GWに行きたい!オススメ穴場スポット

  • 2015/4/16

ゴールデンウィークと言えば、日本人にとっては言わずと知れた超大型連休。この連休を使って、家族と、友達と、恋人とどこか遠出をしたいなぁ~なんてお思いの方も多いのではないでしょうか?しかし、ゴールデンウィークにそう考える人はとても多く、どこへいっても混雑しています。そこで今回、「ゴールデンウィークでも混雑していない良い場所はないの?」という人のために、穴場スポットをご紹介いたします!

まず初めにご紹介したいのが、『東京ドイツ村』です。東京ドイツ村といえば、年中美しい花々が咲き誇り、パターゴルフやお子様用の動物園など、多くの楽しみ方があるので、混雑しているのでは?と思われがちです。たしかに実際、毎年多くの人がおとずれている模様。しかし一方で、こちらは昔はとても広々としたゴルフ場があった場所を使っています。そのため、園内はびっくりするほどの広さ!人が多く来ても他の場所に比べると、気疲れ度は少ないと思われます。また、車で来場される方は、混んでいるかもしれませんが、近くにアウトレットモールがあるので買い物をすることも可能です。それを考えると、人気のテーマパークですし、穴場スポットには適しているのではないでしょうか?

東京タワー

次にご紹介したいスポットは、『東京タワー』です。「えっ?東京タワーなんて絶対混むでしょ!」と思う方は多いと思います。ですがよくよく考えてみると、東京近辺の人たちは、まず行くことは少ないと考えられますし、近年東京タワーよりもスカイツリーが脚光を浴びているように感じます。多くの人がスカイツリーに足を運ぶと考えると、やはりそれに比べると東京タワーに出向く人は少ないかもしれませんよね!ですが、だからと言って東京タワーに何も無いわけでは決してありません!東京タワー内には、蝋人形館や水族館、不思議アート展と、見どころいっぱいです!ぜひこの機会に穴場スポット・東京タワーに行ってみてくださいね。

メリーゴーランド

最後にご紹介したいのは意外なあの場所!今回紹介した他のスポットに比べてみれば混んでいるのですが、いつもよりは混んでいないと話題になっているのです!それが『東京ディズニーランド・シー』です!意外でしょ?特にゴールデンウィークの中で空いていると言われているのが、最終日の5月6日です。やはり、次の日お父さんが仕事の家族連れや、学校がある中学生、高校生などが少ないからでしょうね。また、ゴールデンウィークは絶対に混んでいる!という人間の心理も働いているのかもしれません。しかし気を付けたいのがそれまでのゴールデンウィークです!やはり混んでいますので、空いているのは最終日だけだと思った方がよさそうです。

 いかがでしたでしょうか?やはりゴールデンウィークはどこも混んでいます。上記のディズニーランドのように、人間の心理を読んで行動することも、混雑を避けるための秘訣かもしれません。ぜひ、楽しく快適なゴールデンウィークをお過ごしください!

関連記事

ライター体験レポート

  1. ●高濃度に配合された噂の商品「メディキュアプラセンタドリンク」を購入してみた! 年齢とともに肌トラ…
  2. 肌トラブルを解決してくれる新しい発想の「バブルジェル」 25歳を過ぎてから化粧のノリが悪くなり、旦…

おすすめ記事

  1. プールサイドで日焼けする女性
    夏は、海に山に、テーマパークや海外にと、いろんなイベントが目白押しですよね。 強い日差しの中、長時…
  2. カナダには、トロントやバンクーバー、モントリオールなど、日本人にも人気の観光スポットがたくさんありま…
  3. さて、ぜひ住まいの運をUPさせたい、という女性の方はいらっしゃいませんか?そういう女性の方を対象に、…
  4. 養老保険とは?  生命保険のひとつに養老保険というものがあります。生命保険とは契約期間中に被保険者…
  5. 春は秋に続き、結婚式には人気のシーズンです。春は花も綺麗に咲く季節。せっかくだったら、結婚式を春らし…
  6. ワキの臭いが気になる女性
    夏になり、気温が高くなってくると、汗をかく機会が増えてきますよね。 特に最近は節電などで、オフィス…
  7. ゆったり電車旅行
    長期休暇には、お得に電車でゆっくり旅なーんてのも一つの思い出になると思います。そこで夢のチケット「青…
  8. ハンドバッグ
    バッグって、実は一番その人のセンスが光るアイテムですよね!ウェアがおしゃれなのに、それにマッチしない…
  9. 中国の中で、最も魅力的な都市のひとつ上海。日本からの直行便も増え、海外旅行としても気軽に行ける都市に…
  10. オフィスで働いていると、黒・白・ベージュ・グレーなどのいわゆる無難な色合いの服装になりがち。確かに無…

カテゴリー

ページ上部へ戻る