お肌ぷるぷる!?意外に知らない「コラーゲン」のウソ・ホント

  • 2015/4/15
Girl applying serum

お肌のハリ・つやの鍵をにぎるコラーゲン。その量は年齢とともに失われ、60歳では20歳の約半分に減ってしまうと言われています。何とか効果的に補いたいものですよね。世の中にはコラーゲンと名がつくコスメやサプリはたくさんありますが、その効果はどうなのでしょうか?今回は、意外に知られていないコラーゲンのQ&Aをお送りします。

コラーゲン入りコスメはお肌にコラーゲンを補給する?>>>ウソ!
「塗るだけでコラーゲンが増える」コスメはありません。もしこんなキャッチコピーの商品があったら、薬事法違反なので要注意です。実際、研究データで肌中のコラーゲンを増やす作用が確認されている成分はありますが、それを公表できない以上、効果があるのかないのか消費者が確認することはできません。なので、コスメにコラーゲンが入っていても、直接お肌にコラーゲンを補給することはできないと思っておいた方が無難です。ただし、コラーゲン入りコスメは共通して高い保湿性をもっているので、肌の乾燥が気になる人には◎。

では、コスメではお肌のコラーゲンを増やせない?>>>ウソ!
上の項目と矛盾するように見えますが、実はお肌の中でコラーゲンが作られる働きを助けるコスメはあります。それは、レチノール(ビタミンA)、APPSなど抗浸透タイプのビタミンC、プラセンタ、酵母エキスなど、肌のターンオーバーを助ける成分が入っているもの。ゴマージなどで古い角質をケアするのも効果的です。

食べるコラーゲンはお肌のコラーゲンを増やす?>>>ホント!
フカヒレ、すっぽん料理など、「食べた翌日は肌の調子が違う」と感じたことがある人は多いでしょう。でも、食べたコラーゲンが直接肌に補給されるわけではありません。体の中でアミノ酸に分解され、肌に限らず、関節や髪、血管など、体のあらゆる部位でコラーゲンを作る材料に使われます。「肌に直結」ではないものの、肌のコラーゲン補給につながることは明らかというわけです。

コラーゲンは安眠や目覚めに効果がある?>>>ホント!
睡眠の質を高めると話題になっているのが、「グリシン」というアミノ酸。もともと私たちの体内で合成できますが、生活習慣の乱れなどにより不足すると不眠の原因になってしまいます。グリシンは食べ物から摂ったコラーゲンが体内で分解される際にもできるので、コラーゲン食品やドリンク、サプリメントには安眠効果も期待できるのです。コラーゲンサプリを飲み始めて最初の実感が「目覚めの良さ」だったという声もよく耳にします。

関連記事

ライター体験レポート

  1. 40000
    ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. enchibote
    肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. サファリパーク
    耳に残るCMソングで全国的にも知名度の高い富士サファリパークは、静岡県裾野市にあります。パーク名から…
  2. Fotolia_68955334_Subscription_Monthly_M
    東京のど真ん中を南北に流れる一級河川、隅田川にはユニークで美しい橋が数多く架けられています。 …
  3. 洗濯物
    あなたは家事が得意ですか? 5分以内に自宅訪問があっても困らない素敵な方は、この記事を読む必要はあ…
  4. 納豆
    皆さんは朝食といえば何を食べますか? トースト? 目玉焼き? 白米? 味噌汁? まあいろいろ…
  5. 脱毛
    私は一般的に毛深いほうなので脱毛は欠かせません。今回PMKを選んだのは少し高くても上質なサービスを受…

カテゴリー

ページ上部へ戻る