスコの大学に4年間留学した、20代女性へのインタビュー<後半>です。留学中、留…
  7. (著作権:foto*co、画像元:http://freephotos.jugem.jp/?eid=4…
  8. ワキの臭いが気になる女性
    夏になり、気温が高くなってくると、汗をかく機会が増えてきますよね。 特に最近は節電などで、オフィス…
  9. もう彼と同棲を始めて数年経ち、気がついたら自然に結婚の話しが出ていたという方もいらっしゃるでしょうか…
  10. 女子会 お店
    恋も仕事もソツなくこなす東京のオトナ女子が集まる場所には、質の高い料理と美味しいお酒が必要不可欠です…

カテゴリー

ページ上部へ戻る